Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カンパニー・メン


Category: 映画 か行   Tags: ---
エリート転落再生物語

the_company_men

【Story】
ボストンに本社を構える総合企業GTX社の販売部長として必死に働いてきたボビー(ベン・アフレック)は、ある日突然リストラを宣告される…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【感想】
2008年9月に起きたアメリカ投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破綻。俗に言う“リーマン・ショック”。この出来事が社会・経済に与えたインパクトは強く、多くの企業が痛手を受けた。それに伴い企業が真っ先に取り組んだことが大規模リストラ。日本の企業もその施策を行っていたが、本作に出てくるボストンのGTX社も、赤字部門の造船と鉄道部門を統合して、大規模リストラに踏み切った会社の一つだ。

そのリストラ政策に入ってしまったのが、本作の主役ボビー・ウォーカー。一流大学・MBA・エリートコースと、彼の人生には“挫折”なんて2文字はないため、リストラされても容易に就職できると安楽的に考えてしまう。しかし30代の高給取りの就職がそう巧くいくわけはなく、なかなか次が決まらず、生活レベルを下げる再就職もしようとしない。ただ解雇手当の給料3カ月分も底をつき、家、ゴルフ会員権、高級車を失って、家族に支えられることで、エリート志向から現実に目を向けて取り組むことで、今までの自分の誤った価値観を是正していくという流れになる。

本作は上記したようにベン・アフレック演じるボビーのストーリーがメインになるが、それとは別に、トミー・リー・ジョーンズ演じるGTX社の副社長ジーンやクリス・クーパー演じるフィルなどGTXでの各人の難しい立場でのストーリーも織り交ぜることで物語に妙な現実味を持たせ、GTX外でボビーの妻であるマギーの兄ジャック(ケヴィン・コスナー)をボビーと“仕事”として交わらせることでボビーの物語の深みを持たせている。

このようにオスカー俳優の名演は流石だが、物語の起伏がないために非常に単調に感じてしまう事が残念。そして物語として主人公のボビー自体妻子がいるにも拘わらず、リストラにあって自分の愚かさを再認識するという展開は個人的に受け入れられない。というか家族として妻ももっと前から家族を守るために是正すべきところは是正すべきだし、経済状態もあるのだからある程度の予防策をとるべきなのではと思ってしまう。まあそう言ってしまうと映画として成立しないし、こういう映画で感じる部分がある人も多いだろうが、個人的には合わない映画だった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

モテキ


Category: 映画 ま行   Tags: ---
何ともエロい長澤まさみ

moteki

【Story】
31歳のさえない独身男、藤本幸世(森山未來)は、あれほどのモテ期が到来したというのに結局恋人と添い遂げることもできず、相変わらずのセカンド童貞。だが転職すると、ツィッターで知り合ったみゆき(長澤まさみ)など藤本にまたもモテキ期が訪れる…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
久保ミツロウ原作の漫画を、テレビ東京の深夜でドラマ化して放映していた『モテキ』。“モテキ”とは所謂“モテる期間”のことだが、TVドラマ版では野波麻帆、満島ひかり、松本莉緒、菊地凛子というオリジナルのイメージにピッタリな女優を使いビジュアルだけでなく、ストーリーもほとんど再現していた作品で、本作はその1年後を舞台に、久保ミツロウ自身が映画用にオリジナルストーリーを書き下ろして作られた作品となっている。

本作は書き下ろしたと言っても基本『モテキ』は『モテキ』なので、藤本幸世(森山未來)がまたモテ期に突入するという展開になっていく。キャラ設定や展開なんかはドラマ版を観ている人には類似点が多々見受けられるだろう。まあただ正直なところを言えば、ドラマ版よりも“モテ期”という感じはしなく、みゆきへの一目惚れ恋愛ストーリーだった気もした。

