Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ガリバー旅行記


Category: 映画 か行   Tags: ---
まさかのスーザン・ボイル!?

gulliver's_travels

【Story】
新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを目指すガリバー(ジャック・ブラック)は、ひょんなことからバミューダトライアングルを取材することとなり、航海の旅へと出るが嵐に見舞われ、気が付くと小人が暮らすリリパット王国に辿り着く…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
『天空の城ラピュタ』や検索サイト“YAHOO”など幾多に影響を与えた作品をジャック・ブラックで映画化。本作は原作全4部作の中で最も知名度のある「リリパット国渡航記」に「ブロブディンナグ国渡航記」を混ぜて『ドランスフォーマー』や『スター・ウォーズ』『タイタニック』などの映画や、NYのタイムズ・スクエア(ガバター含み)やKISS、iPhone、コーラなどで現代風にアレンジした作品になっている。

この作品での一番の苦労はやはりリリパット王国の小人とガリバーを同一画面上で映すことの難しさだろう。その点は最新の技術かは分からないが非常に巧いこと仕上がっていた印象を持つ。こういう映像を観ると時代が映像化に追い付いてきたなと思わせられる。

ただ作品のテーマとして諦めないことの大切さなど子供向け映画として伝えたいのは分かるが、結構子供向けに仕上げ過ぎているため、物語の薄さが残る作品だ。それに個人的にはあのラストのロック的な終わり方は、ジャック・ブラックや、今まで伏線でギターシーン及びKISSを用いていたことでもある程度予想していたが余り好みではなかった。

ジャック・ブラック作品としてはベースがあるのでハチャメチャにはなり過ぎてはいなかったが、中盤からの失速(嘘がバレた辺りから)が顕著すぎて、アメリカでの評価も分からなくはないような作品だった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

恋とニュースのつくり方


Category: 映画 か行   Tags: ---
レイチェル・マクアダムスの魅力

morning_gloryr

【Story】
失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)はニューヨークで朝番組のプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組だった。彼女は番組を建て直すため大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用することに…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
もう予告編を観ただけでも分かるような女性の成長ストーリーで、仕事を首になったベッキー(レイチェル・マクアダムス)は精一杯の就職活動により、視聴率低迷番組“デイブレイク”のプロデューサーとして採用され、その番組立て直しのために必死で駆けずり回る姿を描く。この作品見所は何と言っても、レイチェル・マクアダムスのヒップ・・・もとい彼女の魅力だ。“超”がつくぐらいのポジティブシンキングの持ち主で、思い立ったら即行動して、世界で3番目に悪名高いと言われている気難しくプライドが高いマイク(ハリソン・フォード)をキャスターとして採用するのだから、その行動力は半端ない。採用してからも自分のやりたいことしかやらないマイクとぶつかり、マイクとコルリーン(ダイアン・キートン)の間で困惑させられながらも、めげずに視聴率上昇及び良い番組制作をしようとしていく姿は、観ているこちらもある種呆れるぐらいのポジティブさというか拍手ものだ。ベッキーとアダム(パトリック・ウィルソン)が恋仲になる下りや、中盤からベッキーが他局にヘッドハンティングされそうになる下り辺りはちょっと内容的に薄さを感じるが、全体としてこの手の全体を見渡して満足する物語としては気にはならないだろう。まあ観終わって悪い気分はしない映画に仕上がっていた。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ヒア アフター


Category: 映画 は行   Tags: ---
気持ち悪いくらいリアルな冒頭

hereafter

【Story】
恋人と訪れていた東南アジアで津波に遭遇し、臨死体験をしたジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は生死を彷徨っている際に見た不思議な世界を突き止めようとする…。

評価 ★★☆☆☆(2.4P)

【簡易感想】
『インビクタス』に続いてマット・デイモンを起用したクリント・イーストウッド監督最新作。今回はスピリチュアルな世界をイーストウッド流に描いている。この映画、現在は上映中止になっており、もし観たいのならば飛行機に乗って観るまたは海外で観る以外は難しい状況。そうなった原因は冒頭の“津波”。東日本大震災という悲劇的な出来事の様子を、TVを通じて観ると不謹慎かもしれないがこの映画の冒頭と妙に重なって見えてしまった。そのくらいこの作品の冒頭はリアル。ここまでリアルだと現状上映中止にせざるを得ないだろう。ただそんなリアルな冒頭が映画としてはピークで、ストーリー展開やテーマはイーストウッドとしてはパッとしない凡作以下の作品だ。
話としては触れた人間を霊視できる元霊能力者のジョージと、津波により臨死体験した元キャスター マリー、双子の兄を亡くした少年マーカス(ジョージ・マクラレン)の3人が“臨死体験”というファクターを通して描かれる作品。個々人の状況をイーストウッドは丁寧に描きたかったのかもしれないが、この3人の群像劇的な描き方が個人的にはたらたらと感じてしまったし、ストーリーが全くもって響かないというか纏まっていない点が、観ていて飽きを生んでしまった原因だろう。さらにあのラストが個人的には全く駄目なので、こんな残念な結果を生んでしまったのだろう。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

塔の上のラプンツェル


Category: 映画 た行   Tags: ---
めちゃくちゃ便利な長い髪

tangled

【Story】
深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【感想】
ディズニーの記念すべき50作品目は、グリム童話の“髪長姫”をベースとしている。“髪長姫”をベースとしているが、髪が長いという部分と涙で復活という部分以外はオリジナルストーリーになっている感じがする。もともとグリム童話のような描写(夜這いや妊娠など)はどう考えてもディズニー映画としては相応しくないし…。

