Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁


Category: 映画 か行   Tags: ---
臼井儀人に捧ぐ

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

【Story】
しんのすけの花嫁だというタミコが、未来都市ネオトキオからタイムマシンに乗ってやって来る。タミコは、未来のしんのすけがネオトキオの独裁者・金有増蔵に捕まってしまったため、5歳のしんのすけの力を借りたいと言う…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
未来のしんのすけを救うためにしんのすけの花嫁タミコと共に未来へ向かった子供のしんのすけ一行が頑張るという展開で進む本作。未来へ行く云々、未来の描写はいいとして、しんのすけと花嫁タミコがお互いを好きになる理由が不明確だったり、固まったしんのすけが復活する理由が不明確だったり、OBAKAパワーとは一体・・・など毎度のことながら突っ込みどころは満載。ただこの作品に至っては、マイケル・ジャクソンへのリスペクトよりも、女芸人(毎度毎度の下手な声優)を意味もなく使った大人の事情よりも、エンドロール後に空に浮かぶ原作者である臼井儀人への「臼井儀人先生に感謝をこめて」という一言が何よりも印象的な作品だった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

スカーレット・ヨハンソンがGQ誌のベイブ・オブ・ザ・イヤーに


Category: スカーレット・ヨハンソン   Tags: ---
Babe of the Year: Scarlett Johansson

Scarlet_GQ

米国版GQ誌の“今年を代表する美女”にスカーレット・ヨハンソンが選ばれた。
  more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

さんかく


Category: 映画 さ行   Tags: ---
破滅への触媒

さんかく

【Story】
同棲生活を送る倦怠期カップルの百瀬(高岡蒼甫)と佳代(田畑智子)の家に、夏休みを利用して佳代の中学生の妹・桃(小野恵令奈)が住み着いてしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
中学生の女の子にいい大人が引っ掛かった結果ストーカーが2人になりましたというのが概略。同棲するカップルの暮らすアパートに妹が遊びに来て、小悪魔的な要素が触媒となり、倦怠気味の2人を一気に終息へと向かわせる反応を起こさせ、その副産物がまあストーカーというわけ。ストーカーの一人は宮崎あおいと不仲の噂はあれど続いている高岡蒼甫演じる釣具店店員の百瀬で、もう一人は百瀬の恋人佳代(田畑智子)。百瀬は佳代の妹の桃(小野恵令奈)にストーカーを、佳代は百瀬にストーカーをと、まさに“さんかく”関係。各々が痛いキャラなので余計にストーカーと化してからのストーリーが余計に痛々しい。痛々しいこの物語には3人の登場人物が出ているので、どの人物に肩入れするかで感じる物語がガラった変わるところもこの物語の面白さなのであろう。因みにこの作品を観る男なら、桃が一番印象に残るはず。個人的にAKB48の娘自体は可愛いとは思わないが、彼女の演じた幾つかの態度は、ある意味反則的に感じる部分があった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

キス&キル


Category: 映画 あ行   Tags: ---
最近公開のあの作品を意識?

Killers

【Story】
お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、旅行先の南フランスで理想の男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会い、あっという間に結婚してしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
最近隣人とちょっとした喧嘩をしたキャサリン・ハイグルとアシュトン・カッチャー主演のアクションコメディ。先日公開されたトム・クルーズ&キャメロン・ディアスの『ナイト&デイ』と完全に方向性が被ってしまうという凡ミス。さらにはアクション等も『ナイト&デイ』と比べると若干落ちると感じるところがある作品だ。話はスパイのスペンサー(アシュトン・カッチャー)に一目ぼれしたジェン(キャサリン・ハイグル)は彼がスパイと言うことも知らずにあっという間に結婚してしまう。しかし結婚を機にスパイを抜けたはずのスペンサーを何者かたちが襲ってくるという展開。話はこれでもかというぐらいのテンプレート通りなのでここでは敢えて言及しない。アシュトン・カッチャーの裸体&アクション、キャサリン・ハイグルのバカっぽい演技などが見どころであろうことから彼らのファンならば100分間幸せな気分になれる作品だろう。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

デイブレイカー


Category: 映画 た行   Tags: ---
食糧危機に対しての揶揄?