そんな『モテキ』が映画になって豪華になった一番の特徴は女優陣だろう。豪華になったと言っては失礼かもしれないが、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子という一人でも邦画ならヒロインを張れる女優を4人も集めていろんなことをさせるのだから映画って凄いと思わせられる。今まで巨乳演出NGだった長澤まさみを完全な巨乳エロキャラとして描いて、エロさ溢れる演出(TENGA Tシャツ、濃厚キスシーン、胸揉み、脚線美など)で今まで長澤まさみファンでもなんでもない人までをも魅了するようなキャラ設定に拘った殺人的魅力を発しさせている(話は少し違うかもしれないが、ハリセンボンの春菜と同じ髪型なのにここまで違うとは…)。勿論その他の女優も、麻生久美子をセッ○ス重たい女要因として扱ったり、仲里依紗を胸揉ませ要因にしたり、真木よう子を藤本の突っ込み要因にしたりと非常に贅沢な使い方で登場させている。ここまでエロい方向(真木も描写の仕方では少しエロい)での贅沢な使い方を前面に押し出した邦画はなかなかないだろう。

その他演出としてもサブカルが重要なファクターとなっているので、部屋の小物や音楽の選曲一つとっても拘りが見受けられるし、TV版にもあったが『(500)日のサマー』を思わせるミュージカル調演出や、PVのような歌詞入り演出など、映画ならではのお金を払ってくれた人へのサービス部分もきちんと行っている。そして一番の驚きはラストのエンドロール。こういうところで手を抜かず細かくやるあたりは大根仁と感じさせられた。

細かい演出、女優陣の使い方、何とも言えない展開やセリフ回しなど、久々に邦画でここまで笑わせてもらった(特に前半)作品だった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

猿の惑星:創世記(ジェネシス)


Category: 映画 さ行   Tags: ---
猿の惑星 エピソード・ゼロ

rise_of_the_planet_of_the_apes

【Story】
製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【感想】
自由の女神のラストシーンが有名な『猿の惑星』。人間と猿の地位が形勢逆転していることで非常にインパクトのあった作品だ。そんな作品を観た人にとって一番の疑問は“なぜ猿と人間の地位が逆転したの?”という部分。勿論過去の作品の中でその部分を描いてはいるものの、イマイチ説得力に欠けると言うか、最初のインパクトが強すぎてその説明として少し物足りなさを感じたのが事実。そんな“なぜ地位が逆転したのか?”という部分の理由づけ所謂“猿の惑星 エピソード・ゼロ”として新たに描かれたのが本作だ。

そんな本作は父親のアルツハイマーを治したい一心で、新薬開発を目指す科学者ウィル(ジェームズ・フランコ)は薬を投与した実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く。しかしその猿が突如暴れ出し射殺され、新薬開発プロジェクトもそれに伴い中止。新薬開発を辞められないウィルは会社を辞めて自宅で新薬開発を続けるとともに、このままでは危険な状態にある射殺された猿の赤ん坊をこっそり自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てること。ここからウィルはシーザーを息子のように育て、シーザーも親同様の高い知能を持った猿に成長していくのだ。そんな成長したシーザーは、ある日家族同然で暮らしてきたウィルの父親が隣人と口論をしている場面を見て、父親が危険な状態にあると思い、隣人に対して危害を加えてしまうことをきっかけに、霊長類保護施設に収監されることになる。この霊長類保護施設で他の猿や、ダメな飼育員などと接することでシーザーは人間に失望し、ある考えが芽生え始める。

少し前振りが長くなったが、シーザーが人間に失望したここから一気に猿の惑星へ近付く展開が用意されている。シーザーのおかげで知性を持った霊長類一行は、霊長類保護施設から脱走し“自由”のために人間の世界へ向かう。そしてこの映画内で一番の人間と猿の対峙部分を描いたゴールデンゲート・ブリッジでのアクションシーンは圧巻。猿一匹一匹がモーションキャプチャーを使ったCGの描写によって非常にリアルに描かれており、表面上は人間対猿だが、危険を顧みず自身を犠牲にするゴリラなどの描写により人間対人間の戦いのようにすら感じる。そしてその後に人間と猿の地位が逆転することを暗示するかのようなラストはこの映画のラストとして非常に良くできている。

演出としてファンなら分かるような『猿の惑星』に類似するシーンを挿入していたり、現代の設定とこのシリーズをリンクさせたりとSFながらあながち完全なフィクションとも感じさせない展開など圧巻の出来。ティム・バートンが監督した作品もある程度良くできていたが、この作品と比較してしまうと天と地の差が感じられてしまう。総じて間違いなくお勧めできる一本だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ワイルド・スピード MEGA MAX


