Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キャビン


Category: 映画 か行   Tags: ---
ホラー映画ファンに捧ぐ

cabin_in_the_woods

【Story】
森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見する…。

評価 ★★★★☆(4.4P)

【感想】
若者グループが人里離れた山小屋に来て…さらにそこで不気味な日記を発見するというような80年代ホラーにあるようなよくあるパターンで始まる本作。ただ予告編でも言っているように「ここまではよくある設定」。その展開の裏で彼らの行動が科学者のような人たちに監視されていたという辺りも予告編を引用すれば「こんなのも最近よくある展開」だ。たださらに予告編で「これから先の展開は絶対に読めない。賭けてもいい。絶対に読めない」と語られるように怒涛の展開へと物語は進んでいく。

本当にホラー映画を多く観ている人ほど楽しめる緻密なプロットにより練られた映画に仕上がっていると感心する。上記したホラー定番の展開に加え、登場人物の筋肉バカ、調子乗り野郎、真面目メガネ、ビッチ、バージンなんていうホラー被害者ティーンテンプレで安心して観れるところも物語の構成要素として大切。そして絶対に読めない後半には、過去ホラー映画でお世話になったものたちの総出演になり、クライマックス前には最近いつもラスト近辺に登場する気がする大物女優が御大将として登場。ラストにはテンプレホラープロットからかなり飛躍した衝撃に至る。

ただ単純に怖がらせるだけのホラーというわけではなく、ホラー映画を引用し作られた本作は、“ホラー映画を観ている人ほど楽しめる”と先ほど書いたが、まさにホラー映画ファンに捧ぐ久々に心震わされた映画となっていた。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 THE CABIN IN THE WOODS
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間
監督 ドリュー・ゴダード
製作 ジョス・ウェドン
製作総指揮 ジェイソン・クラーク
脚本 ジョス・ウェドン、ドリュー・ゴダード
撮影 ピーター・デミング
プロダクションデザイン マーティン・ホイスト
編集 リサ・ラセック
音楽 デヴィッド・ジュリアン
音楽監修 デイナ・サノ
出演 クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、リチャード・ジェンキンス、ブラッドリー・ウィットフォード

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:The Cabin in the Woods) ----この映画、 スゴく興奮していなかった。 「そうだね。 気が早いようだけど、 今年のトップ10には必ず入る… そんな気がするな」 ----それはまたまた気が早
定番なのに、こんなにも斬新! ロンドン映画サイトでも、これほどB級っぽい映画が何故★4つなのかと、不思議に思って日本公開を心待ちにしていた1本。 お約束満載なのに新鮮な驚
この世界の秘密を知りたいか? 「クローバーフィールド/HAKAISHA」の脚本家、ドリュー・ゴダードの監督デビュー作は、山奥のキャビン(山小屋)を訪れた5人の若者に降りかかる恐怖
キャビンThe Cabin in the Woods/監督:ドリュー・ゴダード/2012年/アメリカ わたしたちは、ひとが死ぬのを待っている。 「映画の変態」という試写企画で鑑賞。変態。邦題がどうしてもな...
ランキングクリックしてね ←please click 公開前から面白いとの評判聞いてたこの映画。Rotten Tomatoesでの支持率はなんと91%の「フレッシュ(新鮮)」で かなり満足度の高い作品 楽...
評価:★★【2点】(10) どこまでも突っ走る暴走映画(笑)
2013年3月10日(日) 18:55~ チネ11 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 化け物大宴会。そして、いつもの大御所登場 『キャビン』公式サイト 冒頭、謎の多国籍企業...
 THE CABIN IN THE WOODS  週末を人里離れた山小屋で過ごすために出かけた、若者5人。「いかにも」 な 風情のそこには地下室があり、彼らは古い日記を見つける。そして、そんな彼ら
予告編で面白みが半減。
誰もこの結末を予想することは出来ない。なぜならホラー、モンスター、パニック、スプラッタ、カルト映画に対する映画愛がここまで大きいとは誰も思いもしないから。 これは見る ...
 『キャビン』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)たまにはいつもと違った傾向のものを見ようと、評判のホラービ映画を見てきました。  シチュエーションは、元気溢れる大学生(...
面白かった。単純なホラーではなく、オリジナルの神話のようなものが隠されている。 希代のクリエイター達が、誰の予想も裏切る展開になるよう仕掛けたものだが、きちんと練られ
いろんなホラー映画のオマージュがそこかしこに…と思っていたらば怒涛の後半。 ホラー映画の定番、若者グループが襲われる…といったベタだと思われるような設定をあえて踏んだ上
THE CABIN IN THE WOODS 2011年 アメリカ 95分 ホラー/SF R15+ 劇場公開(2013/03/09) 監督:ドリュー・ゴダード 脚本:ドリュー・ゴダード 出演: クリステン・コノリー:デイナ クリ
管理人の承認後に表示されます

Comments


こんばんは。おおー、!楽しみにしてたけど評判いいし
daiさんもこんなポイント高いなら安心して期待できそう!
まだ読まないでおきまーす☆
テールもみたいから、今から点数だけ確認しよう、、、、
低かったらみないかな。ノルウェーのだし気になる、、、、
 
http://blog.goo.ne.jp/du-rhum/e/690da3e45bd1bb268e271526c3ce6c1a
そうそう。
登場人物の構成、役割も
ホラー映画の定石を踏んでいましたね。
「あいつは、まだ死んでいないな…」
というところまでは読めたのですが、
敵(映画)はさらに先を行っていました。
すっかりやられてしまいました。
 

migさんへ

こんばんは。

最近migさんと評価が合わないことが多いので不安はありますが、
これは本当に面白いです。あのエッジの効いたストーリーは驚愕でした。
migさんの感想も楽しみです☆。

> テールもみたいから、今から点数だけ確認しよう、、、、
> 低かったらみないかな。ノルウェーのだし気になる、、、、

テールは・・・個人的には合わなかったです。
 

えいさんへ

> 「あいつは、まだ死んでいないな…」
> というところまでは読めたのですが、
> 敵(映画)はさらに先を行っていました。
> すっかりやられてしまいました。

本当に先の先でしたね。これは何も知らずに見るに限る映画です。
 
ホラーファンほど楽しめる
daiさん☆
これ面白かったですねー!
知ってる人ほど面白いけど、ほどほどでも充分楽しめました。
定石が揃っているほどラストが驚愕しますね。
 

ノルウェーまだ~むさんへ

ホラーを知っている人ほど楽しめる後半は圧巻です。
それにあのラストは圧巻でした。
 
こんばんは
これは予想外の面白さでした。
ホラーのテンプレをパロディにしてるのは冒頭からネタバレしてるんですが、流石に終盤の流れは予想がつかなかったです。
日本版の予告は少々見せ過ぎですね。
 

ノラネコさんへ

ホラーのテンプレをパロディにしてネタばれ全開なのに、
あの終盤は見事というか凄かったです。

> 日本版の予告は少々見せ過ぎですね。

これはやり過ぎですよね。
 
こんばんわ
まさにホラー映画ファンのための映画でしたね。
私なんぞはまだまだ若輩者ですが、それでもこの映画愛には震えましたよ。
特にクライマックスの大集合は凄かったです。
 

にゃむばななさんへ

本当にホラーファンのための映画でした。
私も映画を観始めてまだまだですが、
そんな人間でも心躍ると感じられたのは流石でした。
 

Leave a Comment


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。