Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010年BEST&WORST MOVIE


Category: 年間映画トップ10   Tags: ---
2010年BEST&WORST MOVIE

今年も残すところ8時間を切りました(中途半端)。今年も色々ありましたが映画のレビュー数は例年に比べ、菅直人内閣の支持率同様に減少傾向。まあ一時映画を観たから書いているのか、書くために映画を観ているのか分からなくなる時期なんかもあったり、私生活も多忙だったりと様々な理由が重なりこんな結果に…。ただ私の人生においてこんなに長く続いていることもないですし、映画から得られる知識や感性は私の人生の糧になっていることは確かですので、辞めずに今年もゆるりとやってきました。そんなこのブログの毎年の恒例行事であるランキング発表をしていきたいと思います。
Rankingはこちらから!   blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 映画    ジャンル : 映画

KING GAME キングゲーム


Category: 映画 か行   Tags: ---
王様(失敗の原因)だ~れだ!?

King_Game

【Story】
ある日突然何者かによって同じ場所に集められ、外部と遮断された状況で王様ゲームを行うはめになった見知らぬ10人の男女(石田卓也、芦名星、窪塚俊介、木村佳乃など)。実は彼らはある秘密の契約に基づき集められたのだった…。

評価 ★☆☆☆☆(1.6P)

【簡易感想】
この映画のレビューは観たとき及び書きながら辞めようと思ったのだが、ここまで酷いのだから今年の文句納めに調度いいということでこの時期のアップとなります。もうこういう前文を書くのだから、否定的な見解が出てくるのは当たり前なので、この映画が好きな人や江川達也(監督)をリスペクトしまくっているちょっと変わった人はこれ以降読まないようにしてください。

さて話としては見ず知らずの男女10人が外部からの情報を一切遮断された場所に集められることから始まります。名前も目的も各々が分からない状態でしかも素性を明かすことはタブーというルールのもと、そんな彼らがするのは、ただ単に10日間“王様ゲーム”をし続けること。もう“見ず知らずの男女”、“王様ゲーム”なんてキーワードが揃って、さらに『東京大学物語』なんていう漫画を描いた人間が監督するのだから、自ずと期待値がある方向に進むのだが、直接的なエロさは川村ゆきえのコスプレとキスシーンの実況くらいで後はほとんど直接的な描写はなし、折角の夏目ナナなという元AV女優がいるのにあんなシーンだけでは話にならない(TV放映するわけじゃないんだからさぁ!!)。これでは・・・キャスティングの真意を考えてしまう(どうせこういう風にするのなら夏目ナナではなく川村ゆきえにさせればいいのに)。

まあ百歩譲ってエロ部分がなくても“密室”と“見ず知らずの男女”だけでも『ライアーゲーム』のようなスリリングなストーリーが展開されることが予想されるのだが、その部分まで一切ないときたものだから酷さに拍車が掛る。多少惜しい部分はあるし、木村佳乃や堀部圭亮なんていう演技派の俳優陣を集めておいて、キャラ設定も結構興味深いのに、面白くなりそうな所で寸止めするかのように、キャラ立っている人物をフェードアウトさせたり、もう少し深掘りすればいい人物描写を中途半端にしたりと酷いことこの上ない。もうこの演出方法だと、観ているこちらとしてはワザとやっているのではないかと疑ってしまうぐらいだ。

「王様ゲームで本当の王様を決める」というアイデアは無視したとして、王様ゲームを物語に盛り込むアイデアは非常に興味深いものがあるし、面白そうなキーワードや演者を集めているのだが、そのアイデアを具現化するに当たって、全く持って演出の方が具現化するレベルに至っていないというのが残念極まりない。石田卓也、芦名星、窪塚俊介、木村佳乃辺りはこの作品は人生の汚点の一つになってしまったのではないだろうか。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

ナタリー・ポートマン婚約&妊娠


Category: その他   Tags: ---
Natalie Portman Engaged AND Preggers!