Category: 映画 わ行   Tags: ---
オーシャンズ・ワイルド・スピード

fast_five

【Story】
前科者のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と共にお尋ね者として追われる身となってしまった元FBI捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)。ドミニクと彼の妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)と一緒にブラジルに身を隠し、逃亡生活を送っている…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【感想】
前作から2年、『ワイルドスピード』の最新作。前作までは残念なデキだった『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』を含めて車ファンには堪らないシーンが満載なカーアクション映画だったが、本作はそのテイストを減少させて、ヴィン・ディーゼル演じるドミニク率いる『オーシャンズ』シリーズさながらの映画になっていた。

話は毎度のことのカーアクションから始まる。何度捕まっても助け出される男ドミニクの護送車を元FBI捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)らが車で襲いドミニクを見事救出する。そんな救出されたドミニクらが集合したのが本作の舞台、コルコバードのキリスト像が有名なブラジルのリオデジャネイロ。そのリオでドミニクらが車の窃盗を行うのだが、盗んだ車に疑念を抱いたドミニクが車を解体してみるとリオの裏社会を牛耳る犯罪王の裏金の隠し場所が見つかる。調度逃亡生活を終わらせたかったドミニク達は仲間を集めて現金の強奪をすることに。

冒頭でも書いたが、ここから一気に『オーシャンズ』的な展開に。各々得意分野がある仲間を集めて現金強奪へ向かう。その中で刑事のルーク(ドゥエイン・ジョンソン)と対峙したり、車の調達がカー勝負だったりと『ワイルドスピード』らしさも残した演出が散りばめられている。そしてクライマックスのカーアクションはまさに『ワイルドスピード』というぐらい大迫力だ。街、橋、高速と巨大金庫を引きながらパトカーとカーチェイスを繰り広げる展開は心躍るアクションになっている。そしてラストエンドロールには、前作で死んだはずのレティの写真なんていう続編に繋がるファンなら続きを期待せざるを得ない演出を用意しているところも憎らしい。

それにしても『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』でも監督をしていたジャスティン・リンならではというか時系列的にこの後がTOKYO DRIFTなのでそれに繋がるセリフまでサン・カンに言わせているところも細かい演出だ(サン・カン出した時点である程度の予想はつくが)。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ザ・ウォード/監禁病棟


Category: 映画 さ行   Tags: ---
似てる? 『エンジェル ウォーズ』

the_ward

【Story】
1959年、身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られた20歳のクリステン(アンバー・ハード)は、初日の夜から人の気配を感じ不安を覚える。そこでは同年代の少女ばかりが隔離されていた…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【感想】
『ハロウィン』のジョン・カーペンターが『ゴースト・オブ・マーズ』から約10年の歳月を経て再び脚本を取った本作。

1959年、身に覚えのない放火罪で精神病棟に送られた少女クリステン(アンバー・ハード)は、収容初日から不気味な気配を感じる。そんな中彼女と病棟内で同じく収容されている他の女性患者が一人一人と、アリスという亡霊に襲われていくという展開。

この病棟内の他患者、医師、看護師など異様な雰囲気を出しホラーテイストをアップさせており、中盤から終盤にかけて一気に頑張ってくる恐ろしい外見(※だがB級的描写)のアリスが驚かせ効果を発揮している。

ただ『エンジェル ウォーズ』を観ていることや、伏線をこれでもかと挿入している部分からオチが見えてしまうのが残念だし(まあタイトルで分かるだろうが)、所々の描写でジョン・カーペンターの巧さを感じる一方で、『ハロウィン』の頃のようなキレが月日が空き過ぎたことでもう一歩出ていないように感じてしまうのが玉に瑕な作品だった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

親愛なるきみへ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
手紙とエラーコインで

Dear_John

【Story】
2週間だけの休暇で故郷に帰ってきた軍人のジョン(チャニング・テイタム)はある日、海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、大学生サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合う…。

評価 ★★★☆☆(3.2P)

【感想】
アマンダ・セイフライドが『マンマ・ミーア!』、『ジュリエットからの手紙』などでキーになっている“手紙”がまたしてもキーになっている作品。原題の『Dear John』の意味(「Dear John Letter」で女性から男性に別れを告げる手紙のこと)を知っているとストーリー展開は容易に読めてしまう物語。まあ原作が『きみに読む物語』のニコラス・スパークスのラブストーリーだから原題の意味を知らなくてもある程度の予想はできてしまう。