DAY BREAKER

【Story】
人類のほとんどがヴァンパイア化した未来。ヴァンパイアは不老不死であるが人間の血液を取り込まないと凶暴化してしまう。そんな中、ヴァンパイアの血液研究者エドワード(イーサン・ホーク)は、絶滅寸前の人間に危害を与えずに済む代用血液の開発に奮闘するが…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
イーサン・ホーク主演のヴァンパイア映画。この映画の世界では、人間がヴァンパイアの食糧となり絶滅寸前。ただヴァンパイアが直接噛めば人間はヴァンパイアになってしまうし、ヴァンパイアは人間の血を摂取しなければサブサイダーという化け物に変わってしまうという、まさに現代の食糧危機を揶揄したような設定。ヴァンパイア映画は完全にやり尽くした感があるが、なんともこの設定は面白い。そんな物語は代替え血液でヴァンパイアの化け物化を乗り切れないことを知ったエドワードが、人間と協力してヴァンパイアを人間に戻る方法を探しだすという展開になっていくのだ。まあ血液研究者エドワード(イーサン・ホーク)を含め登場人物の関係性が意外に面白く飽きずに観ていられるが、ヴァンパイア映画なので“日”以外にも十字架などの弱点は出てこないのかなと思ってしまった。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

妖精ファイター


Category: 映画 や行   Tags: ---
ドウェインのコスプレ

Tooth Fairy

【Story】
デレク(ドウェイン・ジョンソン)はマイナーリーグのアイスホッケー選手で、敵選手の歯を抜くほど猛烈なアタックを仕掛けることから“トゥース・フェアリー”というニックネームで呼ばれている…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
日本では抜けた歯を屋根や床下に投げるなんていう事が口頭伝承されているが、欧米では抜けた歯を枕元に入れておくとコインに交換してくれる妖精がいるという迷信がある。それをモチーフとして描かれたのが本作だ。まあ話としてはドウェイン・ジョンソン演じるアイスホッケー選手のデレクは夢を見ない大人で、トゥース・フェアリーの存在を否定したことから、自分がトゥース・フェアリーになってしまうという、サンタクロース映画と同様に、こういう迷信を馬鹿にした大人が罰を受けるというような展開。話自体はテンプレート通りに展開されるのでこれと言った目新しさはないが、ドウェイン・ジョンソンが妖精を演じるというビジュアル自体が何ともバカバカしい。性格と容姿の差は一見の価値がある。それにしても邦題の“妖精ファイター”って・・・どうなのか。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

フィリップ、きみを愛してる!


Category: 映画 は行   Tags: ---
詐欺よりも凄い脱獄の才能

I LOVE YOU PHILLIP MORRIS

【Story】
愛する家族より自分らしく生きることを選んだ警官のスティーヴン(ジム・キャリー)はボーイフレンドと派手な生活をするために詐欺師となり、あえなく刑務所行きに。そこで今度はフィリップ(ユアン・マクレガー)に一目惚れする…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
ミルク』でも感じたことだが、ノンケの人間が“ゲイ”を演じる姿を見て、本当のゲイのように感じられるのだから、ハリウッドの一流俳優は“ゲイ”達者だなあとつい思ってしまう。本作もまた同様で、ジム・キャリーとユアン・マクレガーのゲイ演技がとても自然体であるが故に、妙に引き込まれる話となっている。話はゲイに目覚めた警察官のスティーヴン(ジム・キャリー)がボーイフレンドとの生活を満喫するため詐欺師となってしまうというもの。勿論のことすぐに捕まり、刑務所収容。しかしそこで出会ったフィリップ(ユアン・マクレガー)に一目惚れしてしまう。恋は盲目とはよく言ったもので、フィリップを幸せにしたい一心で、スティーヴンは脱獄+詐欺活動の活発化していくのだ。ゲイという色眼鏡を通して見ると奇異さを感じるが、そういったものをなしで見ると非常に良くできたラブストーリーとなっている。この物語が実際の人物を元に作られたというのだから余計に驚かされる。もしかすると今もなおスティーヴンは脱獄しようとしているかも?
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
11 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。