Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オーメン


Category: 映画 あ行   Tags: ---
OH!MEN.

The Omen

【Story】
6月6日午前6時、イタリアの病院でアメリカ外交官ロバート・ソーン(リーヴ・シュレイバー)は悲しみに暮れていた。妻キャサリン(ジュリア・スタイルズ)が産んだ子どもは、直後に死亡してしまったのだ。同じ時刻、この病院でもう一人の男の子が生まれる。母親は不幸にも出産と同時に息を引き取る。ロバートはこの男の子を我が子として引き取りダミアン(シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)と名付けると、実の子と変わらぬ愛情で育てるのだった…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【感想】
A 「Are you Women?」(あなた達、女性だよね?)
B,C「What ! We’re Men」(えっ!!男だよ!!)
A 「OH、Men(オーメン)」(おお、・・・男性なんだ!)

なんていう、中学英語の教科書に載っていそうな所懐を書いてしまっている、感性が欠落の進行形で、末期症状という駅に向かって暴走特急がノンストップで向かっていってしまっている私です。→もう少しで○位?

【以降ネタバレあり】



本作はホラーの中でも名作中の名作と名高い『オーメン』のリメイク作品です。Omen(悪い予兆)だけに軽い胸騒ぎみたいなものを感じつつ観賞しました。
The Omen_1

『オーメン』といったら、6月6日午前6時に生まれたダミアンを抜きにしては語れないので彼についてから言うことにします。
オリジナル版でダミアンを演じたのはハーヴェイ・スティーヴンスでしたが、彼は、行動・言動等やることすべて、しいては存在自体をもが“完全なる悪魔”でしたので、ダミアンとしては完全に非の打ち所がありませんでした。
そんな出来上がってしまっている“悪魔”を演じるのは誰がどう見たって非常に酷なお話です。『ローマの休日』のアン王女(オードリー・ヘプバーン)を今、演じられる勇気のある人がいますか?・・・。総裁選で安倍晋三に挑んだ谷垣・麻生のように、完全な負け試合である本作のダミアン役に対して、果敢に挑んだのがシーマス・デイヴィー=フィッツパトリック少年です。

アメリカ的文章構成風に結果から先に言うならば、

負け試合の割りに頑張っていたなぁ・・・

とコメントしておきます。

彼の演じたダミアンは、オーメンだけにお面を付けてるかのごとく無表情で、笑うこともなく、口数少なく、教会へ行こうものなら車内で発狂するし、母親が落ちるのを平然と助けず見ているし、近寄れば動物たちは慄然・狂乱するし・・・、最後の動物のことはともかく、悪魔というよりもむしろこれらの1シーン1シーンが、そこら辺にいるガキの悪いほうの最上級という印象を強めていました。
今の俗世、普通のガキが親・友人・恋人を平然と殺すので、現代ではある意味こんな悪魔悪魔していないガキの方が本当の悪魔なのかもしれません。それ故に、現代版としては頑張っていたと感じました。あまり、私はガキを褒めませんがシーマス・デイヴィー=フィッツパトリックは感動はしませんが「良くやった!」と小泉風に言ってあげたいと思います。
The Omen_2

その他に関し軽く触れると、リーヴ・シュレイバー演じるロバート・ソーンはこちらもオリジナル版のグレゴリー・ペックと比較してしまうと完全に役不足で物足りなく、ジュリア・スタイルズ演じる妻キャサリンの方は「大根役者か」というくらいダメダメでした。
The Omen_3

と辛口に評価してみましたが、オリジナル版のLevelがかなり高いために、リメイクによっての劣化は十分カバーできる許容範囲ですので、オリジナル版を観たことのない人やオリジナル版を完全に忘れた人にはかなり良作として十分楽しめる仕上がりとなっていたと思います。


*ラストの葬儀のシーンはもう少しきちんとしてほしかった。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!是非クリックしていってネ♪
     ↓
人気blogランキング


原題 The Omen
別題 オーメン666
製作年度 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 108分
監督 ジョン・ムーア
製作総指揮 ジェフリー・ストット
脚本 デヴィッド・セルツァー
音楽 マルコ・ベルトラミ
出演 リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ、ミア・ファロー、デヴィッド・シューリス、ピート・ポスルスウェイト、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック

  
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

弁護士のジーン・ヨークと妻のカレンは理想の結婚生活を送っていたが、子宝に恵まれず養女をもらいうける事に。しかし、少女ディーリアの成長とともに不吉な前兆が始まっていた…。
 『人類は、ダミアンの最後の遊び相手。 06年06月06日。未来が終わる…』  ってなワケで、昨日の映画の日はせっかくなのでハシゴして来ちゃったのですが、2本目はコチラ「オーメン」です。6年6月6日の1000年に1度の6並びの日に公開されてほぼ1ヶ月、そろそろ公開終了
オーメン~THE OMEN~ 監督: ジョン・ムーア    出演: リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ、ミア・ファロー 公開: 2006年6月6日...

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。