Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



イングロリアス・バスターズ


Category: 映画 あ行   Tags: ---
ブラピよりもランダ大佐

Inglourious Basterds

【Story】
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【簡易感想】
冒頭から『パルプ・フィクション』を彷彿とさせるランダ大佐と農夫の会話での対峙シーン。勿論会話をしている2人の内容やキャラ、勿論舞台はまったく異なるのだが、久しくタランティーノ作品で味わっていなかった緊張で一気に観客を物語に引き込む。そんな映画の内容も流石タランティーノという感じで、史実なんて知ったことかと言わんばかりに、とことん映画というエンターテインメントへ突っ走っていた。監督がタランティーノなので、エンターテインメントといっても単純なドンパチ戦争映画になんかするわけではなく、会話や映像などにかなり細工をすることで、普通に進めれば120分(ないしはもっと短く)くらいで終わる話を回り道しながら152分という長尺へと作り込む。ただこの長尺は長いという感じは一切ないし、最後に綺麗に纏まるのだから流石タランティーノと思える。それにしてもタランティーノが戦争映画を作るとここまで面白いものになるのかと思ってしまう。戦争映画と言えば日本人には登場人物の区別が難しくなるのが問題点であったが、そこはキャラクター各々に抜群の個性を持たせることでカバーしてあるし、戦争映画の男くささという苦手な人も多いであろう部分なんかは、ダイアン・クルーガーとメラニー・ロランという女優を効果的に使うことで華やかさを出すことで暑苦しさを補正していた。間違いなくここ数年のナチスを扱った戦争映画の中でも上位に入ってくる良作だ。タランティーノ嫌いの人でも見る価値は十分ある作品だろう。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

名探偵コナン 漆黒の追跡者


Category: 映画 ま行   Tags: ---
追跡者は誰を指す?

コナン

【Story】
東京を中心に6件の広域連続殺人事件が発生したため、目暮警部を筆頭に、各県の刑事たちが捜査会議に参加していた…。

評価 ★★★☆☆(3.2P)

【簡易感想】
本作で劇場版も13作目。このシリーズはGW頃の恒例行事だが、私はわざわざ劇場へは向かわず秋から冬にかけて毎年観るのが個人的な恒例行事となっている。本作の最大の見所は間違いなく“コナンV.S. 黒の組織”だろう、特にラストの東都タワーでのヘリコプターでの乱撃シーンの迫力はここ数作のコナン映画の中では最も素晴らしいシーンであった。ただ実際の話、本作はそれ以外凡作といったところ。登場人物の多用と黒の組織を絡めた緊張感でストーリーの凡庸さと、今作の最大のミスと言われているキーパーソンにゲスト俳優(DAIGO)を使った点をカモフラージュしようとしている感が出ていて残念だった。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

ブライダル・ウォーズ


Category: 映画 は行   Tags: ---
過度な演出

BLIDE WARS

【Story】
幼なじみのリヴ(ケイト・ハドソン)とエマ(アン・ハサウェイ)は、人生の幸せな時もそうでない時も、いつも一緒に過ごしてきた親友同士。そんな2人は婚約さえも偶然に数時間差で同じ日にし、それぞれの結婚式の計画をし始めたが…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
親友2人の結婚式の日時・場所がバッティングしたことで起こる醜い足の引っ張り合いを描いたコメディ。コメディなのでラストはWウェディングでメデタシメデタシと思って見ていたら、良い悪いは別として、終盤でリヴの兄貴が唐突にエマに絡んでくるという伏線で見事予想を裏切ったラストになってくれた(こういうラストはなんだかアメリカらしい)。
この映画の見所はお互いの足の引っ張り合いなんだろうが、映画故の誇張は仕方がないとしても、親友同士だったのに“結婚式”というものに対する執着だけでここまでやるのかとついつい思ってしまう。だいたい肌の色や髪の色辺りは見ていて笑えるというか呆れてしまうし・・・。しかも呆れてしまうこのウォーズの行為は法律的には不法侵入や名誉毀損など完全アウトなものであるが、その行為をやっている本人たちの片方(ケイト・ハドソン)は弁護士だし、もう片方は倫理を教えなければいけない先生というのだから、なんとも製作者側の安易さみたいなものが垣間見えてしまい余計に笑えなくなった。テーマ的に本当の自分を見つけ出すなんてことや、真の友情とはなんてことを言いたいのだろうが、これらのテーマへ向けて無理やり集約させたようで作品の完成度としてはイマイチ。このレベルだとアン・ハサウェイが出ているからとか、ケイト・ハドソンが出ているからという程度の話で観るにはきついだろう。