Most Beautiful Faces

2008年世界で最も美しい顔にも選ばれたナタリー・ポートマンがフランス人振付師のバンジャマン・ミルピエと婚約し、妊娠もしていることを彼女の代理人が認めたとピープル誌が報じた。
  Rankingはこちら   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

名探偵コナン 天空の難破船


Category: 映画 ま行   Tags: ---
大味過ぎてコナンとしては難破しそうに

Lost_Ship

【Story】
世界中を股に掛けて宝石を狙う怪盗キッドのところに、大富豪・鈴木次郎吉からの挑戦状が舞い込む。世界最大の飛行船ベルツリー号の宝石“天空の貴婦人”を盗んでみろという次郎吉の申し出を知らされ、コナンや蘭、小五郎も駆けつける…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【簡易感想】
映画のコナンは大味になる傾向があるが、本作は大味中の大味の出来だ。コナンの持ち味である推理がほとんど皆無になってしまっている。折角の天空の飛行船という密室が用意されているにも拘らず、そこを巧く活かしきれていない。これではコナンというキャラクターなしでも成立してしまう展開だ(コナンというアイコンを使って作られた単なるアクション映画)。前回の黒の組織との対決と比較するとどうしても、細菌とかテロとか安易に海外ドラマなんかで啓蒙されているものをシチュエーションとして使い、低年齢化させた対象年齢の人たちでも耐えられる作りにした印象を受けた。つまらなくはないが鑑賞後にすぐに記憶から消えてしまうような作品だ。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

ソーシャル・ネットワーク


Category: 映画 さ行   Tags: ---
大きな代償

The_Social_Network

【Story】
2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【簡易感想】
実名でのアカウント取得が必須で、ネットでの匿名性が逸脱しているため、日本ではあまり馴染みがない世界最大規模のSNSであるFacebookの創設までを描いた作品。アイデアは机では生まれないと良く言うが、この世界的な大ヒットアイデアも主人公のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)が女性に振られるという出来事がきっかけに生まれていくのだ。物語はFacebook創設までを、親友との裁判の物語をクロスさせながら描いている。この映画を観ているとFacebookというネット世界固有のものに対して、ネット世界の隠喩としてこの物語を描いているのではないかと所々で感じられる演出が面白い。例えば主人公のマークの感情がほぼ描かれていないという点なんかは、文章としてネットで感情を伝えることがなかなか難しい点を表わしているようだし、この一つの物語の中に様々なファクター(映画的な要素としてハーバードの学生生活、裁判、サスペンス的なスリリングさなど)を散りばめていることなんかは、どんなものにでも繋がるネット世界のように感じさせるなど非常に隠喩的な面白さが伝わってくる。このような演出の面白さもさることながら作品としては今年度の映画賞レース幾多にノミネートされることからも分かるように物語としての深みも非常にあり見応え充分だ。そんな作品の親友との裁判がインサートされてくる演出からも想定できるラスト、Facebookという成功により世界中で約5億アカウントというWebで繋がる仲間及び、莫大な地位と資産を得られた引き換えとして、自分の身近な人たちを失う結果(ポスターの謳い文句)となった元凶であるFacebookのページ(誰のページかは伏せておく)を見つめるシーンが非常に物悲しく、まだ実際に成長し続けている反面の苦悩を訴える巧妙なものだった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

シュレック フォーエバー


Category: 映画 さ行   Tags: ---
太ったネコはツボ

shrek4

【Story】
フィオナ(キャメロン・ディアス)や子供と幸せな毎日を過ごす一方で、シュレック(マイク・マイヤーズ)は怪物として過ごしていた自由な日々を懐かしんでいた…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【簡易感想】
シリーズ毎にクオリティが下がっていくという、シリーズものの特徴を踏襲しながら進んで行ってくれる緑の怪物のアニメ映画。前回の余りにもひどい話からはだいぶ修繕してきたのだが、やはりパート1のレベルには全く届いていなかった。まあ2作目以降のシュレックが完全なるいい怪物になってしまっており、展開的には一辺倒になってしまうのはどうしようもないのだが、本作はその部分を逆手にとって今までの話を全てなかったことにしてしまうという暴挙に出る。ただ暴挙と言ってもおとぎ話がこの映画には散りばめられているので、そこは巧く繕うのだ。そんな今回は、家族で幸せに暮らす生活に嫌気がさしているシュレックの元に魔法使いのランプルスティルスキンが日常を覆す“契約”を結びに来る。まあ失うことで“愛”だの“友情”だのという部分の大切さに気付くという、子供向けアニメとしては及第点的な話。ただ及第点的な話のはずであり、展開もパート1とある意味同じものなのにアクションにしても、展開の深みにしても全体的には物足りないのが残念。しかも折角の3Dなのに、その魅力もユニバーサル・スタジオの方が楽しめるのだから笑ってしまう。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

