Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ダイ・ハード/ ラスト・デイ


Category: 映画 た行   Tags: ---
失われたダイ・ハードらしさ

A GOOD DAY TO DIE HARD

【Story】
息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。身柄を引き取りに現地を訪れた彼だが、そこでテロ事件に巻き込まれてしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
インディアンの「Today is a very good day to Die(死ぬのにもってこいの日だ)」を文字ってつけられた原題『A Good Day to Die Hard』。“Die Hard(なかなか死なない/不死身)”な男に対しての洒落が効いたものとなっているため、観る前から興味が湧くのだが、物語は面白いポップコーンムービー以上にはならず、『ダイ・ハード』のようで『ダイ・ハード』ではない感じの仕上がりであり、ただ単なる“考えないにはもってこいの映画”となっている。そんな物語は超単純で、息子と疎遠のマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)が息子と一緒にモスクワで大暴れしながら家族の絆を取り戻すという展開のみ。まあそこには息子がCIAだったり、そのCIAが密かにロシアの富豪を助けようとしたり、それに裏切られたり、チェルノブイリが出てきたり、富豪の娘が間抜けな死に方をしたり・・・と色々話は展開するのだが、正直そんなことは二の次で、本作はアクションだけで構成された映画。話に深みがないので上映時間が過去4作品と比較すると異様に短いのだろう。所々に過去『ダイ・ハード』シリーズのオマージュなんかも片手間で入れているが、総じて今までの『ダイ・ハード』のような『ダイ・ハード』らしさは感じなかった(4も微妙だったが)のは残念であるが、ただ単なるアクション映画として観るのであれば、“映画館で観るのにもってこいの映画だ”。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
02 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

01

03


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。