Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



D-WARS ディー・ウォーズ


Category: 映画 た行   Tags: ---
ドラゴンさえあればプロットなどいらない!

D-WAR

【Story】
ロサンゼルスにクリーチャーが突如現れ、街中を破壊し尽くしていた。現場を取材していたリポーターのイーサン(ジェイソン・ベア)は、この惨事が少年時代に聞いた500年前の伝説と関係するのではないかと思い出す…。

評価 ★☆☆☆☆(1.6P)

【簡易感想】
NYタイムズの「ドラゴンさえあればプロットなどいらない」という文が、まさにぴったりな韓国製米国映画。CGを駆使した米軍と恐竜のような怪獣たちが必死こいてL.A.で戦うシーンの迫力はそれなりにあるし、最後の巨大ヘビ同士の闘いは、『トランスフォーマー』のような“どっちがどっち”だという分かりづらさはあるにしろ、それなり(*ここ重要)に観ることができた。ただ映画はCGだけで作るものではなく、ストーリーや俳優など、構成部分として重要となるものがあることをこの監督はたぶん知らないのだろうと感じるくらいの酷さが溢れていた。だいたいストーリーはご都合主義が甚だしいし、役者には魅力どころか、演技力すら感じない。その他の部分も笑いというか苦笑という言葉で表現するのがふさわしい演出の数々…。なんでもこのクソ作品、韓国の2007年観客動員数1位作品らしく、さらに言えば歴代でも5位に入るヒットを記録した作品らしい。まあこんな駄作がヒットするうちは、韓国のウォン安なんかはいつまでたっても止まらないだろう!!Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



スポンサーサイト
テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画

猟奇的な彼女 in NY


Category: 映画 ら行   Tags: ---
なんとも弱い猟奇性(N.Y)

My_Sassy_Girl

【Story】
地下鉄のホームでチャーリー(ジェシー・ブラッドフォード)は酔ったジョーダン(エリシャ・カスバート)が線路に落ちそうになったところを助ける。そんなジョーダンをチャーリーはベンチに置いたまま立ち去ろうとするが放っておけず、自分の寮の部屋まで連れて帰ってしまう…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【感想】
老人には席を譲りなさい!

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

アフタースクール


Category: 映画 あ行   Tags: ---
公務員をなめるな!

After_School

【Story】
母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【簡易感想】
秀逸な脚本で観る人を驚かせてくれた『運命じゃない人』の内田けんじ監督作品。多くの伏線を入れ、観客をミスリードし、ストーリーを展開させることで、後半一気に観客を驚かすというのがこの監督の手法であるが、本作日至っては、この方向性はあるにしろ若干の物足りなさを感じてしまった。今回の監督のミスは、神野(大泉洋)が中学時代の同級生と称する探偵(佐々木蔵之介)を簡単に信じるという、公務員の設定の甘さだろう。いくらなんでも、ここが物語を進めるためだけの展開にしか感じられず、神野が“同級生ではないことを知っている”と確信してしまったため、後半のあっと驚く種明かしとまでは思わなかった。それに加え、全体を通してのテンポが余りにも悪すぎるため、中盤のダレが大きいことも作品の質を劣化させている。まあ内田けんじという人間だからと、構えて観てしまったため、こうなってしまったが、もし監督を知らずに観たのなら、多少のダレはあるにしろ、後半は驚けるだろう。ただやはり、『運命じゃない人』のデキには遠く及ばない作品であったのは確かだ。処女作の出来が良すぎた監督だけに、M・ナイト・シャマランのように作れば作るほど劣化していく監督にはならないでほしいものだ。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~


Category: 映画 は行   Tags: ---
ハマってしまったリラックスタイム

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~

【Story】
世界征服を企む貧乏ベンチャー秘密結社「鷹の爪団」。彼らの敵、デラックスファイターの拠点をサイバー攻撃しようともくろむも返り討ちにあい、美津子という謎の美女に
助けられる…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
島根出身FROGMANの手がけるFlashアニメの第三段。本作では前作からバジェットゲージや告白タイムなんてものを引き継ぎ、さらにリラックスタイムを入れるといった、映画とは全く関係のない手法を用いて笑いを誘っている。さらに社会風刺をお得意とするFROGMANらしく、日本転売というストーリー展開から、資本主義社会に対しての皮肉を説教臭くなく論じている辺り、彼らしさが満載だ。ただ伏線や小ネタは素直に称賛に値すると思うのだが、前作の新しさに比べると若干の物足りなさを感じる点がある。メインとなる広告ネタも、前作の広告費稼ぎの苦労ネタに比べると、多くの企業のタイアップによる多用に変わることで、中盤辺りからマンネリが生じてしまいイマイチとなってしまっていたし、美津子の正体というところも、フリがアカラサマすぎるため、伏線を得意とするFROGMANにしてはもう一つに感じた。まあ冒頭の『古墳ギャルのCoffy』の話を含め、キャラにしろ彼のセンスが光る作品であることは確かだが、前作を超えるかと言えばそうでもないし、かといって劣るかと言えば劣るわけでもない期待通りの作品だ。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者


