Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009年BEST&WORST MOVIE


Category: 年間映画トップ10   Tags: ---
2009年BEST&WORST MOVIE

毎年恒例(?)の独断と偏見による管理人の映画ランキング発表!

Rankingはこちらから!



スポンサーサイト
テーマ : 映画    ジャンル : 映画

(500)日のサマー


Category: 映画 か行   Tags: ---
涙の数だけ強くなれる

(500)DAYS OF SUMMER

【Story】
グリーティング・カード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【感想】
ラストはある意味読めた!

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ピンクパンサー2


Category: 映画 は行   Tags: ---
火事の天丼

The_Pink_Panther2

【Story】
謎の怪盗トルネードにより大英図書館、イタリアの教会、日本の京都から貴重な所蔵品が次々と盗まれる。その捜査のため各国から精鋭たちが集められ、ドリームチームが結成される…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
スティーヴ・マーティン版ピンクパンサーの第二弾。故ピーター・セラーズの代表作であるが故に一朝一夕の俳優ではどうしょうもない作品になるだろうが、そこはスティーヴ・マーティン流石の演技。もうお馴染みのピンクパンサーのテーマが始まれば、あの世界に一気に引きこまれ、クルーゾー警部のキャラ全開で、火事ネタ、差別ネタなど天丼(繰り返し)を駆使して何度も笑わせてくれる。脚本的にはコメディなので甘さも目立つが、前作ネタからきちんと回収される伏線もあるので、基本的にはこれでOKだろう。お正月休みにまったりと観るにはちょうどいい一本だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

シャーリーズ・セロン、チャリティー用の靴をデザイン


Category: シャーリーズ・セロン   Tags: ---
Theron Created TOMS Shoes for Helping Africa Children

Theron

女優のシャーリーズ・セロンが、母国の南アフリカを支援するプロジェクトの一環として、米シューズメーカーのTOMSシューズとコラボし、チャリティー用の靴をデザインしました。

  more...の前にRanking


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

ティンカー・ベルと月の石


Category: 映画 た行   Tags: ---
まずは謝罪を

TINKER BELL AND THE LOST TREASURE

【Story】
人間の世界に四季を届ける使命を果たすため、秋の準備に取りかかるティンカー・ベルら妖精たち。ある日ティンカー・ベルに、妖精たちの宝物“月の石”を納める“聖なる杖”を作る使命が下る…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
生意気でドジな金髪が妖精の宝物である“月の石”を壊すことで物語が展開する本作。何といっても本作のテーマは“友情”。これでもかというぐらい“友情”の大切さを問うている。ただこのテーマ、前作の“自分を知る”というテーマ性に比べると若干退屈。キャラクターがたくさんいるにも拘らず、テレンスとティンクの絡みがメインで後は基本放置(蛍は別だが…)であり、しかもテレンスの扱いにしても最期現れる辺りの唐突さなんかを含めディズニー作品にしては粗さが目立つ。さらに物語的には、月の石を壊したことに対して、万事上手くいったからOKみたいに仕上がっていたが、子供が観るのだからまずは謝ることを伝えるように仕上げるべきだったのではと思ってしまう。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

アバター


Category: 映画 あ行   Tags: ---
宮崎世界を3Dで

Avatar

【Story】
下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【簡易感想】
キャメロンと言ってもディアスではない監督の方のジェームズ・キャメロン最新作は、ベトナム戦争に宮崎世界を組み合わせたものを3Dで描いた作品だ。人間は元来、土地や金品などを奪うために戦争という愚かなものを繰り返してきたが、人間が今回惑星パンドラへ行く理由は、ダイヤなんて目じゃない高価な鉱物を原住民から奪い取るため。ただこの惑星のナヴィ族という原住民が、はいそうですかと鉱物を渡してくれない。そこでナヴィと人間のDNAを掛け合わせてアバターという人間が遠隔操作するためのものを作り上げ、どうにかしようとするのだ。まあ『タイタニック』でもそうだったが、今作もこの監督の作品は取り分けて捻りはなくベーシックな展開(途中時間の関係で、女性兵士がジェイクの仲間に急になるなんてことを含め2,3あれ?と思うところもあるが…)で進んでいくし、言いたいテーマもストレートで分かりやすい。ただそんなことはこの作品ではある意味どうでもいい。本作で監督が見せたいのは何と言っても映像。あの3Dメガネのせいで画面の暗さによる映像美の若干の半減や重さによる疲れなどもあったのも事実だが、それを差し引きしても今までの3D映画のように観客をただ驚かすために3Dを使うというものではなくなり、あの世界観へ誘う最高の手段となっているのだ。宮崎映画の世界のような幻想的な世界や、ジェームズ・キャメロンお得意の戦闘シーンでは3Dの威力抜群。まさにこういう映画こそ映画館で観るべき映画なんだろう。最期に映画の内容とは直接関係ないのかもしれないが、シガニー・ウィーヴァーがアバター(エイリアン役)をやるなんてのは狙いに違いないとついつい思ってしまった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ハリー・ポッターと謎のプリンス


