Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



世界にひとつのプレイブック


Category: 映画 さ行   Tags: ---
メンヘラたちのプレイブック

silver_linings_playbook

【Story】
妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う…。

評価 ★★★★☆(4.2P)

【感想】
若いレニー・ゼルウィガーにしか見えなかったジェニファー・ローレンスが、今までにないくらいに抜群の胸・・・ではなく魅力溢れる仕上がりになっていたメンヘラたちで繰りなすラブストーリー。

本当に普通の人っていないというのが自分の持論なのだが、本作の登場人物もみんながみんな変わっており、所謂メンヘラだ。妻の浮気が原因の暴力事件で精神病院に入っていたパット(ブラッドリー・クーパー)は相変わらずの躁鬱病で退院後には減量のためゴミ袋を着てランニングをする毎日。しかも未だに接近禁止令が発動中の妻に対して未練たらたら。そんな彼が出会ったのが、彼の友人の妹であるティファニー(ジェニファー・ローレンス)。夫の事故死が原因で会社の同僚と男だろうが女だろうが関係なく寝てしまったメンヘラビッチ。そんな2人が、“パットは接近禁止令発動中の妻に対して手紙を渡したい”、“ディファニーはダンスをしたい”という双方の条件の元でダンスコンテストのためのパートナーに…そして終盤にかけてそのダンスコンテストと父親の生活源であるイーグルスの勝利を賭けたパーレーへと続くのだ。

メンヘラなんて絶対に関わりたくないが、パットの普通の人間関係では躊躇するような言動や、ティファニーのズバズバ物事を言ってしまう性格などその細かな設定が、徐々に観ているこちらをこの映画の独特の世界へ引き込んでくれ、いつしかイタい登場人物が愛おしく思え、バカげたパーレーをも応援したくなってくるから巧さを感じる。

パットとティファニーを通してラスト曇り空のような人生が一気に原題にもあるSILVER LININGSの如く晴れ上がっていく様子を含めデヴィッド・O・ラッセルらしい作品に感じた一本だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 SILVER LININGS PLAYBOOK
製作年度 2012年
製作国 アメリカ
上映時間 122分
監督 デヴィッド・O・ラッセル
製作 ドナ・ジグリオッティ、ブルース・コーエン、ジョナサン・ゴードン
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、ジョージ・パーラ、ミシェル・レイモ・クーヤテ、ブラッドリー・クーパー
原作 マシュー・クイック
脚本 デヴィッド・O・ラッセル
撮影 マサノブ・タカヤナギ
プロダクションデザイン ジュディ・ベッカー
衣装デザイン マーク・ブリッジス
編集 ジェイ・キャシディ、クリスピン・ストラザーズ
音楽 ダニー・エルフマン
音楽監修 スーザン・ジェイコブス
出演 ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー、アヌパム・カー、ジョン・オーティス、シェー・ウィガム、ジュリア・スタイルズ、ポール・ハーマン、ダッシュ・ミホク

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

人生再生を文字通り賭けてしまう 公式サイト。Silver Linings Playbook。マシュー・クイック原作、デヴィッド・O・ラッセル監督、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロ ...
世界にひとつのメンタルヘルスラブストーリー。 31年ぶりにアカデミー賞俳優全4部門にノミネートされたこの映画は、久しぶりに見たクリス・タッカーに懐かしさを覚えるどころか、 ...
世界にひとつのプレイブックSilver Linings Playbook/監督:デヴィッド・O・ラッセル/2012年/アメリカ モラハラDV男とメンヘラビッチが出会ったら。 ジャパン・プレミアで鑑賞。生ブラッ
教師のパット・ソリータ(ブラッドリー・クーパー)は、ある日帰宅すると、妻のニッキと同僚の教師が不倫している現場を見て、相手の男を半殺しにする。 パットは逮捕され、診断の
アカデミー賞発表2日前に公開の今作は、なんと8部門ノミネート中。 それらは、 作品賞 監督賞 主演男優賞 ブラッドレー・クーパー 主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 助演男優...
幸運の女神。約束。より高く。
妻の浮気が原因で、心のバランスを壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、ようやく精神病院から退院する。 心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とやり直せると思...
GAGAのオンライン試写会で鑑賞。 出向いていかなくても観られるなんて、便利だわ~ アカデミー賞8部門ノミネート、ゴールデングローブ賞も取ってしまったこの作品。 翼の折れた繊
評価:★★★【3点】(15) アカデミー賞8部門ノミネートってことだけど。。。
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英...
SILVER LININGS PLAYBOOK 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 上映時間 122分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2013/02/22 ジャンル コメディ/ドラマ/ロマンス 映倫...
『世界にひとつのプレイブック』---SILVER LININGS PLAYBOOK---2012年(アメリカ)監督: デヴィッド・O・ラッセル出演: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・...
□作品オフィシャルサイト 「世界にひとつのプレイブック」□監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル □原作 マシュー・クイック「世界にひとつのプレイブック」 □キャスト ブラ
パスしようかとも思っていたんだけど、アカデミー賞の候補にもなったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、すべてを
 SILVER LININGS PLAYBOOK  妻の浮気相手を殴り、精神病院送りになった挙句、妻への接近禁止令を言い 渡されたパット(ブラッドリー・クーパー)。彼は友人の義妹ティファニー(ジェ...
映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。
    『世界にひとつのプレイブック』  (2012) 妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近...
それぞれに最愛の人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、笑いや涙を交えて描いたヒューマンコメディ。主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー ...
【=16 うち今年の試写会2】 そう言えば鑑賞した映画のレヴューって追いついていたのだ。 第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ティファニーを演じたジェニファ...
1日のことですが、映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。 妻が浮気したことで心のバランスを崩したパットは近くに住んでいる 事故によって夫を亡くしたティファニー...
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その...
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス共演。 妻の浮気現場で暴力をふるい家庭も仕事も失ったパット。事故で夫を失ったあと自暴自虐のビッチ的行動をとっていたティフ
1 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2012/12/28(金) 23:22:37.20 ID:3tMUibT3少しイカれたきみが、なぜか希望の光。心が壊れたふたりの出会いと再起に、全世界が応援!爆笑がいつしか大粒の涙に変わる ...

