Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



グラン・トリノ


Category: 映画 か行   Tags: ---
イーストウッドのトリの最高傑作

gran_torino

【Story】
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた…。

評価 ★★★★☆(4.8P)

【感想】
某アジアの国ではこういう映画はスルーか?

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking


スポンサーサイト
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

キーラ・ナイトレイがDV被害?


Category: キーラ・ナイトレイ   Tags: ---
Keira Knightley Stop Domestic Violence

Keira_DV

キーラ・ナイトレイの衝撃的な映像が作成されました。

 more...の前にRanking


テーマ : 俳優・女優    ジャンル : 映画

おくりびと


Category: 映画 あ行   Tags: ---
16年ぶりにシコふんじゃった?

おくりびと

【Story】
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事だった…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
本木雅弘演じるリストラチェロ奏者が再就職した先は納棺師。“納棺師”とは遺体に死に化粧をして納棺の儀をする職業だ。冒頭から本木雅弘が行う所作は非常に優美であり、こういうのをまさに匠の仕事というのだろう。特に指の使い方が巧く、本木の前職業がチェロという伏線がいきなり効いてくる結果となる。ただ元来日本では、“死体”を扱う仕事というのは得てしてマイナスイメージが伴う、それは隣との距離感が狭い田舎ほど強くなり、本作でも納棺師になった本木へは、友人・妻に至るまで風当たりが強くなっていった。ただ大悟は風当たりとは反比例的に納棺師という仕事に対して誇りをもっていき、後に離れていった友人・妻も納棺という仕事の必要性を理解するのだ。
こういう作品がアカデミー賞で評価される理由は分かるし、多くの人の心をつかむ理由も理解できる。個人的にオスカーを取ったからこの作品を観たと言うのが正直な理由だ。ただ個人的にはやはり滝田洋二郎作というものの苦手さは払拭できなかった。『秘密』でもそうだったが、どうもこの人の作品の演出はくどく、それによってテンポが若干悪く感じる。素直な人がこういう作品を観ると一気に感情移入できテンポ云々は意識しないのだろうが、私のように捻くれている人間はどうも若干のテンポの悪さで一気に醒めてしまった。それに出演者に関しても、素晴らしい演技で作品を締めているのはいいのだが、若干1名がこの作品には合わない様に感じた。これは日本アカデミー賞でも証明されていることだが…。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif
 more...の前にRanking


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
04 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

03

05


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。