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

サイドウェイ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
ワインと人生

SIDEWAYS

【Story】
作家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)と売れない役者のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、ジャックの結婚祝いを兼ねてカリフォルニアのワイナリーを巡る旅に出発する…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
冴えないおっさん2人がカリフォルニアのワイナリーへと旅に出て、そこで知り合った女性と親しくなり…という話。美味しいワインには熟成が必須であるのと同じように、人間にも熟成というものが必須。ただ人間の場合は樽の中で何年も保存するなんてニートをさせていたら、人間的に熟成されるものも熟成されない。だからこそ、人生という樽の中で色々な経験を積むということが人間的熟成へと繋がると説いているのだろう。今回の脇道(サイドウェイ)に逸れるような旅はまさに、浮気やウジウジしている性格なんていうものを、若いワインの渋さを消却させていくという熟成行為になぞられて描いているようにすら感じる。こういう作品は自分がもっと年をとり、主人公たちと同年代にならないと正当な評価はしづらいのかもしれないが、カリフォルニアの雰囲気や小粋なセリフなんかでそこそこ楽しめた作品だった。それにしてもワインが非常に飲みたくなる作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

ICHI


Category: 映画 あ行   Tags: ---
雑頭市

PUSH

【Story】
三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は、一風変わった浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
盲目の綾瀬はるかが可愛い顔して襲いかかってくる野郎どもを斬っていくという設定から、本作は”女版座頭市”と言っているが、せいぜいフューチャリング座頭市という感じだ。『座頭市』と言えば切っても切り離せないものが殺陣。その殺陣の良し悪しである意味デキの半分以上が決まると言っても過言ではない。ただ本作に限ってはどうも頑張っているなあというレベルにしかなっておらず、その時点で面白さは半減。さらにプロットにおいて、主役であるはずの市(綾瀬はるか)の話に途中から藤平十馬(大沢たかお)の話がかなりインサートされてくるため、折角の盲目のヒロインを活かす話としてはイマイチ(しかも十馬の話が雑に作られているから余計)。時代設定や盲目という点で、なんであんなに化粧バッチリ??など突込みどころはあったが、そんな突っ込みを入れたくなるほど綾瀬はるかはかなり綺麗に撮れているし、一生懸命頑張っているので彼女のファンならOKの映画だろう。それにしても窪塚洋介は久しぶりに観たが相変わらず窪塚洋介だなあとついつい観ながら思ってしまった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

PUSH 光と闇の能力者


Category: 映画 は行   Tags: ---
ダコタ≒安達

PUSH

【Story】
念動力を持つニック(クリス・エヴァンス)のもとに、未来予知力を持つキャシー(ダコタ・ファニング)が現われる…。

評価 ★★☆☆☆(2.4P)

【簡易感想】
MOVE(物を動かす)にWATCH(未来予知)、PUSH(記憶を埋め込む)と超能力を作中では扱っているが、同じ超能力を扱っている作品の『X-MEN』や海外ドラマの『HEROES』に比べるとアクションも内容もかなりのスケールダウンは否めない。しかも続編を作る気満々で作り上げたような脚本のためか、登場人物の設定の甘さが目立ってしまい、それが底の浅さを生むという悪循環。登場人物の特殊能力を使ったバスルームのシーンなどで観客の笑いをとるところ(*ここら辺のシーンが本作のあのCMに繋がったのか?)は面白さがあったが、それ以外は全くもって面白さすら感じられない作品。キャスティングは良かっただけに非常に勿体ないデキ。キャストと言えばどうもダコタが所々で私は安達夕実に見えてしょうがなかった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

