Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ダーク・シャドウ


Category: 映画 た行   Tags: ---
クロエ・グレース・モレッツの狼少女は蛇足

Dark_Shadows

【Story】
コリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められてしまう。その後、ふとしたことで彼は200年の眠りから目覚めるが、コリンズ家はすっかり落ちぶれていた…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
ジョニー・デップとティム・バートンコンビの8作品目。『シザー・ハンズ』でのインパクトから考えると、ジョニーの毎度白塗り特殊メイクのような既出感をどうしても感じてしまう。なんでも米国の興行もヴァンパイア映画は当たらない(『トワイライト』は除くらしい)ということも手伝ってかイマイチなんだとか。そんな本作は、事業に成功したバーナバス(ジョニー・デップ)が遊んだ使用人のアンジェリーク(エヴァ・グリーン)は実は魔女で、その行為に対し怒り狂ったアンジェリークが、彼が愛する人に対して呪いをかけ、しかもバーナバスは生き埋めにされてしまう。そんな生き埋め状態から196年経ちひょんなことで目覚めることができたバーナバスとアンジェリークが戦うとことにと言う話。本作で“財産は家族”と“ファミリー”の大切さをテーマにしているが、ファミリーに対してのフューチャーの仕方がかなり甘く、ラストなんかの展開からも分かるようにどうも取ってつけたように感じてしまうところが残念。テーマが弱い分キャラ依存は仕方がないが、誰が見たってジョニー・デップの独壇場で、ジョニー・デップのキャラ以外のインパクトがかなり弱い。インパクト対策で、クロエ・グレース・モレッツの狼少女を終盤出すが、敢えてそんな演出はいらない。全体的に微妙な展開にも思えたが、現代に慣れないバーナバスのベタな行為からの笑いや、アンジェリークとバーナバスの激しい(?)ラブシーン、アリス・クーパーに対してのバーナバスの放った言葉など所々で面白い部分もあったし、70年代のミュージックの使い方なんかも意外に良かったのでどうにか及第点と言ったところか。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 DARK SHADOWS
製作年度 2012年
製作国 アメリカ
上映時間 113分
監督 ティム・バートン
製作 リチャード・D・ザナック、グレアム・キング、ジョニー・デップ、クリスティ・デンブロウスキー、デヴィッド・ケネディ
製作総指揮 クリス・レベンゾン、ティム・ヘディントン、ブルース・バーマン
原案 ジョン・オーガスト、セス・グレアム=スミス
脚本 セス・グレアム=スミス
オリジナル脚本 ダン・カーティス
撮影 ブリュノ・デルボネル
プロダクションデザイン リック・ハインリクス
衣装デザイン コリーン・アトウッド
編集 クリス・レベンゾン
音楽 ダニー・エルフマン
出演 ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベラ・ヒースコート、ガリー・マクグラス、イヴァン・ケイ、スザンナ・カッペラーロ、クリストファー・リー、アリス・クーパー

