Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



チャーリーとチョコレート工場


Category: 映画 た行   Tags: ---
Black humor

Charlie & the Chocolate Factory

【Story】
イギリスの大きな町の外れで暮らすとても貧しい家のチャーリー・バケット少年(フレディ・ハイモア)は失業中の父(ノア・テイラー)と母(ヘレナ・ボナム=カーター)、そして寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【感想】
ティム・バートンワールドフルスロットルって感じの作品です。→もう少しで○位?

【以降ネタバレあり】


いや~ぁ、ブラックユーモア満載の皮肉たっぷり映画、子供には少し難しいだろうというのが率直な感想です。厳しく言えば、小さな子供が見たら教訓どころかトラウマになるかもしれないです・・・。

チャーリーが最後の1枚のチケットを求め、拾ったお金をネコババしてチョコを買ったシーンは口惜しかったです。

ここは子供が見たら、“貧しいならネコババしてもいいんだ”みたいに間違ってとらえてしまう気がして蛇蝎のごとく嫌悪を覚えた!ここら辺はもう少しオブラートに包んでほしかったです・・・。

さらに、工場内でのウンパ・ルンパのダンスシーンは面白いのは、最初のうちだけで映画の中でかなり時間をさいている割にはワンパターンで苛立ちます(怒!

そして、工場の中に入って1人1人の子供が各々の欲望に勝てずに消えていくのはグダグダでかなり退屈してしまっています(もう少しメリハリをつけてほしかった)。

しかし、消えていった4人の子供(食いしん坊肥満児、わがまま少女、四六時中ガム噛み少女、テレビゲームばかりしている少年)が子供に対しての教訓みたものなのか!?と一瞬感じたが、子供に対してというより、着眼点を子供から少しずらし4人の親に当ててみると、4人の親は子供の放埓を許し、子供を過度なぐらいに放蕩に育てています。

このようなことから、子供というかむしろ、 の子育ての仕方への懸念を問いかけている気がして ティム・バートンのブラックユーモア がまざまざと感じられました!

でも結局は、最初と最後での“家族愛”を謳っているのがイデオロギーのような気がして少し残念です!

家族愛も大事だがもっと伝えなければならないこともあるのでは??

*ジョニー・デップはもとよりフレディ・ハイモアの上手さだけ!ティム・バートン云々ではなく作品というか素の問題!

■ブログランキングに参加中です。ここまで読んでくださった方は是非1クリックを!
  ↓
Wonka Chocolate

原題 Charlie & the Chocolate Factory
製作年度 2005年
製作国 アメリカ/イギリス
上映時間 115分
監督 ティム・バートン
製作総指揮 マイケル・シーゲル、ブルース・バーマン、グレアム・バーク、フェリシティ・ダール、パトリック・マコーミック
原作 ロアルド・ダール
脚本 ジョン・オーガスト
音楽 ダニー・エルフマン
出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 チャーリー・バケット(ハイモア)のお家はとっても貧乏で、傾いたお家に父親(テイラー)と母親(ボナム・カーター)、ジョーおじいちゃん(ケリー)、ジョージナおばあちゃん(スミス)、ジョゼフィーンおじいちゃん(エッセル)、ジョージおじいちゃん(モリス)と肩...

Comments

Leave a Comment


11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。