Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マニアック


Category: 映画 ま行   Tags: ---
変態サイコ野郎となったフロド


【Story】
ロサンゼルスで両親からマネキン店を継ぎ、マネキンの修復師として暮らすフランク(イライジャ・ウッド)。幼い頃のトラウマから生身の女性を愛せなくなった彼は、夜の街を彷徨い、若い女性ばかりを狙って残忍な殺人を重ねていた…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
マネキンしか愛せない変態を描く本作『マニアック』。イライジャ・ウッドが久々に変態を演じるということで期待していたが、いかにもな奴より、やはりこういう童顔が演じる変態はエッジが効いていて際立っている。そんな変態野郎はマネキンしか愛せないことに加え、夜の街へ出かけていっては女性を殺害し、その女性の頭皮を持ち帰りそれをマネキンへホチキス止めするという驚きのサイコっぷりを発揮。しかしマネキンしか愛せないはずの彼がある日、芸術家の女性と出逢ったことで“生身の女性を愛する”ということと今までに対して葛藤を抱き始めるというのが大枠。この作品が面白いのはPOV手法を用いてフランク視点で描かれるという点。無名俳優ならまだ顔出しが少ないPOVでもいいかもしれないが、流石イライジャ・ウッドレベルが主演なのでどうにか顔の描写はほしいところ。そこで演出として取ったのが、鏡やガラスなどを使って、彼視点にも拘らず彼を映し出すというもの。これはPOVの良さと鏡越しなどの微妙な不気味さが相まっていい演出だった。ただ全体的にマニアックな映画をスタイリッシュに見せるがためにオリジナルにあった魅力が減少してしまったのは残念だった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

フッテージ


Category: 映画 は行   Tags: ---
逆貞子か‼!


【Story】
作家のエリソン(イーサン・ホーク)は、妻と子どもの一家4人で郊外の家に転居してくる。そこは一家が首をつるという残酷な事件の現場となった家で、エリソンは事件に関する新作を書くために越してきたのだった…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
なんでも『リング』にインスパイアされて作成されたらしく、それ故に若干ネタバレの気もするが“死の連鎖”が展開に絡み、まさかの逆貞子とは困ったものだ。話は売れなくなった作家が一発逆転を狙い曰くつきの物件に引っ越し古い8mmフィルムを見つけたことで、自分の新たなネタにしようとするとともにSINISTER(不吉)な現象に巻き込まれていくという展開。『リング』に加え名作ホラー映画のポイントを映画に混ぜて作った印象は残るが、8㎜や薄暗い部屋など怖がらせる演出に懲りすぎているせいで非常に地味な作品に感じる。それで言ってあっと驚く展開がないためホラーとしての怖さはあまり感じられない作品だった。。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜


Category: 映画 さ行   Tags: ---
本当に飲んでもいいのか?


【Story】
化学者のアンディー(セス・ローゲン)は新商品を売り込むべく大陸横断のビジネス・トリップをするのだが、ひょんなことから母ジョイス(バーブラ・ストライサンド)も一緒に行くことになる…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
とんでもない邦題が付いた、御年71歳のバーブラ・ストライサンドがお節介な母ちゃんを演じる本作。展開はお節介な母親とダメな息子がビジネス・トリップを通して、息子は自分勝手な今までを反省・成長、母親もまた“息子、息子!”という生活から、自分の人生にきちんと向き合うという、双方とも新たな一歩を踏み出す系のベタなロードムービーとなっている。ベタ過ぎる故にか、アメリカではかなりの低評価だったようでそれがバーブラ・ストライサンドのゴールデンラズベリー賞へのノミネートにも繋がったのかと考えられる。個人的にダメ人間が誰か(今回は母親だが)のアドバイスを受け入れて成長していく姿というのは決して悪くはない。ただ車中含めての親子の会話は絶対できないだろうとも思うし、母親の昔の男の名前が自分に付いていたとか告白されるのは個人的には気持ち悪いと思うなど、脚本としては受け入れ難いところなんかは、成長と親子愛の再確認をテーマにしている作品の割には残念な部分だ。まあそんな深いことを考えずに気軽に観るコメディとしては調度いいだろう。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

モネ・ゲーム


Category: 映画 ま行   Tags: ---
“モネ”というより“マネー”・ゲーム


【Story】
英国の美術鑑定士ハリー(コリン・ファース)は、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダーに(アラン・リックマン)仕返しすべく、《積みわら》の贋作を使った完璧な詐欺計画を練り上げる。そして話に真実味を持たせるため、名画の持ち主としてテキサスの天然系カウガール、PJ(キャメロン・ディアス)を相棒にスカウトする…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインのコメディ『泥棒貴族』を、コーエン兄弟が脚本しリメイクした本作。かなり老いは目立つがキャメロン・ディアス演じるブロンドバカ女は未だに彼女の右に出るものはいないと感じさせるし、王だけではなく、テンプレ的な英国人をコリン・ファースが抜群にうまく演じているし、スネイプ先生ことアラン・リックマンも惜しげもなく裸体を披露する体当たりっぷりがいい。そんな個性的なキャラたちが活躍する割に映画の方はリメイクだから仕方がないかもしれないが、全体的に古典的な笑いに依存しテンポが悪く、見せたいシーン(ライオンのシーンなんて特に)のインパクトまでもが弱くなるという悪循環。正直冒頭のアニメの醸し出す期待感以上のものが感じられなかったのが残念。微妙な『ピンクパンサー』といったところか。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ラストスタンド


