Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



再会の街で


Category: 映画 さ行   Tags: ---
a snicker

Reign_Over_Me

【Story】
キャリアと愛する家族に恵まれ、誰もがうらやむ順風満帆な人生を送るニューヨークの歯科医アラン(ドン・チードル)。ある日、彼は9・11の飛行機事故で妻子を亡くし、消息がわからなくなっていた大学時代のルームメート、チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける…。

評価 ★★★★☆(4.5P)

【感想】
“鍋焼きうどん”が山場への合図です。Ranking

~以降ややネタばれあり~


近年、様々なものが9・11という忌まわしい事件の本質を伝えようとしています。映画も例外ではなく、『ワールド・トレード・センター』や『ユナイテッド93』などにより、生々しく当時の悲痛さを描かれました。そしてその当時を描いた作品の次と言ってもいいものが本作のように、9・11のその後の人生に多大な影響を受けた人間のその後を描くというものです。
Reign_Over_Me

さてそんな9・11の被災者の苦悩を描いた本作の主人公は、9・11のPTSDに蝕まれたチャーリー(アダム・サンドラー)です。このチャーリーが、大学時代のルームメートで歯科医師のアラン(ドン・チードル)と再会し、彼と過去の辛いことについて会話することで癒されていくというストーリーです。これが凄く良くできているんですね。9・11関連の映画で、ここまで人の内面に深く踏み込んだ映画は今までになかったでしょう。
Reign_Over_Me

この作品本当に悲痛な人の内面が見事に描かれています。もちろんそれはチャーリーを演じたアダム・サンドラーやアランを演じたドン・チードルの一級品の演技があってなせたことであるのは事実ですが、さらに本作はやはり監督の手腕というものがかなり光っていました。コメディが得意なマイク・バインダーなので、本来は完全なシリアスなドラマになってもおかしくない作品なのに、随所に笑いがあるんですね。確かに大爆笑というわけではありませんが、この小さい笑いが人間を表すには必要不可欠なんです。被害にあった人が笑わない、笑顔がないなんていうのは非現実的です。なのでその笑いを巧くだし人間らしさを表現できていたことが、ある意味リアルな作品になった所以だったと思います。
Reign_Over_Me

長い人生において誰だって傷つく時はありますし、それに誰だって人を傷つけてしまう時もあります。この映画は傷ついた人間、傷つけた人間が踏み出す次の一歩というものに対しての大切さというものを素直に教えてくれる作品となっていました。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 REIGN OVER ME
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 124分
監督 マイク・バインダー
製作総指揮 ジャック・ジャラプト 、リンウッド・スピンクス
脚本 マイク・バインダー
音楽 ロルフ・ケント
出演 アダム・サンドラー 、ドン・チードル 、ジェイダ・ピンケット=スミス 、リヴ・タイラー 、サフロン・バロウズ 、ドナルド・サザーランド 、ロバート・クライン 、メリンダ・ディロン 、マイク・バインダー
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

たまご頭がトレードマークのアダム・サンドラーが、髪ぼっさぼさのくるくるヘアにして、シリアス演技が絶賛された1本{/ee_2/} いよいよ日本上陸!{/arrow_r/}自分の大切だったものをたった1日のうちに失った喪失感。独りでたえなくてはならない孤独、、、。わざとその現実
評価:95点
 『話すことで、癒やされていく傷がある。』  コチラの「再会の街で」は、12/22に公開されたハートフルなヒューマン・ドラマなのですが、新年早々観て来ちゃいました♪一昨年の「ポビーとディンガン」、昨年の「リトル・ミス・サンシャイン」に続いて、今年も満点スタ

Comments


daiさん★

おはようございます。
いつもありがとうございます♪

そうですね、ほんとシリアスな中にも笑いは必要。
押し付けがましくなくちょうどいい分量で笑いが入ってじっくり心のうち、友情が表現された作品でした☆
アダムとドンチーという意外な組み合わせがまた新鮮でした~!
 

migさんこんにちは♪
コメントありがとうございます☆

確かにアダムとドンの組み合わせは新鮮でしたね♪特にアダムはコメディばかりの印象が強かったので、髪型も含め特に新鮮でした!
 

大爆笑ではなく、小さな笑いが随所にあったのが、かなり好印象でした。

アメリカのベタベタなコメディは苦手なんですが、こういう笑いは好きです。

シリアスなだけでなく笑いを取るところが、バランスがよくてすきです。
 

へー太さんへ

コメントありがとうございます♪

アメリカのベタベタなコメディは好き嫌いがかなり分かれますよね・・・その点この作品くらいの笑は、かなり好感が持てますよね☆
 

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/riiliimp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/riiliimp/?mode=edit&

 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。