話は休暇で故郷に戻ってきた軍人ジョンが、海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、大学生のサヴァナと良い感じになるというところから始まる。軍人のジョンも大学生のサヴァナも調度2週間の休暇。その短い間で燃え上がった恋愛に結構全体の尺のうち重きを置くことで、その後の遠距離恋愛になってからの展開との対比を巧く表現している。戦地に戻ってしまうと2人の合言葉となっていた「またすぐに会おうね」なんてことはできないし、それどころか連絡手段が“手紙”だけという2週間で恋を育んだ2人には酷な状況へ。しかも、1年の任期で除隊するはずだったジョンは9.11テロの影響で任期延長という2人にとってはさらなる障害が発生するのだ。そういった2人の恋愛の状況に耐えられなくなったサヴァナはある人と婚約してしまう。そしてその事実を“手紙”でジョンへ告げるというリアル「Dear John Letter」になるわけだ。

この物語には上述したようなメインの展開の中に幾つか恋愛とは別の愛の物語が小乳されているのだが、その中でもジョンと父親の物語が、この映画自体に深みを持たせている。自閉症の父親の趣味のコイン収集の話で特に息子とのエラーコインの話は終盤の展開に多いに起因する作りになっている。正直な話、恋愛云々の展開やラストの終焉の仕方なんかより、この父と息子の物語の方が感動できる仕上がりだ。

「正直にすべてを話して」と言っているのに言ったサヴァナ本人が“正直”を欠如したり、別れるきっかけとなったサヴァナの描写が弱かったりと、恋愛部分を盛り上げるためにはもう少しどうにかできたのではと思うところもあるが、総じて重すぎず、軽るすぎず綺麗に作ってあるので秋に観る映画としては調度いい作品かもしれない。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

スカーレット・ヨハンソンの写真ハッキング流出


Category: スカーレット・ヨハンソン   Tags: ---
FBI Investigating Alleged Nude Scarlett Johansson Photo Hack

ScarlettJohanssonfirstNude

FBIは14日、パソコンに侵入して米女優のスカーレット・ヨハンソンさんのセミヌード写真など、有名人の私的な写真を不正に入手し、インターネットのサイトに流した事件に関して捜査を進めていることを明らかにした。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

リミットレス


Category: 映画 ら行   Tags: ---
AKBより凄いNZT48

Limitless

【Story】
恋人のリンディ(アビー・コーニッシュ)にも去られた売れない作家のエディ(ブラッドリー・クーパー)は、元妻の弟から脳が100%活性化するという新薬「NZT48」を手に入れる…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
「人間の脳は10%程度しか使ってない」に対して、「いやいや100%常時ではないが使っているよ」なんて昔から、水かけ論的に議論が繰り広げられているが、本作『リミットレス』は、前者をベースとして、人間の脳を100%活性化させる薬を手に入れた男の運命の物語を描いている。

そんな物語はAKB48ならぬNZT48という販売されていない新薬を手に入れることで始まる。そのNZT48とは人間の脳を100%活性化させることができるという夢の新薬。その新薬を手に入れたのがブラッドリー・クーパー演じる主人公のエディ。彼は全く冴えない生活を送っていたが元妻メリッサの弟ヴァーノン(ジョニー・ホイットワース)から貰ったNTZ48 のおかげで、一気に生活が一変する。ただ薬の効き目は1日だけなので、麻薬中毒者の真理と一緒で、一度甘い汁を吸ってしまうとそれを継続したいと思ってしまうもので、エディはヴァーノンを訪問してさらに薬を貰おうとする。しかしそんな新薬の秘密をヴァーノンだけが握っているわけもなく、新薬を狙った何者かに彼は殺害されてしまい、どうにか薬を手にしたエディも追われることになっていく。

まあそれにしてもこのNTZ48は凄い。人間の脳を100%活性させることで、傑作小説をすぐ描き上げられるし、女性もすぐに落とせるし、カジノでも容易に勝てるし、外国語を容易に取得出来てしまう、さらには証券会社で一気に大金持ちに。映画内では上記のようなことでNTZ48 の無限の可能性を描いている。このように無限の可能性を得た天才は、その才能によって大物投資家カール(ロバート・デ・ニーロ)に会社合併話の助言までをも求められるようになるのだ。

