Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ハンニバル


Category: 映画 は行   Tags: ---
A Child who ate a brain

Hannibal

【Story】
全米中を震撼させたバッファロー・ビル事件から10年。ヴァージニアで勤務についていたFBI捜査官のクラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)は、麻薬売人イヴェルダ(ヘイゼル・グッドマン)をやむなく射殺したことで、マスコミやFBI内部から厳しい非難を浴びていた。そんな彼女の窮地に目をつけたのは、大富豪のメイスン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)だった…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【感想】
ジュリアン・ムーアが本作で言う「FBI」という言葉を聞いたときから、英語圏の人の発するこの言葉が大好きです。日本人の場合は「エフビーアイ」なんですが、英語圏の人は「エフビーアーイ」になっているんです。→もう少しで○位?

【以降ネタバレあり】



さて、そんな本作は『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビル事件から10年がたち、FBIの訓練生だったクラリスも、経験豊富な特別捜査官になっています。しかし、麻薬売人イヴェルダ(ヘイゼル・グッドマン)をやむを得ず射殺したことで、マスコミやFBI内部から厳しいバッシングを浴びるところから始まります。この手の栄華を得た人間の衰退パターンは結構お決まりのパターンです。そしてお決まりパターンから、前半のレクターが出てこないシーンの多くはゲイリー・オールドマン演じる車椅子の皮膚が剥げ落ちたメイスン・ヴァージャーのレクターに対する憧れにも似た復讐心につきており、いまいち盛り上がりに欠けます。
Hannibal_1
しかし、中盤から舞台がヨーロッパのイタリア・フィレンツェになると映画の高級感というか芸術性が一気に上昇していきます。イタリア・フィレンツェという所が、レクターという人間の最もマッチする舞台であり、ここを舞台にした巧さというものを感じました。そんな中盤の山場として、フィレンツェのパッツィー警部がフェル博士(レクターの偽名)に捕まり腹を割かれ、腸をフィレンツェの街に垂れ流してしまうシーンがあります。こんなシーンをもし、普通の映画でやった仕舞には、グロさというものが前面に出てしまい映画になりません。本当に巧く、イタリアの芸術性とレクターのカリスマ性というもので見事に表現しています。
Hannibal_2

そして舞台をアメリカに移すと、本作での最上級の衝撃的シーン「脳ミソのソテー」があります。この脳ミソを料理するというシーンは衝撃的でした。脳を切られているポールが切られる前はある程度普通にしゃべれていたのに、切られてからはクラリスとレクターの会話に全くついてこれず、意味の分からないことを言い出すといった妙なリアルさが戦々恐々としましたし、ラストの飛行機の中で日本人(?)ぽいガキに脳ミソを食べさせてあげるシーンには悶絶でした。
Hannibal_3
基本的には、名作といわれる前作『羊たちの沈黙』と比べると驚愕度やレクターのSmartさが弱まった(落ちた)印象があります。今回のレクターは、猟奇的な面ばかりが目に付き、違った意味では良いのですが、レクターのプロファイリング能力や何でも見透かしているような本質的なSmartさがその反面弱くなっており少し残念です。
Hannibal_4

しかし、本作のクラリスは「クラリスは力強さ、勇気、正直さ、腐敗に強く絶対に汚れない道徳観を持つ女性」だとアンソニー・ホプキンスが言うように、ジョディ・フォスターの出世役かつ、はまり役だという印象が強いのだが、今回クラリスを演じたジュリアン・ムーアのほうが終盤のセクシードレスを含めた、10年後という今回の設定では見事にはまっていたと思います。

*自分の腕かクラリスの腕かのどちらかを切るときの、レクターの見せる紳士さにはクラリスへの絶対的な愛を感じました。しかし、原作通りにレクターとクラリスが恋人通しにならなくて本当に良かったです。


■ここまで読んでくれた方ありがとう!是非どちらかクリックしていってネ♪
      ↓
人気blogランキング

原題 Hannibal
製作年度 2001年
製作国 アメリカ
上映時間 131分
監督 リドリー・スコット
原作 トマス・ハリス
脚本 デヴィッド・マメット、スティーヴン・ザイリアン
音楽 ハンス・ジマー
出演 アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア、ゲイリー・オールドマン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、フランチェスカ・ネリ、フランキー・フェイソン、レイ・リオッタ、イヴァノ・マレスコッティ、ヘイゼル・グッドマン、ジェリコ・イヴァネク

        
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 いよいよハンニバル・レクター博士シリーズの最新作「ハンニバル・ライジング」が4/21に公開になりましたねぇ~。てっきり全シリーズ制覇していると思い込んでいたのですが、コチラの「ハンニバル」はまだ観てなかったのでした~(^-^;  シリーズ1作目の90年の「羊たち...
「羊たちの沈黙」の続編で、トマス・ハリスの同名ベストセラーをリドリー・スコット監督が映画化。キャストは、主人公クラリス役をジョディ・フォスターに変わってジュリアン・ムーア、レクター博士には前作と同じくアンソニー・ホプキンス。 <あらすじ> あの惨劇から1...

Comments

はじめまして、おじゃまいたします。
とても楽しく貴ブログ記事を今、拝読させていただいておりました。
まず不評の一語に尽きる本作を、このように的確に評価して下さった記事は
はじめてでございます。
私の言いたいことすべてdai4さんがおっしゃって下さいました。
ありがとうございました。
TBさせていただきました。
 
viva jijiさんへ
コメントありがとうございます☆
いやいや、個人的に好きな作品ですし、俳優も好きな人たちなので素直に書いただけですよ。
しかし、このようなコメントをしていただけると励みになります♪
こちらこそ、ありがとうございます。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。