Category: 映画 か行   Tags: ---
ケツだけ星人否定は何かの始まりか?

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

【Story】
地球支配をたくらむ闇の世界“ドン・クラーイ”と地球とをつなぐ“闇の扉”をうっかり開けてしまったしんのすけだったが、実は自覚こそないもののしんのすけこそ“選ばれし勇者”だった。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
臼井儀人原作「クレヨンしんちゃん」の劇場版作品。本作で映画シリーズ第16作目、さらに双葉社の創立60周年ということで記念作品だと思うのだが、記念される割には非常に残念な作品に仕上がっていた。まず最近のアニメは時事ネタを入れるのが流行りなのか?と思うぐらい多くの作品で多用されており、例外なく本作でも、“電車でのマナー”や“年金問題”、“環境マナー”などを入れているのだが、敵の侵略と絡むわけではなく、ただただ挿入されているだけで、ニュースで心無いキャスターが適当にコメントしているかのごとく、どうも完全に浮いてしまっているように感じてしまった。そこら辺からも本当に大丈夫かと思っていたら、そんな時事ネタに付随するかのように、基本的にこの作品のストーリー自体も大味。だいたい映画版での、ある意味ポイントの一つであるはずの敵キャラが、特に目立つこともなくあっさりヤラれてしまうし、犬のクロの使い方もイマイチ。そして仕舞には、金矛というのに、出てきたのは剣だというどうしょうもない甘さ。本郷みつるだということで期待したが、この程度のクレヨンしんちゃんでは映画として困ってしまう。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif
 more...の前にRanking


テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

ハッピーフライト


Category: 映画 は行   Tags: ---
やっぱり出てきた竹中直人

Happy_Flight

【Story】
副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。彼は試験教官として同乗する威圧感たっぷりの機長の原田(時任三郎)を前に緊張感を募らせていた…。

評価 ★★★★☆(4.4P)

【感想】
冒頭のCAは本物らしい。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

神様のパズル


Category: 映画 か行   Tags: ---
基本インド関連の話は必要ない

Kamisamano_Puzzle

【Story】
双子の弟が海外旅行へ行ってしまったため、代わりにゼミに出席しなければならなくなった兄の基一(市原隼人)は、ある日、担当教授から不登校の天才女子学生・穂瑞沙羅華(谷村美月)をゼミに参加させるように頼まれる…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【簡易感想】

谷村美月と市原隼人が「宇宙創生」という今だ未解決な超難問に挑
むという本作。まあこの手の理系的ものを真面目に作っても、何
ら観客は理解できないまま終了してしまうことは分かり切っている
ので、基一を通し誰でも理解しやすいようにと、漫画やCGを使っ
たりする事で、コメディ+真面目というバランスを保ちつつ難解
になり得る理系的テーマを説明しているところは巧さを感じた。
まあこのように理系を分かりやすく説明することで進んでいく物語に
は、物語の駆動源とし、基一(市原隼人)と沙羅華(谷村美月)と
いう“対称性”と“非対称性”をまさに象った設定の人物がメイン
となるわけだが、この設定自体も映画内でビッグバンの原因とし
て語られている話に関連しており、徐々に反応していくラストへの
キーの一つとなっているところも面白い(良いか悪いかは別だが)。
かなり宇宙創生という男性が好き寄りの展開(作り)であるために、
なかなか女性は好まない作品かもしれない。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

デス・レース


Category: 映画 た行   Tags: ---
下手をすれば本当にこんな世の中へ

Death Race

【Story】
孤島の刑務所で繰り広げられる過激な死のレース「デス・レース」を放映し、人気番組となっている近未来のアメリカ。殺人の濡れ衣を着せられたジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は刑務所の所長ヘネシー(ジョアン・アレン)からレース出場を迫られる…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【感想】
流石トランスポーター!カーレースはお手の物。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

