Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワン・デイ 23年のラブストーリー


Category: 映画 わ行   Tags: ---
アイデア先行の23年間

one_day

【Story】
エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は親友として、23年間一緒に過ごしてきた。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の7月15日にデクスターから他の女性と結婚することを打ち明けられる…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【簡易感想】
電車で毎朝会う人にも、コンビニの店員にも、ちょっと気になるあの人にも、人にはそれぞれ様々な人生がある。本作はそんな人の人生の『ONE DAY』を、タイトル通り7月15日という一日にフォーカスを当てて作られた映画だ。そんな本作の主人公は、エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)の大学同級生コンビ。この二人が大学卒業日に飲み明かした拍子にベッドを共にしてしまうがセックスはしなかったことから、親友としてそれぞれの人生を送ると言う展開で、その展開をフィクションなので仕方がないが毎年の7月15日として交り合いを描くのだ。双方のキャラクター設定自体を相反するものとして描くことで、この二人の恋の行方を含めたプライベートと、仕事の成功などを興味深く見せている。ただ残念ながらアイデアありきの作品にしか仕上がっていないというのが正直な感想。エマとデクスターが結婚するまでの過程を何十年もの7月15日として見せている部分は余りにも起伏がないため退屈だし、エマの事故も伏線は多少あるにしても、あたかも7月16日を盛り上げるためだけに取ってつけたよう感じがしてしまいイマイチだ。『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグだから期待していたが残念。

※日本公開が6月23日らしいが、どうせなら7月15日にしても良かったのでは?
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


原題 ONE DAY
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 107分
監督 ロネ・シェルフィグ
製作 ニーナ・ジェイコブソン
製作総指揮 テッサ・ロス
原作 デヴィッド・ニコルズ
脚本 デヴィッド・ニコルズ
撮影 ブノワ・ドゥローム
プロダクションデザイン マーク・ティルデスリー
衣装デザイン オディール・ディックス=ミロー
編集 バーニー・ピリング
音楽 レイチェル・ポートマン
音楽監修 カレン・エリオット
出演 アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、ケン・ストット、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール、トム・マイソン、ジョディ・ウィッテカー、アマンダ・フェアバンク=ハインズ、ジョージア・キング、トビー・レグボ

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

とある男女の23年間の恋愛感情と友情を、7月15日という1日のスポットを当てて描いたラブストーリー。ヒロイン役を『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイが、彼女が恋愛感情...
ランキングクリックしてね ←please click 初めて会話を交わした7月15日から、その「1日」だけを23年間に渡って描く ちょっと変わった視点のラブストーリー。 イギリス、イタ
評価:★★★【3点】(14) 時間軸とアン・ハサウェイと衝撃シーン。
Data 原題 ONE DAY 監督 ロネ・シェルフィグ 出演 アン・ハサウェイ  ジム・スタージェス  パトリシア・クラークソン  ケン・ストット  ロモーラ・ガライ 公開 2012年 6月
1988年7月15日。 真面目なエマ(アン・ハサウェイ)と自由奔放なデクスター(ジム・スタージェス)は、大学の卒業式の後、一線を越えぬまま一夜を共にした。 友だち関係を選んだふ
1988年7月15日。 真面目なエマ(アン・ハサウェイ)と自由奔放なデクスター(ジム・スタージェス)は、大学の卒業式の後、一線を越えぬまま一夜を共にした。 友だち関係を選んだふ
(40日の)雨の日 公式サイト。イギリス映画。原題:One Day。デヴィッド・ニコルズ原作、ロネ・シェルフィグ監督、アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、 ...
【=30 -3-】 昨日、映画を観た後、友人とばったり会った、「女房です」と妻を紹介したら、友人は「赤の他人です」と連れの女性を紹介してくれた、なんかそうとう可笑しくて、その後
一年に一日、23回の人生模様。 大学の卒業式の日に出会った一組の男女の、その後23年間に渡る“7月15日”を描く風変わりなラブストーリー。 原作はデヴィッド・ニコルズの同名小説
2012年6月30日(土) 19:30~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』公式サイト 1980年後半の
 『ワン・デイ―23年のラブストーリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、全体としてはエマ(アン・ハサウェイ)とディクスター(ジム・スタージェンス)とを巡る典型的な
お互いに惹かれ合いつつ友人でいることを選んだ男女の、23年に渡るある特定の日を切り取り二人の移り変わりを綴るラブストーリー。ヨーロッパを中心にベストセラーになっている同名
アン・ハサウェイ、ジム・スタージェスの共演で、ロンドンとパリを舞台に23年間に及ぶ男女の愛の軌跡を描いたラブストーリー。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。しっかり ...
アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン他。 大学の卒業式で初めて会話を交わしたエマとデクスター。2人は急速に接近するのだが、お互い「友達」として

Comments


やっぱりdaiさんもダメでしたね〜
アイディア先行だし、私も17歳の肖像良かったのでがっかり。
>日本公開が6月23日らしいが、どうせなら7月15日にしても良かったのでは?
途中も退屈だったし。
ほんとに!。だけど15は日曜日だからかな?
 

migさんへ

アイディア先行でそれ以上にならなかったです。微妙でしたね。

> ほんとに!。だけど15は日曜日だからかな?

15日は日曜でしたね。まあ日曜公開でもいいぐらいの出来ですが。
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。