Comments

こんばんわ
『ザ・ファイター』よりも家族の一体感が増す様がステキでしたよ。
特にデ・ニーロがジェニファー・ローレンスの涙を見てブラッドリー・クーパーに彼女を追えと諭すくだり。くぅ~!たまらんぜよ!
 
素敵なメンヘラ家族
本当にいろいろな個性のキャラクター性揃いでしたね。
メンヘラでも明るいメンヘラなのが救いかもしれないです。
愛すべきキャラクターたちを温かく見守りたい気持ちにさせてくれました。
 

daiさんこんばんはー
コメありがとう、
そうねぇ、メンヘラとは関わりたくないかも、、、
この2人も実はダンスうまくいったからって今後明るい未来、
解決にもなってないし付き合ったところでうまく行かない気がするけど
観てる間はうまいこともってって楽しめる作品になってましたよね☆
 
こんばんは☆彡
今年に入ってからの映画の感想、評価がdaiさんと
同じようで嬉しいで~す♪
さて、どの作品から感想が合わなくなるでしょうか?(笑)

>本当に普通の人っていないというのが自分の持論

そうなんですかあ・・・言われてみれば、なるほどと思ってしまいました(笑)
普通の定義って難しいですしね(^_^;)

この映画の登場人物は、本当にクレージーな人ばかりでしたよね(^^ゞ
私も実生活では、悪いですが、関わりあいたくないですが、映画の二人には
どんどん惹きこまれていきました(@_@)
ダンス大会などあの辺はちょっと大雑把なような気もしましたが
観終わった後に、微笑んでしまう映画でした。楽しめました♪

ps. あれっ?daiさん、いつもアカデミー賞の記事って書いてませんでしたっけ?
 

にゃむばななさんへ

確かに『ザ・ファイター』よりもいい映画でしたね。

> 特にデ・ニーロがジェニファー・ローレンスの涙を見て
> ブラッドリー・クーパーに彼女を追えと諭すくだり。

ここは一番の山場でしたね。堪らないというのは分かります☆
 

ノルウェーまだ~むさんへ

> メンヘラでも明るいメンヘラなのが救いかもしれないです。
> 愛すべきキャラクターたちを温かく見守りたい気持ちにさせてくれました。

本当に愛すべきメンヘラたちを見守りたくなる映画でしたね。
 

migさんへ

こんばんは。

今後という未来を考えると・・・な感じもしますが、
映画という中では非常に纏まって楽しめましたね。
 

ひろちゃんさんへ

ひろちゃんさんも高評価ですね☆

> この映画の登場人物は、本当にクレージーな人ばかりでしたよね(^^ゞ
> 私も実生活では、悪いですが、関わりあいたくないですが、映画の二人には
> どんどん惹きこまれていきました(@_@)
> ダンス大会などあの辺はちょっと大雑把なような気もしましたが
> 観終わった後に、微笑んでしまう映画でした。楽しめました♪

確かにダンスは取ってつけた感がありましたが、
ある意味クレージーな人たちが織りなす物語としては
この大雑把さもいいのかなと感じました。
映画中では正直そんなところは気にならないぐらい良く出来てましたしね。

> ps. あれっ?daiさん、いつもアカデミー賞の記事って書いてませんでしたっけ?

当日は完全にノックアウトだったので1日遅れでUPです
 

Leave a Comment


03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

02


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。