Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



真夏の方程式


Category: 映画 ま行   Tags: ---
説明できない家族への献身


【Story】
綺麗な海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
『容疑者Xの献身』に続くガリレオシリーズの映画化第2弾。前作は堤真一演じる石神の献身を重厚な演出で描いたが、本作は家族間の献身がポイントだ。本作では、この“献身”という部分に重きを置くためか、起きる殺人事件のトリックなんてものは、恭平と湯川が堤防でやったペットボトルロケットでの海底視聴実験以下のレベルであり、睡眠薬にしても一酸化炭素中毒にしても、全て“たまたま”成立した感が強い。そしてそもそも、成実にしても父親にしても、殺人の動機が“脅されたから”とか、“過去を知っているから”とか平穏な人間が突発的に起こす殺人の動機としては葛藤部分が弱い。双方とも“家族だから”というものを加えて片づければそれまでだが、それで片づけてしまうのでは“献身”を際立たせる演出として観ている側は「さっぱりわからない」となってしまう。そのため構成が似ているにも拘わらず、『容疑者Xの献身』ほどの感動が終盤で生じさせることができていない。さらに“献身”を際立たせる描写として、恭平と親、成実と親の描写を子供への接し方という点での対比もさせてはいるが、ここもまた描写が弱いため、結局のところ“献身”への盛り上がりが総じて弱いのだ。そして物語の特性上、成実は罪をこれからの人生で償っていくという選択になるし、恭平にいたっては全く知らない間に殺人幇助をしており、その十字架を一生背負わなければいけなくなるという後味の悪さもこの作品のマイナス点だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

ハングオーバー!!! 最後の反省会


Category: 映画 は行   Tags: ---
やっぱりハングオーバー


【Story】
トラブルメーカーのアラン(ザック・ガリフィナーキス)。そんな彼の父親が心労を募らせて急死したのを機に、フィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)、ダグ(ジャスティン・バーサ)はアランの施設収容を決行することに。だが、施設へと向かう途中でギャングに4人が誘拐されてしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【簡易感想】
『ハングオーバー』にも拘らず全く酔わなければ記憶も失われないという今までの若干飽きられたパターンを投げ捨てて作った完結編だが、やっぱり『ハングオーバー』は『ハングオーバー』だなという感じでラストはまとまった作品だ。話は、高速でキリンの首は飛ばすし、父親の危篤状態でも「My Life」を聴いているしと我が道を行く手に負えなくなったアラン(ザック・ガリフィナーキス)を施設に入れようと目論むフィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)、ダグ(ジャスティン・バーサ)だったが、施設へ向かう途中にギャングに拉致されてしまったことから物語が始まる。このギャングというのが4人とは変な縁のチャウ(ケン・チョン)から金塊を盗まれた過去を持つ男で、人質にされたダグ以外の3人は『ショーシャンクの空に』のように脱獄したチャウを捕まえることになるのだ。冒頭にも書いたが、記憶を辿るパターンを捨てて『ハングオーバー』を構成する展開は非常に賭けだ。このシリーズのファンは記憶を探る展開を期待するだろうから、そこを無くして埋められるほどの笑いや驚きを与えなければいけない。その点本作は、ビジュアル的な下品な笑いを大幅に減らして(セリフでは割とあったが)、多くの人が笑えるような演出を散りばめ、パート1で大暴れした記憶を再現させるようなラスベガスを舞台にすることで、記憶思い出しパターンのなくなったマイナスを埋めている印象を持つ。そして途中途中で出てくる伏線をラストで回収しつつ『ハングオーバー』で終わらせるあたりは巧さを感じた。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

私が愛した大統領


Category: 映画 わ行   Tags: ---
ホットドッグの大切さ


【Story】
1930年代、アメリカ。ルーズベルト大統領(ビル・マーレイ)は、忙しい執務の間に“恋人”デイジー(ローラ・リニー)とドライブに出掛けることで安らぎを覚えていた。そんなある日、英国王ジョージ6世夫妻がニューヨーク州ハイドパークにあるルーズベルト邸にやってくる…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
『英国王のスピーチ』の前日譚でもあるフランクリン・デラノ・ルーズベルトの偉業の一つジョージ6世夫妻の訪米に秘められた実話の映画化。『リンカーン』がシリアスに描かれていたのに対して、こちらは英国王の訪米という外交を扱っている割に、多少の緊迫感はあってもアメリカ側が英国王をもてなすスタイルがそこまで重苦しくなく所々笑えたり、ルーズベルトとデイジーのラブストーリーも入っているため、不倫故の多少のドロドロ感はあるものの肩肘張らずに観れる。ただ映画といては非常に中途半端な印象を受ける。物語はデイジーの語りで進んでいくにも拘らず、デイジーと英国王の間にはそこまでのリンクはなく、デイジーが拘わるのは、専らルーズベルトや彼の周辺の人物たち。そのためルーズベルトを中心に起こるデイジーとの拘わり、英国王との拘わりという2つの展開が双方ともブツ切りのようで中途半端になってしまっている印象を受ける。正直な話、どちらかだけに絞って7:3、8:2くらいの割合にして描いた方が物語としての間延び感はなかったのではないかと思ったぐらいだ。総じてビル・マーレはじめ俳優陣は流石という感じはするものの、演出そのものに難があるように思えた作品だった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

綱引いちゃった!


