Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヒッチコック


Category: 映画 は行   Tags: ---
ヒッチコックとブロンド

Hitchcock

【Story】
1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称される『サイコ』の製作に着手する…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【感想】
『裏窓』、『ダイヤルMを廻せ!』などで知られるサスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックの最高傑作『サイコ』製作を通して描く、彼の知られざる素顔を紐解く伝記的映画。

『北北西に進路を取れ』が成功を収めたヒッチコックが次の題材として映画化を目論んだのが、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルとした『サイコ』。ただテーマがテーマだけに妻のアルマ(ヘレン・ミレン)も、マスコミもパナマウント社も否定的。ヒッチコックはそんな中アルマを納得させ、自分たちの資産を担保にもし当たらなかったら彼の人生最大の“汚名”になってしまうという状況の下、映画製作を始めようとする。だが“逃走迷路”のごとく、一つ課題を逃げ切ってもまた一つと問題が発生し、映倫が当時“めまい”を起こすような脚本の数々にチェックを入れてくるは、実際に撮影を始めようとすると機器トラブルが起こるはと散々、そんな状況下で撮影が開始。後々“私は告白する”なんて言ったか言わないかは知らないが主演女優が“舞台恐怖症”になるんじゃないかと思うような、ヒッチコックによってナイフでジャネット(スカーレット・ヨハンソン)を襲うような演出により生まれたあの有名なシャワーシーンを含めて映画の撮影は進む。

その一方でヒッチコックとアルマの私生活はというと、アルマ“夫人の恋”という感じでアルマはウィット(ダニー・ヒューストン)と海辺の別荘で共同執筆を楽しんでおり、ヒッチコックは家に落ちていた砂から“疑惑の影”を感じ、アルマを糾弾。しかし“知りすぎていた男”ヒッチコックは知りすぎていたわけではなく疑いすぎていただけで、共同執筆でアルマは楽しんでいた事実はあるが完全な浮気ではなく、“間違えられた男”ことウィットもアルマと共同執筆したのは天才ヒッチコックに自分の作品を読んでもらいたいだけというアルマを落胆させるものであった。まあ結果として吹っ切れたアルマと作品が上手くいかないヒッチコックは『サイコ』の完璧な完成へ協力していくのだ。

アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンという名優の演技は見応え十分であるものの、映画としてはやはり『サイコ』を観ている観ていないで面白味が変わってくる気がするし、ラストの“鳥”演出を始め、所々ヒッチコックトリビアのようなものがあるがこれもヒッチコック作品を知らないと本質が伝わらないかもしれない。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 HITCHCOCK
製作年度 2012年
製作国 アメリカ
上映時間 99分
監督 サーシャ・ガヴァシ
製作 アイヴァン・ライトマン、トム・ポロック、ジョー・メジャック、トム・セイヤー、アラン・バーネット
製作総指揮 アリ・ベル、リチャード・ミドルトン
原作 スティーヴン・レベロ
脚本 ジョン・J・マクロクリン
撮影 ジェフ・クローネンウェス
特殊メイク効果 ハワード・バーガー、グレゴリー・ニコテロ
プロダクションデザイン ジュディ・ベッカー
衣装デザイン ジュリー・ワイス
編集 パメラ・マーティン
音楽 ダニー・エルフマン
出演 アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、マイケル・スタールバーグ、ジェームズ・ダーシー、マイケル・ウィンコット、リチャード・ポートナウ、カートウッド・スミス、ラルフ・マッチオ、カイ・レノックス、タラ・サマーズ、ウォレス・ランガム、ポール・シャックマン、カリー・グレアム、スペンサー・ギャレット、フランク・コリソン、ジュディス・ホーグ