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

アメリカ独立戦争のパロディ? 公式サイト。原題:Dark Shadows。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ、エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ベラ・ヒースコート、ヘレナ・ボナ ...
Scoreクチコミを見るバートン&デップのテッパンコンビによるダーク・ファンタジー「ダーク・シャドウ」。“浦島太郎”状態のヴァンパイアが笑いを誘う。18世紀、アメリカ・メイン州 ...
悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  
裕福なコリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上、生き埋めにされてしまう。 200年後の1972年。 ふとし...
 アメリカ  コメディ&ファンタジー  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ミシェル・ファイファー      ヘレナ・ボナム=カーター       ...
 アメリカ  コメディ&ファンタジー  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ミシェル・ファイファー      ヘレナ・ボナム=カーター       ...
200年の年月をへて1972年のアメリカ東部の小さな港町に蘇ったヴァンパイアが子孫の家族と協力して、呪いをかけた魔女に復讐する物語だ。まさかこんなコメディだとは思っていなかったので、びっくりした。ぶっとんだお話はいいのだけど、クロエ・グレース・モレッツの長女の正
舞台は1972年、メイン州コリンズポートの町 カーペンターズの歌、アリス・クーパー(本人)、ヒッピーなどのノスタルジアも混ぜながら、ヴァンパイアになりきりジョニーが町中を駆け巡る。ベースは昔の...
18世紀半ばにイギリスからアメリカに渡り事業を成功させたコリンズ家の御曹司バーナバスは、メイドに手を出すが、すぐに捨ててしまう。 実は魔女だった彼女は、バーナバスの恋人ジョゼットを死に追いやり、バーナバスをヴァンパイア(吸血鬼)に変えて生き埋めにした。 ...
DARK SHADOWS 200年ぶりに甦ってしまいました 上映時間 113分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/05/19 ジャンル コメディ/ファンタジー 映倫 PG12 【解説】 「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド...
ティム・バートンがマトモになったら映画がつまらなくなります。 久しぶりにティム・バートンとジョニー・デップとダニー・エルフマンがコラボした映画が見れると楽しみにしてい ...
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血...
【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね~観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。  18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教えを...
☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コ
映画「ダーク・シャドウ」を鑑賞しました。
「シザーハンズ」に始まり「アリス・イン・ワンダーランド」まで風変わりだけれど目が離せない映画を作り上げているジィニー・デップ×ティム・バートン監督のコンビ。2人のコラボ
JUGEMテーマ:洋画  ジョニー・デップ主演、ティム・バートンのコンビ作品です^_^ このコンビが好きな方にはたまらんでしょう! 昔、魔女により吸血鬼にされた挙句に200年近く閉
「ダーク・シャドウ」★★★ ジョニー・デップ、エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、 ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー、 クロエ・モレッツ、ガリバー・マク...
ティム・バートンとジョニー・デップ、8本目のコラボ作品だそうです。意識してなかったですが、その内の6本を見てますねー。ということは完全制覇も夢じゃない?(今のところその...
ダーク・シャドウ '12:米 ◆原題:DARK SHADOWS ◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」 ◆出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリ
 ジョニー・デップは別段好きではないんだけど、ティム・バートンが好きなので、予告に連られてダーク・シャドウを見ました…。
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現れたバーナバス・コリンズ・・・。解説バートン版トワイライト製作費1億5000万ドルで、アメリ...
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デップ −出...
評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲
12-48.ダーク・シャドウ■原題:Dark Shadows■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:113分■字幕:石田泰子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ティム・バ
ダーク・シャドウ / DARK SHADOWS 2012年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ティム・バートン 製作:リチャード・D・ザナック  グレアム・キング  ジョニー
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしま

Comments


ホント、クロエちゃんの狼少女には、「はあ?」となりました(苦笑)
あれ、いらんです。
家庭教師の扱いもなんだかなぁ~でした。
 

オリーブリーさんへ

クロエの狼少女は完全に間違いですよ。
家庭教師もある意味ジョニーの相手として物語の
重要な人物なのだから、もっと巧くからめてもいい気がしました。
8作品目となると完全にネタ切れなんですかね?
 
及第点\(^O^)/
daiさん、こんにちは♪
感想は簡易感想ですが(笑)、評価は、3.4で良かった(笑)

家族の大切さがテーマみたいですが、このへんはあまり伝わってきませんでした(^_^;)
キャラは良かったのですが、描き方が浅いからインパクトが弱かったですよね。
豪華な俳優陣なので、そこが残念なところ・・・
ジョニーの独壇場でしたか!嬉しいお言葉です(*^.^*)

クロエには何か秘密が・・・と思っていましたが、まさか狼女だったとは(*_*;
それはTVのドラマ通りなんでしょうか???

daiさんにとりあえず及第点と言われたので、安心しました(笑)
 
こんばんわ
ほんま、クロエちゃんのオオカミ人間は蛇足でしたね。
途中まで彼女の扱いを忘れていたので最後に無理やり付け足したような感じでしたわ。
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは♪

話自体の浅さや、テーマのイマイチさなど、
ダメなところを上げればきりがないですが、
ジョニー・デップだからいいのかなと思ってしまいました。

> クロエには何か秘密が・・・と思っていましたが、まさか狼女だったとは(*_*;
> それはTVのドラマ通りなんでしょうか???

TVがどうだったかは分からないですが、クロエのオチはダメですね。
どうにか見れたので及第点といった感じです。
 

にゃむばななさんへ

クロエのオオカミ人間は完全に蛇足ですよ。
どうせそうするのならもっときちんとした伏線を用意すべきです。
 

daiさん

クロエのラストはほんと蛇足!という言葉がぴったり。
同感ですね~。
いまいちはじけ切らない作品になっちゃってましたね。

ところでシャーリーズは来日したけど一般は観れなかったのかな?
 

migさんへ

クロエのラストは蛇足ですよね。
期待値がこの2人だと高い分イマイチになってしまう人が
多い気がしました。個人的には期待も何もないので
ある意味普通でした。

> ところでシャーリーズは来日したけど一般は観れなかったのかな?

時間調整ができず無理でした・・・。残念です
 

Leave a Comment


07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。