ここからが一気に物語のスピードが加速。ヴァーノンを殺害した輩や、エディの薬をひょんなことから飲んだ金貸しなどがNZT48を巡って襲ってくる。そしてNZT48を常用してしまっている者は常に飲み続けないと100%の能力を出せないどころか、記憶や体調まで底辺に落ちてしまうということになるという設定で、薬を巡っていた前半のコメディ要素の物語から一気にサスペンス要素満載の展開になっていく。

正直ラストは賛否両論で個人的にもこれで終わり?という感じだったが、テンポの良い展開や映像の魅せ方、そして何よりも単純な話をここまで膨らませて魅力的にさせる展開は観ていて飽きない作品だった。それにしても、例え副作用があろうとも映画を観ていてNTZ48が正直欲しくなってしまった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ラブ&ドラッグ


Category: 映画 ら行   Tags: ---
アンの見事な脱ぎっぷり

love_other_drugs

【Story】
医学部中退のジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、大手企業ファイザー製薬のセールスに就く。やがて研修後にピッツバーグ配属となり、病院でパーキンソン病を患うマギー(アン・ハサウェイ)と出会う…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【感想】
ジェイミー・レイディのノンフィクション小説『涙と笑いの奮闘記-全米セールスNo.1に輝いた“バイアグラ”セールスマン』の映画化である本作。米公開時・前から内容はもとより、アン・ハサウェイの見事なヌードが話題になっていた作品。

そんな話はファイザー製薬に勤めることとなったジェイミー(ジェイク・ギレンホール)がバイアグラのMRとして躍進していくことと並行して、パーキンソン病を患うマギー(アン・ハサウェイ)と出会うことで本当の愛情を知るという展開。前半はライバルを蹴落とそうとするジェミーの躍進していく姿をコミカルに描きつつ、一方で私生活として、間違いなく本作の見どころである『ブロークバック・マウンテン』以来となるジェイクとアンのセッ○スシーンを多く取り入れて魅せてくれる。その後このようなコメディテイストの展開は、パーキンソン病患者の会合辺りから一気に消失し、パーキンソン病が姿を現してくるマギーとの接し方を考えてしまうジェイミーと、それに気が付いてジェイミーと出会う前の誰にも心を開かない状態のマギーへと戻ってしまう様子を互いの心理描写をきちんと描きながら描写している。

同じ病気を用いたラブストーリーである『スウィート・ノベンバー』と展開的には類似しているのだが、本作は少しコメディ部分からシリアス部分への変換が急すぎるため、ただのラブストーリーを期待すると肩透かしを食らうだろう。加えてMRを主要なファクターとして、しかも“バイアグラ”のセールスなのだから、その販売部分をもっと詳細に描いてほしいと感じた。まあ観る人の期待する部分の一つであるマギー演じるアン・ハサウェイの裸体は非常に見事なのでDVDでも十分だがファン以外も必見になるだろう(※ちなみにジェイクも結構脱いでいる)。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

サンクタム


Category: 映画 さ行   Tags: ---
聖域には到底及ばないデキ

sanctum

【Story】
南太平洋に浮かぶ島の熱帯雨林の奥地に広がる洞窟。その地は、人が足を踏み入れてはいけない聖域(サンクタム)の様相を呈していた。そんな洞窟の謎に挑もうと探検隊がダイビングによる調査を試みるが、巨大なサイクロンが襲い掛かる…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【簡易感想】
ジェームズ・キャメロンの名前が先行し過ぎている気もする洞窟脱出のサバイバル映画。話はベテランの探検家フランクに率いられたチームが、洞窟内に入るもサイクロンに遭ってしまってどうしようというもの。まあサイクロンが来てしまったため入口へ戻れないため、海へと続くと信じて洞窟をどんどん進むしかなくなってしまうが、道がなく、酸素がなく、食糧がなくなんて状況に陥る。そうするとその中で仲間割れが勃発してしまうという誰でもが予想できるような展開に。まあその前振りとして親子の確執なんてものもあるが、洞窟脱出と暗すぎる魅せる映像に注力しているため、人間関係の描写が薄くイマイチ盛り上がらない。予告は結構おもしろそうに作ってあったのに残念な作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
09 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。