本作の主人公 長い髪を持つ女の子ラプンツェルは、誘拐されて18年も森の中にある塔に幽閉されている。ただラプンツェルは幼児時に誘拐されているため、自分が誘拐されたということに気付いておらず、誘拐した魔女ゴーテルのことを本当の母親だと思っているのだ。毎年自分の誕生日に起こる光の現象を見たいという望みを持っているのだが、魔女が塔の外の危険性をこれでもかと熱唱し脅してくるため、塔から出ることを実行せずにいる。そんなある日、城から王冠を奪ってお尋ね者となったフリンが塔に迷い込んできて、一人では踏み出せなかった大きな一歩(光の現象を見る冒険に出ること)を踏み出すことになる。

それにしても主人公のラプンツェルのアグレッシブなことこの上ない。ミュージカル調に歌うなんていうのはディズニー映画なら定番だが、フライパンを振り回したり、今回の主人公の特徴である“長い髪”をこれでもかと使いまくっている。“髪長姫”同様に髪の毛を塔への登り降りに使うのは当たり前だが、縄の代わりに使ったり、ターザンロープのようにしたりと何でもあり。そして勿論魔法の髪として治癒に使えるのだから素晴らしいオプションだ。

そんな素晴らしいオプションを使いまくってラプンツェルとお尋ね者のフリンはアクション満載の旅をする中で、仲間と出会ったり、お互い惹かれていったりという子供から大人まで楽しめる王道展開を繰り広げる。展開としてのテンポもいいし、キャラクターも分かりやすく愛くるしい(犬のような白馬など)し、ディズニーらしいと言えばそれまでだが、最近低迷していたディズニー映画としては久々に良くできていた作品に思えた。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

映画を60秒で


Category: その他   Tags: ---
DONE IN 60 SECONDS COMPETITION

DONE IN 60 SECONDS COMPETITION

アメリカの映画情報サイトEmpireonline.comが毎年やっている”60秒で映画を再現”という企画が意外に面白い。正直バカにしていたが、きちんと映画の核をついている出来だ。因みに昨年はトム・クルーズ主演の『トップガン』を1分で再現した作品が最優秀賞に選ばれている。今年はアカデミー賞さながらに『ソーシャル・ネットワーク』を筆頭として、『エクソシスト』、『300』、『プレデター』、『ライオンキング』がファイナリストに残っている。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

キーラ・ナイトレイがティンカーベルの声優に


Category: キーラ・ナイトレイ   Tags: ---
Keira Knightley Voicing Tinker Bell

keira-knightley-Thinker

ルパート・フレンドとの破局の記憶も新しいキーラ・ナイトレイがティンカー・ベルの声優をやるというニュースが入ってきた。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

GANTZ


Category: 映画 か行   Tags: ---
際立て過ぎた躊躇

GANTZ

【Story】
就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車に轢かれて命を落としてしまう。しかし黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
ヤングジャンプで連載されている人気コミック『GANTZ』の実写映画化した作品。散々な結果に終わった就活の帰りに、駅のホームで玄野(二宮和也)は、小学校時代の親友 加藤(松山ケンイチ)に出会い、酒に酔って線路に落ちたホームレスを助けようとして電車に轢かれ死んでしまう。しかし次の瞬間、彼らは見知らぬマンションの一室に。そこには死者が集められており、部屋の中央にある謎の大きな黒い球「ガンツ」に“星人”と戦うように指示され“100点”を目指して戦うことにというのが大まかなストーリー。コミックを読んだことがないので、多少不親切に感じる展開が目立つのは仕方がないが、冒頭の電車に轢かれるシーンから感じる(電車にあの時間があれば轢かれないだろう)が映画としてのテンポがかなり悪いのが問題。ある種メインであるアクションシーンも、全体を分けると3つに分けられるが、仏像との戦いはまだしも、田中星人とねぎ星人なんかは、戦い方などに躊躇している部分を描きたいのかもしれないが、“攻撃”に対しての戸惑いが、観ている側がかなり気になるぐらい“タメ”を作ってしまい苛立ってくる。戦いのシーンの見せ方もワンパターンな撮り方が観ていて飽きを加速させる。演出の悪さから夏菜の可愛さだけしか印象に残らない作品だった。というか夏菜って南明奈に似ている??。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

インシテミル 7日間のデス・ゲーム


Category: 映画 あ行   Tags: ---
こんなバイトまずはネットで調べないか??

incitemill

【Story】
自給11万2,000円という怪しい求人広告を見て、暗鬼館へと集まった男女10人。仕事内容は24時間監視されながら7日間を過ごすことだった…。

評価 ★★☆☆☆(2.3P)

【簡易感想】
藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみなど若手から、片平なぎさ、北大路欣也までホリプロのベテランまでを集めて作ったホリプロ50周年記念作品。妙に耳に残るタイトルで意味は諸説あり、「incite mill(殴り合いさせる)」だったり、普通に「暗鬼館にINしてみる」だったり、「淫してみる」だったりと多々あり。そんな話は自給11万2000円という高額求人に釣られて暗鬼館に集まった男女10人に悲劇が訪れるというもの。なんというか色々と突っ込みどころ(探偵グッズや完全防音部屋など伏線的に描いているものが全く機能していない、というかネットでこのバイトを調べないか?)が満載で、しかも誰が最期まで残るかが明白な為、スリルもクソも全くない駄作だ。加えて一番腑に落ちないのがこのデス・ゲームの背景。このゲームは協会が主催して、それをインターネットを通して何万人もにアクセスさせることで協会が成立しているゲームであるにもかかわらず、大学のカンニングであれほど迅速に動く警察が殺人ゲームに全く動いていない点。もしそういう考察を持たれたくなかったら、携帯電話でそれを多くの人が観ている描写と過去にも同じゲームがあったという描写を排除すべきだ。出演俳優のファン以外は観る必要のない完全なる駄作。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
03 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

02

04


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。