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。 アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつ ...
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコ
評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻によ...
 アメリカ  ドラマ&伝記  監督:サーシャ・ガヴァシ  出演:アンソニー・ホプキンス      ヘレン・ミレン      スカーレット・ヨハンソン      トニ・コレ ...
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチ
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲ
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハ...
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知
ヒッチコックHitchcock/監督:サーシャ・ガヴァシ/2012年/アメリカ アンソニー・ホプキンスが久しぶりにちゃんと演技しています。 TOHOシネマズシャンテで鑑賞。シャンテ物件だよね〜...
アンソニー・ホプキンスのヒッチコックは特殊メイクというよりもほとんどカブリ物だけど、本人に全然似てないよね。 ここまでの分厚いメイクだと微妙な表情はわかりづらいし、ア
HITCHCOCK 神と呼ばれた男、神を創った女。 上映時間 99分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/04/05 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 巨匠アルフレッド...
「サイコ」制作秘話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304050002/ HitchcockSoundtrack Masterworks 2012-12-04売り上げランキング : 1314Amazonで詳し...
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイ
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説...
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の
彼の人となりが分かって結構面白かった。

Comments

サイコ必見
daiさん☆
確かにそうですね~
サイコを見ているのとそうでないのとではかなり違ってくるかんじですね。
勿論、私も「サイコ」を知ってはいますが、映画は実はまだ見たことないのです。
でも夫婦愛を描いた作品なので、未見でも楽しめるところが良いですね。
 
こんにちわ
ヒッチコック作品名を文章に組み込むこのセンスの素晴らしさ。
まさに上手い!の一言。
この映画にもこういう遊び心が欲しかったんですよね。
いや~ニヤけながらレビューを拝読出来るって本当にいいですね。
 
こんばんは♪
今回は先にサイコを観ておいたほうがいいと思って観てからの鑑賞だったのですが正解でした。
あの名シーンも本当の恐怖でつくられてたとは...驚きです。
 

daiさんうまい!

実は夫婦のしられざる話になってて意外とほろりでした〜
スカちゃんとジェシカビールはちょっとだけど
とくにスカちゃんは金髪美女として華あるから目の保養だね 笑
 

ノルウェーまだ〜むさんへ

未見なら未見なりの面白さもあるでしょうし、
見ていると見ているなりの細かい楽しさがありますね。
ただ個人的にはもっとその細かい部分が欲しかったのが事実ですが。
 

にゃむばななさんへ

こんにちは。

レビューはヒッチコックに敬意を込めて
かなり無理やり感はありますが工夫してみました。
作品にはもう少し遊びが欲しかったですね。
 

yukarinさんへ

こんにちは。

サイコは観て置いた方がいいですね。
あの名シーンの真相は面白かったです。
 

migさんへ

こんにちは。

2人のヒッチコックの夫婦の姿がほろりであいたね。

> とくにスカちゃんは金髪美女として華あるから目の保養だね 笑

これは本当ですよね
 
こんばんは☆彡
daiさんにコメ頂いて、ルンルンでやってきましたあ♪(笑)

さてこの作品ですが、夫婦愛の物語として楽しめますが、やはり
「サイコ」を観ていたほうがより楽しめる作品になっていますよね(^_-)-☆

いつも上手い!って思うタイトルですが、今回は、感想に、ヒッチコックの作品の
タイトルを散りばめているんですね。daiさんって、本当に凄い!

残念ながら、私は全て未見ですので(タイトルは知っているものもありますが)、
にゃむばななさんのコメで気がつきました(^^ゞ
daiさんは、全てご覧になってます?もしお勧めの作品が
ありましたら、おしえて下さいませ(^_-)-☆
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは。

ルンルンで来ていただいたにもかかわらずレスがかなり遅れました(汗

> さてこの作品ですが、夫婦愛の物語として楽しめますが、やはり
> 「サイコ」を観ていたほうがより楽しめる作品になっていますよね(^_-)-☆

そうですね。サイコは観ていたほうが無難ですよね。
所々の楽しみが半減しますからね。

> いつも上手い!って思うタイトルですが、今回は、感想に、ヒッチコックの作品の
> タイトルを散りばめているんですね。daiさんって、本当に凄い!

いやいや。全然すごくないです。文才がないので、ただ単に文への工夫ですね。

> 残念ながら、私は全て未見ですので(タイトルは知っているものもありますが)、
> にゃむばななさんのコメで気がつきました(^^ゞ
> daiさんは、全てご覧になってます?もしお勧めの作品が
> ありましたら、おしえて下さいませ(^_-)-☆

自分も実はすべては観ていないですが、
やっぱり主要どころの『裏窓』とか『鳥』、『ダイアルMを廻せ』なんかは
今見ても十二分に楽しめちゃいますね。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。