トロン:レガシー


Category: 映画 た行   Tags: ---
ブルー&オレンジ&ブラック

Tron_Legacy

【Story】
デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)に父ケヴィンからのメッセージが届く…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
この映画の印象は何かと言われれば、間違いなく「ブルー&オレンジ&ブラック」と答えるだろう。しかも映画館の階段がブルーのラインで光っていたので、映画館に入ってから出て外の光を浴びるまで妙な感覚になってしまう。そんな色彩で描かれた世界は素晴らしいし、DAFT PUNKの音楽ともかなり合っているものの、期待の3Dが奥行き感だけの描写でしかなく、それ以上でもそれ以下でもない。アクションは同様なものが多投され途中若干目を“トロン”としてしまうような単調さも生み出してしまうのが残念(人間の慣れというのは恐ろしいし、遊園地のアトラクションが短い時間だから興奮を味わえることが切に分かってしまう)。全体的に世界観は間違いなく凄いと思えるが、『2001年宇宙の旅』や『スター・ウォーズ』など多くの過去SFのオマージュであるかのように感じてしまうため、『アバター』のような衝撃的な斬新さは感じられなかった。まあクオラを演じたオリヴィア・ワイルドが『The O.C.』の時に比べてかなり綺麗に描写されていたのがいい目の保養になったくらいか(クオラの髪型の方が良かった)。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

2010年世界で最も美しい顔ベスト100


Category: その他   Tags: ---
MOST BEAUTIFUL FACES 2010

Most Beautiful Faces

米国映画専門サイト「インディペンデント・クリティクス」が「MOST BEAUTIFUL FACES 2010」を発表しました。このブログでも押しているシャーリーズ・セロン、キーラ・ナイトレイの順位は下記で。
  Rankingはこちら   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

シャーリーズ・セロンと2万ドルでデート!


Category: シャーリーズ・セロン   Tags: ---
Charlize Theron's $20,000 Date Night

Charlize Theron

シャーリーズ・セロンが、彼女と一緒にバスケットボールの試合観戦ができるデートの権利をチャリティ・オークションに出品し、2万ドルで落札された。
  more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

キック・アス


Category: 映画 か行   Tags: ---
ヒット・ガールとレッド・ミストの共通点

Kick-Ass

【Story】
コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、“キック・アス”として活動を始める…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【簡易感想】
なぜブラッド・ピットがと考えるとアンジェリーナ・ジョリー繋がりとしか思えない。彼女が出て話題になった『ウォンテッド』の原作者の作品を、ブラッド・ピットがプロデュースしているのだから。しかもそれだけならまだしも、アメコミオタクのニコラス・ケイジがバットマン風情で登場するのだからこれは観る前から心躍る作品だ。ストーリー自体はダメな主人公がヒーローになるという単純明快な話なのだが、本作のヒーローはクモに噛まれるわけでも、超人スーツを着るわけでもなく、ほぼ生身の人間。ヒーローなりたて時にはボコボコにやられて瀕死の状態。ただこのヒーローに憧れる少年デイヴが一般人と違うのは超ポジティブと言うところ。瀕死になりながらも体に入れられた金属がウルヴァリンのようだと喜ぶのだ。そんな超ポジティブ少年とある事件をきっかけに出会ったのが、ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)とそのオヤジことビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)。彼らはフランク(マーク・ストロング)に復讐のためだけにヒーローに扮して、フランク一味を日夜一網打尽に退治していたのだ。この退治という名の虐殺、まあ百歩譲っておっさんのニコラスが残虐殺人を行うのならいいのだが、この作品がR指定を食らうのは間違いなくヒット・ガールこと少女のクロエがいい大人を一網打尽にする残虐な姿があるからだろう。ビッグ・ダディに拳銃で撃たれる(勿論防弾チョッキを着ている)というセンセーショナルなシーンからも分かる通り、今までの子役が演じていたどんな役よりもインパクトが強い。そんな彼女を観るだけでも一見の価値がある。ヒット・ガールが活躍するアクション中心な単純話の中にも、レッド・ミストとヒット・ガールというキチガイ親父を持った子供たちの波乱さがあったり、主役のキック・アスが意外にインパクトなかったり(最期は活躍するが)と単純なアメコミにしては妙に魅力的に仕上がっていた作品だった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
12 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

11

01


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。