Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



間宮兄弟


Category: 映画 ま行   Tags: ---
女性の嘘

間宮兄弟

【Story】
東京の下町のとあるマンション。30代の現在も仲良く同居を続ける間宮兄弟。兄・明信(佐々木蔵之介)はビール会社の商品開発研究員。弟・徹信(塚地武雅)は小学校の校務員。そんな2人は、しょっちゅう一緒に行動しては楽しく何不自由ない毎日を送っていた。それでもやはり恋人は欲しいもの。そこで2人はカレーパーティーを企画、弟は同じ小学校の葛原依子先生(常盤貴子)を、兄は行きつけのビデオ店でバイトする女子大生・本間直美(沢尻エリカ)をそれぞれ招待することに成功するのだが…。

評価 ★★★☆☆(3.3P)

【感想】
本編中で佐々木蔵之介演じる間宮明信が沢尻エリカ演じる本間直美をカレーパーティーに誘った時の沢尻の言ったツンデレ系の台詞、『断る(怒)・・・・・・・ウソです♪♪』は、JALのCMの相武紗季の「先得♪」と並んで、私の本年の「台詞 Of Year ~グッとくる部門~」にノミネートするのは確実でしょう。→もう少しで○位?

【以降ネタバレ】



そんな台詞が出てくる本作は、江國香織原作の同名小説『間宮兄弟』を『家族ゲーム』、『模倣犯』、『阿修羅のごとく』などの森田芳光監督が映画化したものです。話としては、非現実的なくらい、下手をすればアッチの人?と勘違いされてもおかしくない仲の良い共同生活をしている30代の兄弟が急に彼女をゲットしようと頑張るお話です。主人公はオタクの兄弟なのですが、彼らは私の毛嫌いしている2D(2次元)の女の子が好きな、「萌え~」ぐらいしかまともに使えないコミュニケーション能力ゼロのオタクどもとは一線を画すもので、世間で言うアンガールズ的なキモかわいい系の人種です(私はアンガはただのキモ系だと思いますが)。そんなオタク兄弟を演じている佐々木蔵之介(兄)、ドランクドラゴンの塚地武雅(弟)のはまり役といったらこの上なかったです。兄弟というには似ていなさすぎでしたが、演技は一級品でした。特に佐々木は先日観た『県庁の星』ではエリート県庁職員を演じていたのにも拘らず、本作では県庁職員とは全く違うタイプの人間を巧く演じており、演技の幅の広さに感心しました。
間宮兄弟_1

ストーリー設定に関して、非常に極端に目立って仕方がなかったのは、間宮兄弟以外の男性の設定が酷いことです。彼ら以外に出演する男性は、常盤貴子演じる葛原依子先生の彼氏や沢尻エリカ演じる本間直美の彼氏、直美の妹・夕美の彼氏、間宮兄の職場の同僚などです。常盤と沢尻の彼氏はただヤリたいだけの男だし、妹の彼氏は完全逝っちゃってるし、間宮兄の職場の同僚(高嶋政宏)は不倫というように、比較的に描かれた他の男性が酷すぎます。あたかも、黒いバラの中に白いバラがあるよう間宮兄弟のPureさが際立っていました。
間宮兄弟_2
ストーリー展開自体は深夜番組「Dの嵐」の総集編のようなユルユル、グダグダで、全体として「もう少し削ってもいいんじゃないですか?」と言わんばかりのシーンも多々あり局所的に退屈しますが、局所的な間宮兄弟の笑い、さらに浴衣という最強の装備を身に着けた沢尻+常盤でイーブンといったところでしょうか。
間宮兄弟_3
最後に、最近オタクに夢を抱かせがちな作品が多いので少し苦言すると...
「好きな男性はおもしろい人♥」と言う女性が多々いますが、そんなの嘘八百です。
間宮兄弟だって関わっていて面白いヤツには間違いありませんが、結局出てきた女性はみんな見向きもしなかったじゃないですか。結局、ユーモアも大事ですがある程度の顔偏差値や社会性を満たしていなければダメなんです、いくら面白くてもキモいヤツはダメなんです。

癒される=彼氏にはなりません。

電車男』と異なり、結局、オタクでは彼女ができないという終わり方だったので、そこはこのダラダラ映画で私の評価を下げなかったところでもありました。


*「1日の終わりに電話できる人がいるっていいなぁ」という台詞を佐々木が塚地との電話後言うのですが、この台詞普通彼女に言うんじゃねぇ?とツッコミを入れたくなりました。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!是非クリックしていってネ♪
     ↓
人気blogランキング


製作年度 2006年
製作国 日本
上映時間 119分
監督 森田芳光
原作 江國香織
脚本 森田芳光
音楽 大島ミチル
出演 佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子、佐藤隆太、桂憲一




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『だって間宮兄弟を見てごらんよ。 いまだに一緒に遊んでるじゃん。』  コチラの「間宮兄弟」は、江國香織の同名小説を映画化したほのぼのコメディです。監督は、「椿三十郎」の森田芳光監督。  主演は、同作でコミカル担当の押入れ侍を演じた佐々木蔵之助、そして...

Comments

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。