Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラストキング・オブ・スコットランド


Category: 映画 ら行   Tags: ---
Cynical

The_Last_King_of_Scotland

【Story】
1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィッテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる。大統領から気に入られたニコラスは、アミン一家の主治医になるが…。

評価 ★★★★☆(4.5P)

【感想】
先日行われたアカデミー賞では最優秀主演女優賞に『クィーン』のヘレン・ミレンが、そして最優秀主演男優賞には本作『ラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィッテカーが選ばれるというまさにという結果に終わりました。

~以降ネタバレあり~

今のRankingは?


医師になりたての若きスコットランド人男、ニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)が目を瞑って地球儀を回し、指差した所へなんてところから始まります。このようなことをやったことある人って結構いると思いますが、人生っていうのはこういうちょっとしたことが分岐点になるんですよね。彼も軽い気持ちでやって、カナダじゃつまらないからウガンダへと旅立っていきます。そのウガンダで出会った男が彼の後の人生を完全に変えていきます。
The_Last_King_of_Scotland_1

彼が出会った男は実在の人物、イディ・アミン・ダダ・オウメ(フォレスト・ウィッテカー)というウガンダの大統領です。この出会いが意外に面白いというかシニカルです。ニコラスがスコットランド人、アミンがウガンダ人という「英国とウガンダ」、「イングランドとスコットランド」という各々の人種が置かれている関係性がシニカルに見せている要因です。
The_Last_King_of_Scotland_2

そんなシニカルな出会いから初めは、「アフリカで最も血にまみれた独裁者」とかレクター博士のニックネームみたいな「人食い大統領」なんて面は全く見せず、アミンはとても良い人間に描かれていますが、ニコラスは次第に彼を知りすぎていってしまうのです。そうすると「人食い大統領アミン」という人間が等身大でニコラスの前面に出てきます。こうなるとニコラスにとっては戦々恐々という問題です。しかし、観ているこっちとしては、小心者からなる狂人な一面と我が子を愛しユーモアのある一面双方が描かれておりとても魅力的な人間として描写されています。このニコラスと視聴者のギャップが余計に面白さを増していました。
The_Last_King_of_Scotland_3

このギャップを生み出した本作の感想を語るには、フォレスト・ウィッテカーの存在をなくして語れません。そのくらい彼の演技は素晴らしかったです。今まで『パニック・ルーム』の犯人ぐらいしか印象になかったですが、いい役者ですね。アカデミー賞はぶっちぎりでしたでしょう。次回作が楽しみですね。
The_Last_King_of_Scotland_4

アフリカ的な音楽と映像の見せ方、さらにユーモアを交えながら見せるストーリーも加わり非常に巧く描かれており、かなり引き込まれてしまいました。


■ここまで読んでくれた方ありがとう!ウガンダに行きたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング


原題 The Last King of Scotland
製作年度 2006年
製作国 アメリカ/イギリス
上映時間 125分
監督 ケヴィン・マクドナルド
製作総指揮 アンドリュー・マクドナルド 、アロン・ライヒ 、テッサ・ロス
原作 ジャイルズ・フォーデン
脚本 ジェレミー・ブロック、ピーター・モーガン
音楽 アレックス・ヘッフェス
出演 フォレスト・ウィッテカー、ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシントン、ジリアン・アンダーソン、サイモン・マクバーニー、デヴィッド・オイェロウォ

テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンをフォレスト・ウィテカーが演じる政治サスペンス、『ラストキング・オブ・スコットランド』。アカデミー賞主演男優賞受賞というニュースもあり、更に期待が増します。 スコットランドの黒い王様 人肉を食べたという噂の
映画としてはおもしろいのですが、見終わった後は少々後味があまりよろしくない、人間の本性の恐ろしさが存分に描かれた作品です。いつもは善人役が多いフォレスト・ウィテカーですが、今回はエンドロールで流れる実際のアミン大統領の映像と見比べても相当気合の入った演技
スコットランドの黒い王・・・素顔のイディ・アミン。
鶴瓶じゃないです。主演は、監督業もこなす名俳優、フォレスト・ウィテカーウガンダの大統領で独裁者であったイディ・アミンになる!先頃発表になったアカデミー賞はじめ、ほとんどの映画賞に主演男優賞でノミネート、ゴールデングローブ賞含む現在24受賞!!そういう意味で
 『何よりも恐ろしいのは、人間の本性』  コチラの「ラストキング・オブ・スコットランド」は、3/10公開になったジャイルズ・フォーデンの小説を映画化したR-15指定の政治サスペンスなんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ウガンダの「人食い大統領」と言われた...
『ラストキング・オブ・スコットランド』を観ました悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像に迫る政治サスペンスです>>『ラストキング・オブ・スコットランド』関連原題:THELASTKINGOFSCOTLANDジャンル:ドラマ/サスペンス上映時間:125分製作国:2001年・ア...
何よりも恐ろしいのは、人間の本性

Comments

こんにちは
daiさん、はじめまして。
”アフリカ的な音楽と映像”、良かったですよね^^
ウィテカーの演技も「さすがだな」って納得です。
小さい作品ですが彼の主演映画「ゴースト・ドッグ」結構いいですよ。
機会があればご覧になって下さいね。
TBいただきます。
 
ヘーゼル☆ナッツさんへ
コメントありがとうございます♪
『ゴースト・ドッグ』是非観てみたいです!!観たらレヴューしますね☆
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。