Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドリームハウス


Category: 映画 た行   Tags: ---
本当のドリームハウスは現実か映画か…

DREAM_HOUSE

【Story】
家族と向き合う時間を増やそうと、ウィル(ダニエル・クレイグ)は会社を退社し郊外の家に越す。妻リジー(レイチェル・ワイズ)や子どもたちと穏やかな日々を送れることにウィルは満足するが、不気味な男が家の周辺をうろつき、子どもたちが幽霊らしきものを見たと騒ぐなど、不審な出来事が相次ぐ…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズが結婚するきっかけとも言われている作品。ニューヨークにある豪華ペントハウスを買うなど彼ら自身は夢の家を持てたかもしれないが、物語は単純に“夢の家を持ちましたよ”なんていうような展開ではない。話としては家族との時間を多く持とうと、ウィル(ダニエル・クレイグ)は郊外の家を購入し家族と幸せな日々を送る。しかしそんな生活も束の間、心霊現象や、カルトな若者の侵入、家の周りにいる不審者など不審な事が起きる。ウィルは自分で買った家のことを調べて行くうちに、そこで殺人事件があったことを知り、さらにはその犯人らしき男が証拠不十分で釈放されたという事を知る。物語は二転三転するが大まかに言ってしまえば、ディカプリオ主演の『シャッターアイランド』とか、二コール・キッドマンの『アザーズ』とか、この手の先駆的作品である『シックセンス』なんていうどんでん返し系作品や、『シャイニング』などのホラーなどのいいところを纏めて作った感じの作品だ。豪華俳優の出ている割にテイストは地味目だが、脚本はきちんとしており、夫婦愛を示すラストが現実の夫婦の姿を踏襲しているかのように思わせつつ、非現実的な展開ながらも感動できるテイストに仕上がっていたように感じた。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 DREAM HOUSE
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間
監督 ジム・シェリダン
脚本 デヴィッド・ルーカ
撮影 キャレブ・デシャネル
音楽 ジョン・デブニー
出演 ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、サラ・ガドン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:Dream House) ----あれっ、これって11月23日公開。 まだずっと先の公開だよ。 「そう。 このごろ、忙しさにかまけて 少し更新のペースが遅くなっているから、 気がついたら、 もう...
仕事人間だったウィルは、会社を辞めてニューヨーク郊外にマイホームを購入。 今後は小説家へ転身し、妻リリーや二人の娘たちとの時間を大切にするつもりだった。 ところが新居で...
本当のドリームハウスは現実か映画か… 【Story】 家族と向き合う時間を増やそうと、ウィル(ダニエル・ク
【DREAM HOUSE】 2012/11/23公開 アメリカ 分監督:ジム・シェリダン出演:ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、マートン・ソーカス、イライアス・コティーズ、ジェー...
ハリウッドの「産業映画」という言葉が頭をよぎる。 物語の骨格はこれまでに何度となく描かれてきたストーリーの組み合わせで、映画ファンならばどこかで聞いたことのある話だ。 ...
評価:★★★☆【3,5点】(P) 最後のオチに仕掛けがありそうなこういう映画は。。。
 DREAM HOUSE  有能な編集者ウィル・エイテンテン(ダニエル・クレイグ)は、郊外に購入した 家で文筆活動に専念しようと、惜しまれながら退職する。愛する家族、妻リビー (レイ
ダニエル・クレイグの髪型に違和感を感じるというか、なじめない。
有能な編集者のウィル(ダニエル・クレイグ)は、小説家として第二の人生を歩むべく、長年勤めた会社を辞め、妻リビー(レイチェル・ワイズ)と2人の娘たちと郊外の新居へ引っ越し
DREAM HOUSE 2011年 アメリカ 92分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2012/11/23) 監督:ジム・シェリダン『マイ・ブラザー』 出演: ダニエル・クレイグ『007 スカイフォール』・・...
ダニエル・クレイグ、レイチェル・ワイズ、ナオミ・ワッツさんと出演陣が豪華。 序盤からどこか違和感がある。そして真相が明かされてからもストーリーは続く。それが、とても悲し

Comments

こんばんは♪
新鮮さはなかったですけど、ダニエルの切ない演技にラストはウルッときてしまいました。
いろいろな作品のいいとこ取りな感じもありましたね~
 

yukarinさんへ

作品自体はどこかで観たような作品のいいとこどりでしたが
ボンドやドラゴンタトゥーとは違ったダニエルが観れましたね。
 

Leave a Comment


05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。