Category: 映画 た行   Tags: ---
綱は引いても興味は惹けない


【Story】
大分市役所広報課で働く西川千晶(井上真央)は、全国的に認知度の低い大分市PRのため市長命令で女子綱引きチームを結成することに…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
東京をはじめ主要都市は金を掛けなくてもメディアがガンガンアピールしてくれるので観光客の金がドンドン落ちていくが、地方だとなかなかそうはいかない。一昔前は県知事がタレントパワー全開でマンゴーはじめ特産物をアピールしたり、今は熊や猫などをデフォルメしたゆるキャラを作ってみたりと、あの手この手を使ってお金を落とす手段を考えているのが現状だ。そんな現状の中、本作では大分市をアピールするために女子綱引きチームを結成してアピールしようと画策するという話だ。綱引きの問題・家族問題・雇用問題などを結成されたチームで解決することで、自身たちの成長に繋がり最後一大勝負というこの手の王道テンプレート。話には特段驚きがないため、観客が本当に求めるのは、ラストの勝負にどれだけ満足度のピークに持っていける演出を構成できるかという点だけ。ただ本作はその点が勿体ない。綱引きはダンス・書道甲子園・シンクロ・ブラバンなどに比べて画としてのインパクトが弱いため、どうしてもラストの派手さに欠けるのは百も承知ではあろうが、ラストへ行くまでのチームメンバーのキャラクターが深堀できていないことや、綱引き対決の時のカット割りの悪さなど種々が重なったためか、ラストの盛り上がりが本当にイマイチだ。まあ大分市長の心意気もあり、多少は大分のアピールにはなっただろうが、総じてもう少しできただろうと思った勿体ない一本だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

サイレントヒル:リベレーション3D


Category: 映画 さ行   Tags: ---
ももいろクローバーZ出現


【Story】
18歳の誕生日を間近に控えたヘザー(アデレイド・クレメンス)には幼少時の記憶がなく、父親(ショーン・ビーン)と共にほうぼうを渡り歩く生活を送っている。彼女は毎晩サイレントヒルという見知らぬ街で、恐ろしいモンスターたちに追われる悪夢にうなされていた…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
“静岡”ことサイレントヒルの続編。前回はショーン・ビーンの存在意義があまりなかったので、今回は娘を守る父親を彼が演じるのかと思ったら、またしてもすぐに囚われて存在意義が…的な感じへ。そんなことで前回の母親から、今回は娘のシャロン改めヘザー(アデレイド・クレメンス)がサイレントヒルで頑張るってわけ。展開としては現実とサイレントヒルの浸食から始まり、灰降る町でマネキン蜘蛛やももクロ風のバブルヘッドナースなどインパクトの強い相手もいて教団のところにヘザー一行が行くまでは面白かったが、メリーゴーラウンドからテンポが悪くなり、ラストの三角男が急に出てきておばちゃんが変身した怪物を倒すという主役たち置いていく展開では呆れてしまった。まあ全体を通して『サイレントヒル』のようで『サイレントヒル』ではない金のかかったホラーという感じの印象のため、ゲームファンには酷評、特にゲームに興味がない人には普通という感じの出来だろう。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

闘魂先生Mr.ネバーギブアップ


Category: 映画 た行   Tags: ---
おっさんの大ハッスル


【Story】
生物を教える高校教師スコット(ケヴィン・ジェームズ)は、ある日、学校の経営難から校内の音楽活動の廃止と顧問を務めるマーティーの解雇を知らされ、この危機を救うため、昔レスリングで慣らした経験を活かし総合格闘技に出場することを決意する…。

評価 ★★★☆☆(3.2P)

【簡易感想】
お互いに拘わらないもの2つを用いて物語を作り、単体では生み出せない感動などを創造するという構成は映画で多くやる手法のひとつ。本作も“先生”が“総合格闘技”という異なる2つのファクターを用いて描かれた本作。やる気のない男性教諭が、リストラされかけている同僚を救うために総合格闘技を始め、格闘技を通して眠っていた教師としての自覚に目覚めるというテンプレートのような展開は観ていて安心できる。そこに移民ネタ、言語ネタ、音楽ネタなどシニカルなネタを織り交ぜて笑いを生み出す。勿論この手のものではお約束のクライマックス有りで、最大級に盛り上げるラスベガスでの格闘シーンで鑑賞後の満足度は一定水準を保つところもこの手のものらしい。日本人には顔馴染みである元オリンピック柔道金メダリストの格闘家も少し出ているのでお見逃しなくといった感じだが、それにしても本作の邦題は頭を抱えるレベルだ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