Category: 映画 は行   Tags: ---
謎のプリンスは謎ではなかった

HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE

【Story】
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)はダンブルドアの旧友ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を学校に迎え入れる…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
幼かったハリーも今や麻薬を吸うぐらい大人になってしまっており、もう正直ハリー・ポッターとして限界さが出始めている。しかしあと2作なので今さら変えるわけにもいかず困ったことに・・・。ビジュアルでいい大人達が惚れ薬で騒ぐんだから展開的に目に余るし、惚れ薬のドタバタ100歩譲っていいとしても、微妙なキャラたちがハリーのことが好きだの、ロンが好きだの言われてもイマイチピンとこない。さらにそこへ来てハーマイオニーがなぜだかロンに好意をもつというビジュアル的に有り得ない展開を描くんだから、目でも頭でも理解し難い。ただそんな幼稚なロマンスもあるにはあるが、それ以外の部分ではラスト2作へ向けて巧く作ってあるように思える。大ボス・ヴォルデモートのルーツや弱点をきちんと描いているし、あの人の死も扱っているし、今までの作品の嫌なキャラたちはヴォルデモート側に付くように作っているし、長時間作品にしては展開的に退屈させないようにしているように感じた。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国


Category: 映画 か行   Tags: ---
オトナを踏襲した動物

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国

【Story】
カスカベの街では地球に優しいエコロジー活動が盛んになり、しんのすけも地域のゴミ拾いをするようになる。ある日、おいしそうなドリンクを拾ったしんのすけは大切に家に持ち帰って冷蔵庫で冷やしていたが、のどが渇いていた両親が飲んでしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』というクレヨンしんちゃん映画でも1、2を争う良作があるが、本作の構成はかなりその作品に類似している。勿論のことテーマや詳細は違うが、家族の絆やしんのすけの両親の思考がおかしくなることを含め、『嵐を呼ぶ~』を観たことある方ならどこかで観たようなという感覚に駆られるだろう。さてそんな本作のテーマは“行き過ぎたエコ・ブーム”に対する批判。クレヨンしんちゃん映画は元来大人向けに作られているため、本作も痛烈に批判している。劇中でのひろしの「それはエコじゃなくてエゴだ!」なんてものはまさにエコを商売にするものを含め、エコを盾にしている組織・人間への万人が思っている意見だ。そういう批判などを説教臭くならないように、クレヨンしんちゃんならではのギャグと混ぜながら巧く提示しているのだからアニメもなかなか侮れない。脚本のベースがクレヨンしんちゃんの傑作を踏襲しているのである程度のものはできるのだが、ただどこかで観たようなという感覚はあるし、エコに対するものが無駄遣いというのも安直過ぎて脚本の甘さみたいなものを感じたのも事実だ。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

2012


Category: 映画 な行   Tags: ---
良くも悪くもエメリッヒ

2012

【Story】
リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は子どもたちとの旅行を楽しんでいた。そんな中、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【簡易感想】
これぞパニックムービーという映画館用の60分映画。前半に繰り広げられる、主人公一家が地割れや溶岩から紙一重で逃れるシーンのCGの凄さは正直楽しかったが、そんなもんも話が一辺倒だとすぐに飽きてくる。この話、2012年のマヤの予言をテーマとしているはずだが、その手の研究をしている人は出てこず、怪しいおやじだけでは説得力に欠けるのは難点だし、というかそもそもこの映画の脚本がひどいので突っ込みすらバカバカしく感じる(携帯然り、噴煙然り…というかラストの方舟のネタばれには・・・)。何も考えずに映像を楽しみたい”考えるより感じろ”タイプの人だけはお勧めするがそれ以外は敢えて…。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ロフト.


Category: 映画 ら行   Tags: ---
押尾事件・イン・ベルギー

Loft

【Story】
建築家のビンセント(フィリップ・ペータース)、精神科医のクリス(ケーン・デ・ボーウ)ら5人は、マンションのペントハウスを共同で使用している。ある朝、その部屋でルク(ブルーノ・ファンデン・ブロッケ)がベッドで手錠をかけられた女性の死体を発見する…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【感想】
ベルギー国民の10人に1人が観たと言う良質なサスペンス映画。チョコレートだけかと思ったら、こんな作品まで作ってくれるんだからベルギーもなかなか侮れない。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

カールじいさんの空飛ぶ家


Category: 映画 か行   Tags: ---
どうにかほしい本作のバウリンガル

UP

【Story】
いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功する…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【簡易感想】
『UP』なんて原題なので、最後は天に“UP”するのだろうと観ていたが、そこはピクサー映画。この作品と同様にアジア少年と白人爺さんの触れ合いを描いた『グラン・トリノ』の最期のように天にはUPされずSTAY。勿論カールじいさん達を追い詰めた冒険家(悪)の最期にまで、風船を付けてDOWNさせるという故意に“死”を使わないという徹底した物語構成は、子供から大人まで観るアニメーション作りのお手本だ。ただ“死”をことごとく嫌うピクサーが本作では故意な死ではなく冒頭のエリーの死という自然死へと繋がる展開を用意している。この一連の展開こそがこの物語での初めの泣き所(≒物語へと引き込む流れ)になっており、ピクサーが初めて人間をメインで映画を造った本意のようにも感じた。話としては妻の死を悲しむ展開から発展していき、気付くと冒険アドベンチャーへとまさにピクサー映画という進みをしていくが、単純なストーリーの中にも家が空へと舞い上がる風船なんかは『赤い風船』を彷彿とさせる見事さを持っているし、カール爺さんの杖の抜け目ない使い方を始め、幾つかの道具が物語のキーに必ずなっているという脚本の素晴らしさなどにはただのアニメ映画ではないとついつい思わせられる。勿論リアルバウリンガルを始め、風船で飛べるのか?なんていう根本の突っ込みもあるだろうが、そこら辺の話はアニメーションでするのは野暮というものだろう。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

11

01


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。