Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイド・エフェクト


Category: 映画 さ行   Tags: ---
よく脱ぐルーニー・マーラ


【Story】
金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患った鬱病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすようになる…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【簡易感想】
スティーヴン・ソダーバーグが放つ彼の幕引き作品と言われているサスペンス。鬱病の新薬を投与された“副作用(サイド・エフェクト)”で夫を殺害してしまったという女性と、その薬を処方した見返りのある意味“副作用”で事件に巻き込まれ追いつめられていく医師を中心に物語が進む。本筋以外にルーニー・マーラ演じるエミリーの旦那のインサイダー取引や、製薬会社との取引、同性愛など興味深い面を見せる作品だが、本筋を描くための肉付け程度でしか描かれていないため映画としてソダーバーグの終焉を表すように非常にあっさりと感じる。展開としても追いつめられたジュード・ロウと追いつめていたルーニー・マーラの立場が途中で逆転してラストへ向かうのだが、これもソダーバーグとしては描きが短絡的過ぎるように感じる。映画としては非常にベーシックな一般的なサスペンス映画になっており、ルーニー・マーラのビジュアル的なインパクトはいい反面、少し肩透かしだった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 SIDE EFFECTS
製作年度 2013年
製作国 アメリカ
上映時間
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
脚本 スコット・Z・バーンズ
音楽 トーマス・ニューマン
出演 ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
CLICK!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:Side Effects) ----この映画って、スティーヴン・ソダーバーグ監督、 最後の劇場映画と言われているんだって? 彼、まだ若くなかった? 「そうだね。 『セックスと嘘とビデオ
ランキングクリックしてね ←please click 26歳で撮った「セックスと嘘とビデオテープ」でデビュー、 「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」など多彩な作品、 先日「マ...
奇才スティーヴン・ソダーバーグの作品。新薬に疑われる“副作用”がもたらす、悲劇と疑惑を描いた、社会派サスペンス。50歳になるスティーヴン・ソダーバーグの最後の劇場公開映画
評価:★★★★【4点】(F) 前半ダレるが蓋を開ければ上質サスペンスだった
注・内容、台詞に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督 (復帰の期待も込めて、一応)最後の劇場公開監督作『サイド・エフェクト(Side Effects)』薬の副作用が招いた殺人事件と、
抗うつ剤の副作用を題材にしたサスペンス・ミステリーだ。大学の教授が監修をしているので、医学的な描写は確かなのだと思う。ルーニー・マーラの演技が真に迫っているので、どんど...
原題 SIDE EFFECTS 上映時間 106分 映倫 R15+ 脚本 スコット・Z・バーンズ 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 音楽 トーマス・ニューマン 出演 ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン
中盤から終盤にかけての展開が面白い。
SIDE EFFECTS 事件に潜む、もう一つの“副作用(サイド・エフェクト)” 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(プレシディオ) 初公開年月 2013/09/06 ジャンル サスペンス 映
インサイダー取引で収監されていた夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所した矢先、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、自動車事故で病...
□作品オフィシャルサイト 「サイド・エフェクト」□監督 スティーヴン・ソダーバーグ □脚本 スコット・Z・バーンズ□キャスト ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリ
 上手い! 本当に上手いと思う。  まず題名が上手い。  当初予定されていた『The Bitter Pill』も、とても上手い題だ。「The Bitter Pill」は「嫌なこと」を意味するが、「苦い錠剤」という意味もかけている。この題なら、抗うつ薬を巡る医師と患者の物語にピッタリだ。  そんな優れた題を捨てて、最終的に付けたのが『サイド・エフェクト』。「Side Effects」とは...
今作で劇場映画は最後という噂のスティーヴン・ソダーバーグ監督が描くサスペンスです。 一癖ありそうな出演者を揃えて、どんな物語が展開されるのか気になっていました。 期待通りの裏のある展開に、面白さと怖さがグルグルと回っていくような感覚になってしまいました。
 SIDE EFFECTS  ロンドン出身ながら、NYで精神科医として働くジョナサン・バンクス(ジュー ド・ロウ)は、エミリー・テイラー(ルーニー・マーラ)の担当医となる。やり手の 証券マンだった夫マーティン(チャニング・テイタム)がインサイダー取引の罪 で収監された後、彼女はうつを発症し、夫の出所直後に自殺を図ったのだ。 エミリーの元担当医であ...
とても評判いいし、前からずっと観たかった作品。 何より薬の副作用を扱った、もしや医療問題を絡めた社会派の作品?と、ちょっと期待しすぎたかなー 意外などんでん返しを用意して、でも謎を解いてみたら、案外手の混んだ2時間サスペンス。
9日のことですが、映画「サイド・エフェクト」を鑑賞しました。 新薬の副作用によって夢遊病となり夫を殺害してしまった女性 薬を与えた主治医の精神科医はその悲劇の裏側に隠された真実を暴こうとするが・・・ 久々に正統派サスペンス、ミステリを見たなぁと 鬱、新薬...
完成された作品。見事、と言う他ない。監督スティーヴン・ソダバーグ、50歳にしてこの完成度。しかし、確かに魅惑の光は輝いてはいたけれど、その中には爆発的なエモーションは無かった、と言うべきか。完成し過ぎ、こなれ過ぎ、という感じ。 そう考えると、この作品を劇場公開最後の作品にするとスティーヴン•ソダバーグは表明しているが、それでいいのかもしれない。最も好きな映画監督の一人スティーヴン•ソダ...
うーんこれは他人事ではない。私も精神科医から処方箋をもらって薬を飲んでる身ですからね、ただ、新薬ではないですけども。 ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムさんら共演。うふっ 精神科医バンクスのもとに、夫マーティンがインサイダー取引の罪で収監され出所した、うつ病の女性エミリーが来院する。新薬を処方するも副作用で夢遊病を発症してしまう。そして、...