華麗なるギャツビー


Category: 映画 か行   Tags: ---
ギャツビーに魅せられたニック


【Story】
ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、贅を凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【簡易感想】
木村拓哉や松田翔太のマンダム“GATSBY”ではなく、ディカプリオの『GATSBY』。ロバート・レッドフォード主演でも映画化されたことのある本作は、ロバート・レッドフォード版にはない、ディカプリオらしい“華麗なギャツビー”に仕上がっていた。本作の内容を一言で言えば嘗て愛した既婚女性を奪い返そうという話で、赤貧から、デイジー(キャリー・マリガン)を取り戻すために、法に呈することにまで手を染めて成り上がり、デイジーの住む家の対岸に豪華絢爛な城を建て彼女を迎え入れようと試みるというもの。嘗て愛した女性のためにここまでできるギャツビーに対して、この物語の語り部でもあるニック(トビー・マグワイア)は憧れを抱いているかのような構図(ギャツビーに対して自分を投影させていたように思える)。それ故にデイジーに裏切られたギャツビーに彼がラストで“THE GREAT”をつけた演出が何とも言えない余韻を放つ。この余韻は鑑賞後、“モエ・エ・シャンドン”で愉しみたい作品だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

シュガー・ラッシュ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
ザンギエフ問題は置いておいて


【Story】
アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してカーゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ…。

評価 ★★★★☆(4.2P)

【簡易感想】
ゲームセンターのゲーム中のキャラクターが夜な夜なゲームの中を自由に動き回るというゲーム版『トイ・ストーリー』といった感じの作品。本作の主人公は「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの悪役で、いつもマンションを壊す設定のラルフ。そんなラルフは悪役であることに対しての悲壮感からヒーローになろうと別のゲームへ行ってしまったことから事件が始まり、ひょんなことから「シュガー・ラッシュ」というゲームのバグと言われているヴァネロペと拘わったことで、彼女を助けるという展開になる。ゲームで慣れ親しんだキャラが多く登場するところも然り、自分の存在意義の模索などの訴えているテーマも含め、結構大人向けに作られている印象がある。話の構成自体もディズニーらしい抜け目のないテンポの良い演出で飽きさせないところは流石だ。総じて飽きもなく子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっていた作品だ。それにしてもザンギエフって悪役だったっけ?まあロシア=アメリカの敵ってことか?
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

エンド・オブ・ザ・ワールド


Category: 映画 あ行   Tags: ---
ゆる~い地球滅亡ラブストーリー


【Story】
小惑星の衝突による人類滅亡まで、あと21日となった地球。突然、妻に去られたドッジ(スティーヴ・カレル)は、“最後の飛行機に乗り遅れて、両親のいるイギリスに帰れない”と泣き崩れる隣人の女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)と初めて言葉を交わす…。

評価 ★★★☆☆(3.3P)

【簡易感想】
近年『メランコリア』や『4:44 地球最期の日』など、2012年のマヤ暦地球滅亡論に煽られて多く作られた地球滅亡系の一本。話は嘗て愛し合った恋人からの手紙を頼りに妻に捨てられた保険のセールスマンが彼女の元へ、隣人の女性と向かうという話。地球滅亡の話なので、“逃避”、“ドラッグ”、“暴動”、“乱交”など後がない人間が起こすであろう愚行は描写されているのだが、“地球滅亡”を冒頭から謳っている割には旅をするドッジ(スティーヴ・カレル)とペニー(キーラ・ナイトレイ)の2人がどうも傍観的な感じがして、本当は滅亡しないんじゃないかとまで思えてしまうテイストだ。この2人に対しては家族というファクターの描写があるものの、そことのリレーション以上のものをたった数週間の2人の間にはできてしまったというような終盤の展開は多少無理というか少し懐疑的なものだ(個人的にはビジュアル的にも下手をすれば親子とも取れるので…)。地球滅亡という危機的状況下が“吊り橋効果”をもたらしたと仮定すればまあ展開的にありかもしれないが、それだったら、彼ら2人の描写も傍観的ではなく様々な角度から、もっと地球滅亡に対しての悲壮感を描いてほしいものだ。それにしてドッジの昔の恋人は手紙置かれただけで終わるとは…これって地球滅亡前でこれはこれで微妙な気がするが。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ヒステリア