Category: 映画 ら行   Tags: ---
シュワルツェネッガーのための古き良き映画


【Story】
元L.A.市警のエリート刑事レイ・オーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は現在第一線を退き、国境の町ソマートンで保安官として静かな日々を送っていた。そんなある日、麻薬王にして警官殺しの凶悪犯コルテス(エドゥアルド・ノリエガ)が脱走に成功、そのまま彼のいる町へ猛スピードで向かう…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
久々のアーノルド・シュワルツェネッガーのみんなが期待するアーノルド・シュワルツェネッガーの作品。凶悪犯を保安官一行が迎え撃つという話はもとより、そこへ至るまでの展開といい、全てが古き良きアメリカ西部劇の王道展開のようで久々に主演として映画界へ復帰を果たした彼の魅力を最大限に表するものとなっている。“年齢ネタ”、“移民ネタ”、“I’ll Be Backネタ”などシュワルツェネッガーのための演出を始め、麻薬王のぶっ飛びカーテクニック、おばあちゃんの大活躍、銃オタクの放った銃の意外な威力、トウモロコシ畑でのカーチェイス、そしてラストには麻薬王とのなぜか銃を使わない肉弾戦など見所としても満載で飽きない。突っ込みどころも満載ではあるが、まさに今の年齢のアーノルド・シュワルツェネッガーを最大限に活かせる映画に仕上がっていると感じる一本だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

L.A.ギャングストーリー


Category: 映画 あ行   Tags: ---
いろいろ足りないノワール


【Story】
1949年L.A.。ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいたが、街の平和を取り戻すべく6人の男たちが立ち上がる…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【簡易感想】
『ゾンビランド』、『ピザボーイ 史上最凶のご注文』のルーベン・フライシャーの作り出すノリのコメディがそこそこ好きなのだが、やはりノワールには彼の良さが発揮できなかったんだなというのが正直な感想。ギャングに対峙したギャングまがいの警察の話なのでいいのかもしれないが、本当に中身がない。冒頭は映像含め惹きつける展開からスタートするものの、10分後からは名作のオマージュにするならいいとしても、作りが彼のある意味良いところである上っ面なもののオンパレードでノワールとしては飽きを感じさせる既視感を増幅させる。さらに展開のテンポの悪さがさらなる退屈感を煽る。そもそもノワールを描くにしてはギャングと警察の抗争はいいとしても、コーエンに立ち向かう仲間同士の描き方が甘いし、個人的にはノワールには欠かせないファム・ファタール的要素としてエマ・ストーンを活かし切れていないところなんかも脚本の甘さだろう。実話を用いて的な本作だが、多分に『アンタッチャブル』を意識して作っている感じはするもののそんなレベルには至らず、上記した点などから個人的にはかなりの空振りだった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ファインド・アウト


Category: 映画 は行   Tags: ---
アマンダの魅力だけ


【Story】
ジル(アマンダ・セイフライド)は、自分は1年前に何者かによって誘拐された揚げ句軟禁されていたと警察に訴える。だが、彼女の申し出を裏付けるような証拠は一つも出てこず、心の病を患っているジルの狂言ということで片づけられる。しかしある朝、妹モリー(エミリー・ウィッカーシャム)が姿を消したことでジルは激しく取り乱す…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
『トールマン』でもテーマになっているがアメリカでは失踪事件が多発しているらしい。まああれだけ広大な土地で人気がない地域が多く、サラダボウルと言われているぐらい多種多様な人がいれば失踪が多く起きても不思議ではないと思うが、本作はそんな社会問題となっているものを用いて作られたサスペンスだ。本作の主演はすべての大きいパーツが魅力的なアマンダ・セイフライドで、彼女が何者かによって誘拐軟禁されたが自力で抜け出したものの、警察の無能さも手伝ってその事実の裏付けができないため、彼女の発言自体が狂言として片づけられたという中で、彼女の妹のモリーが失踪するというところから始まる。映画はアマンダ演じるジルが細かい手掛かりを元にモリーの行方を捜すというプロットだが、そこに警察等の視点である彼女が狂っているというファクターを混ぜることで、ジルは犯人を、警察はジルを追うという展開にもっていっている。全編通してアマンダ・セイフライドが出まくるので彼女を見るのには申し分ないのだが、彼女以外の登場人物が全くプロットの中で使えていないことや、クライマックスでのサスペンスの最大の見せ場であろうところが全く持って惹きつけるものになっておらず残念(ていうかモリー…早く)。ラストのジルの行為も奇をてらっているのだろうが、正直想定の範囲内で目新しさも感じられなかった。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
05 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。