セブンティーン アゲイン


Category: 映画 さ行   Tags: ---
やっぱりザックはハイスクール

17again

【Story】
高校バスケット・ボール部のスター選手して活躍するも、恋人の妊娠を機にすべてを投げだしたマイク・オドネル(マシュー・ペリー)は、過去の栄光の日々とはほど遠い生活を送っていた・・・。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【簡易感想】
私もそうだが多くの人が、今の知識・経験値を持って過去に戻れたらなあなんて思ったことがあるに違いない。完璧なんてものがない以上、この望みというものはある種普遍的なものである。普遍的なテーマであるということは、映画というエンターテインメントにおいて使われないわけがなく、今まで過去に戻ってやり直すなんて映画は数多作られている。例えばこの間観たシリーズの『バタフライ・エフェクト』なんかもそうだし、『タイムマシン』なんかもその手の類だろう。ただ本作はそれらとは少し設定が異なり、いい歳のおっさんが体だけ17歳に戻るという設定なのだ。プロットは高校時代バスケ部のエースで将来を期待されながらも、恋人が妊娠したことでバスケを断念した経験を持つ男マイクが、アラフォーの今では仕事も結婚もダメになってしまっていた時に、突然17歳に戻ってしまい、人生の再起を決意し奮闘するというものだ。物事を達観するからこそ本質が見えてくるという描き方が巧く、テンポよく観る人を飽きさせない。若干ザック・エフロンのPV的にも見えなくないがそれを差し引きしても定番なストーリーながら良くできていると感じた。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

パイレーツ・ロック


Category: 映画 は行   Tags: ---
ジョニーは出ないパイレーツ

THE_BOAT_THAT_ROCKED

【Story】
素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)のいる船に乗ることになる…。

評価 ★★★☆☆(3.9P)

【簡易感想】
パイレーツと言えばカリビアンを真っ先に思い浮かべる人も多いだろう。ただ本作にはビル・ナイは出てもジョニーは出てこない。そんな本作は今のように音楽をネットや、街中なんかで容易に聞けなかった1966年のイギリス。しかも国自体がロックは“悪”的な考えで規制をしている始末だ。ただ規制されようが好きなものは好きという輩は出てくるもので、海上(法の適用外)に船を浮かべロック好きの人たちのため(半分は自分か?)に海賊放送を24時間放送するDJが現れる。何といってもこの作品で面白いのは海賊放送をするDJたちの愛すべきキャラだ。このラジオ船のオーナーであるクエンティン(ビル・ナイ)や、アメリカ人DJでFワード好きなザ・カウント(フィリップ・シーモア・ホフマン)、さらには伝説のカリスマDJギャヴィン(リス・エヴァンス)など非常に個性的。特にそんなキャラたちの中でもザ・カウントとキャヴィンが自分のプライドを掛けて子供のように船の最上部へ登って根性試しをするシーンなんかは音楽選びも含め最高だ。勿論その他のキャラも高校退学の更生のために来た青年の成長(性長?)を見せてくれたり、サイモンの結婚詐欺があったりとメチャクチャな人間たちの血の通った物語が観ているこちらをフィットした音楽に合わせて楽しませてくれる。ただ・・・『タイタニック』風な展開になってからはこの作品は頂けない。ラジオ船の終焉と船の沈没をリンクさせて描きたかったのだろうが、沈没へ至る過程がどうも丁寧に感じない。音楽の選曲(冒頭の「All Day And All Of The Night」は最高!)やビジュアルなど凝って作られているのに、最後に無理やり映画を終わらせようという脚本の詰めの甘さが露呈してしまったように感じた。その辺をもう少し丁寧に描いてくれたら、間違いなく今年上位の作品になったかもしれない。それにしてもこの時代ならビートルズを流してもいいと思うのだが・・・大人の事情??
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
11 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。