Category: 映画 は行   Tags: ---
バイブが女性を救う


【Story】
1890年のロンドン。街では、感情が過敏になったり、不感症になったり、異常なまでに性欲が強まったりと、さまざまな症状を引き起こす女性特有の病気とされるヒステリーが広まっていた…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【感想】
すぐ怒ったりする女性のことをヒステリと形容することがある。今でこそこのヒステリは病気ではないとわかるが 19世紀では“ヒステリー”として女性特有の病気とまで言われロンドンで蔓延していた。そのためロンドンの中年女性たちはヒステリー治療のために、ヒステリー治療の第一人者の元へ通院。そのヒステリーの治療方法っていうのが、注射でも触診でもなく、手マ○(ある意味触診か?)。

まあヒステリーの原因を考慮してのことなのだろうが、ある意味女性版のヘ○スだ。ただそんな第一人者ダリンプル医師はご老体で治療していたが、そんな彼の元へ若い医師モーティマー(ヒュー・ダンシー)が弟子入りすることで、ダリンプル医師の仕事はモーティマーへ引き継がれる。おばちゃんたちもおじいちゃんに手マ○されるよりは、若いかっこいい医師にされたほうがいいとのことで、この病院は今まで以上に大盛況になる。しかし手○ンなんかを1日何人もやっていれば手が腱鞘炎になるのは当たり前でモーティマー医師も例外なく発生。そして1人のセレブを満足させられなかった…いや治療できなかったことから悪い噂が立つ。そんなことから人の限界を考え電動バイブレーターの開発へと繋がるわけだ。

こう話すとバイブの開発がメインかと思われるかもしれないが、この映画のポイントは当時の女性の社会的地位の改善部分。ヒステリーに悩まされる女性というのは結局のところ男性からの、世間からのストレスが原因なわけ。なのでそのヒステリーが病気ではないということを訴えるということはイコールとして女性が肩身の狭い思いをしていたということを世間的に認めさせる結果となり、女性の社会的平等を尊重しなければいけないという流れになるのだ。バイブができたから女性が平等になったとは思わないが、バイブなんていう大人のおもちゃが女性革新の1つになったというのは面白いし、エンドロールのバイブの歴史なんてのも違った意味で勉強になって面白い作品だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ポゼッション


Category: 映画 は行   Tags: ---
古典的な実話ベースホラー


【Story】
3か月前に妻と離婚したクライド(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、週末に2人の娘と過ごすのを楽しみにしていた。だがある日、ガレージセールで古めかしい木箱を買ってからというものの、次女のエミリー(ナターシャ・カリス)の様子が一変してしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
『フッテージ』に続きアメリカンホラーテンプレート使用回数ランキング第一位(?)の女児に憑依するパターンホラー。なんとも眉唾な気もするが東スポならまだしも、L.A. Timesにまで載った実話を元とする話らしいからサム・ライミも製作に乗り出す気になるのもわかる。ストーリーを簡単に言えば、箱を買ったらさあ大変、悪魔が出てきてこんにちは嬢ちゃん一緒に遊びましょうって感じで、悪魔に憑かれた娘を奥さんに離婚されたおっさんが助けようとする流れ。MRIで姿が見えたり、喉から手が出てきたり、蛾の大群だったりと、それなりのビジュアルインパクトはあるのだが、それ以外の除霊シーンなどの映像編集や話の構成の間延び感がイマイチでどうも惹きつけられない。ラストもサム・ライミらしさはあるが、まあ想定の範囲内。実話に基づくなんて前フリをしたにも拘わらずどこかで見たことのある古典的なホラーに仕上がっていた。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

オブリビオン


Category: 映画 あ行   Tags: ---
二都物語へ


【Story】
2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受け、生き残った人類は他の惑星へと移住。人のいなくなった地球では、ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられており、そのドローンのメンテナンスやパトロールなどの任務にジャック(トム・クルーズ)はあたっていた…。

評価 ★★★☆☆(3.2P)

【簡易感想】
オルガ・キュリレンコが出てくるまでのトム・クルーズ版『アイ・アム・レジェンド』展開なんてテンポの悪さから私はもう既に“OBLIVION(忘却)”してしまっているし、オルガ登場からの『月に囚われた男』的発覚展開まではテンポの改善はあれども既視感満載で期待値までは届かない。まあ伏線としての“二都物語”で収集させる終盤はまあまあだが、ジャックの相棒だった死んでない方(52?)のヴィクトリアを完全に“OBLIVION”して、エンドはオリジナルの子供か、クローン(49?)の子か知らないがそれを52に逢わせて終了ではいささか感動が薄れる(だったら49がビーチと爆発して終了で良かった)。この映画は本当に多くのものを映画内で描かず“OBLIVION”させている。それが狙いか否かは私にはわからないがSFだとしてももう少し描いてほしいものだ。それにしてもこの映画の世界において本当にエイリアンに地球が攻撃されていたのか?もしかしたら『ターミネーター』的な展開や、人類同士の戦争の情報操作的な展開だったのかもしれないなんてことを鑑賞後思ってしまった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
06 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。