Comments


こんばんは。
daiさんは普通だったのねー?
私、期待してなかったから面白かったわー、
予想外の展開だったし。
ルーニーほんとよく脱ぐ気が。
チャニングくんはあっけなくてかわいそう。
ジュードを久しぶりに堪能できた1本で好き♪
出先なのであとでTBします
 

migさんへ

こんばんは。

この作品結構期待したんですよね。
それの裏返しか本当に普通でした。

> ルーニーほんとよく脱ぐ気が。
> チャニングくんはあっけなくてかわいそう。
> ジュードを久しぶりに堪能できた1本で好き♪

俳優陣はこれにつきますね。
 
こんばんは☆
最近はdaiさんと同じような評価(感想)が多かったのですが
この作品は、ちょっと違うみたいです。
私は、ソダーバーグ監督とは相性のいい時と悪い時が
あるので、実はあまり期待していなかったせいか
肩透かしにはなりませんでした^^

ただ、daiさんが言われているように、アッサリ感は感じましたが
ソダーバーグ監督の作品ってこんな感じではありませんか?

サスペンス好きとして、ものすごく面白かったとまでは
行きませんが、期待してしなかった分とキャストが良かったので
楽しめました♪
 

ひろちゃんさんへ

ひろちゃんさんの感想を観ようと思ったら観れない状態でかなり驚きました。
このコメントを観る感じですと意見が異なったようですね。
ソダーバーグは本当に三振かホームランの印象なので本作は個人的には前者でした。

> ただ、daiさんが言われているように、アッサリ感は感じましたが
> ソダーバーグ監督の作品ってこんな感じではありませんか?

ソダーバーグは確かにいつもこんな感じの気もするんですが、
当たりの時はその中に訴えるポイントが強い気がします。
本作はその部分が弱かった結果がこのような感想になったのではと思いました。

追伸
もしこの欄をひろちゃんさんが観られましたら
ブログを復活されたらまたよろしくお願いいたします。
 
こんばんは
薬の副作用って、やっぱり気になるし、不安材料でもありますね。
そのあたりを上手く描いたサスペンスではあるのですが、ある程度の階級者の欲というのか、上手くは言えませんが、自分の水準(?)から逸脱したくない身勝手さみたいな、そんなものも感じました。
 

オリーブリーさんへ

副作用を描いたサスペンスとしてテーマはいいのですが、
それ以外のファクターが非常に散漫に描かれているようで少し肩透かしでした。
 

Leave a Comment


05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。