スルース


Category: 映画 さ行   Tags: ---
アルフィーV.S.アルフィー

Sleuth

【Story】
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る…。

評価 ★★★☆☆(3.0P)

【簡易感想】
ジュード・ロウとマイケル・ケインという新旧の『アルフィー』が、オリジナルの『探偵<スルース>(1972年製作)』と打って変わった舞台であるハイテク現代屋敷で繰り広げる心理戦を描いた作品。この作品は非常に惜しい。この手のものを仕上げるためには最低限の緊迫感と粗のない展開が必要だと思っている。しかしこの作品は、双方とも若干欠落しているように感じた。例えば折角オリジナルから現代風にアレンジして用いられた監視カメラや携帯電話などの電子機器の使い方が意味のあるように見せているにも拘らず全く意味はなかったし、ワイク(マイケル・ケイン)とティンドル(ジュード・ロウ)の頭脳戦にしても観ている人間が容易に分かってしまうような粗が目立つため、結局は緊迫感が薄れてしまう。折角主演の2人の雰囲気が良い作品にも拘らず、根本的な脚本が甘すぎたため、傑作になる要素を持ちながら凡作に仕上がってしまったのは非常に口惜しい限りだ。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

かけひきは、恋のはじまり


Category: 映画 か行   Tags: ---
中途半端な“かけひき”

Leatherheads

【Story】
アメフトのプロチーム“ダルース・ブルドッグス”のキャプテン、ドッジ(ジョージ・クルーニー)は、チームとリーグを軌道に乗せるため、カレッジ・フットボールのスター選手カーター(ジョン・クラシンスキー)をスカウトすることに…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【簡易感想】
ジョージ・クルーニーという男が監督をすると、作品として『シリアナ』や『グッドナイト&グッドラック』のように妙に小難しい作品になりがちだ。しかし本作は、ジョージ監督としてはジョージテイストを若干残しつつも、珍しく割ととっつきやすい作品に仕上がっている。
そんな本作で一番気になるのは何といっても邦題であろう。『かけひきは、恋のはじまり』なんていう、いかにも100%ラブコメ的なタイトルにも拘らず、メインはアメフト創成期のスポーツを通しての人間ドラマをコメディテイストで描いている。まあ一応男女の“かけひき”もあるが、タイトルから感じられるような強いラブコメではないし、鑑賞後に「ああ、“かけひき”を楽しんだ」というような感想を持つ人は間違いなくいないだろう。ただいつもならここで、なぜ原題のままにしておかなかったんだと言いたいところだが、原題の『LEATHERHEADS』というのは、一応アメフト選手のヘルメッドのことを意味するが、主な意味として“アホとかバカ”という意味があるため、ジョージなりの洒落の効いたタイトルながらも、こちらもどうかと思ってしまう。
さて本題のストーリーだが、だいたいタイトルに「かけひき」なんて使ってしまっているために、完全に自分の首を絞める結果となっている。ハードルを上げた割にはこれといった“かけひき”はない(まあ形上の男女間の三角関係を作るのだが、結果が分かり切っているのでイマイチに思えた)。じゃあ恋愛ではない方のアメフトの創成期ならではの“かけひき”が秀逸かと言えば非常に甘いし、それじゃあアメフトの試合で巧妙な“かけひき”が観れるのかと思いきや、特にないという全てが中途半端な“かけひき”だった。そんなことに注力しながら観たせいか、結果そんなに難しい話でもないのに非常に面白みのない作品に感じてしまった。
ジョージ・クルーニーのファンならOKだろうがそうでない人にはこれと言って楽しむところはないだろう。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

インビジブル


Category: 映画 あ行   Tags: ---
IQの高いはずなのにやることは単調

Hollow_man

【Story】
自らの身体を実験台にし、DNA操作による人体の透明化に成功した科学者・セバスチャン(ケヴィン・ベーコン)。しかし研究は未完成であり、彼は元の姿に戻れなくなってしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
SFの巨匠H.G.ウェルズ原作の『透明人間』を下敷きにしたSFホラー。まあ使い古された誰もが一度は考えたことのあるアイデアを使って、透明になることでの苦悩から引き起こされる惨事を描いた作品である。勿論惨事へ行く過程において、透明人間ならではの特技(?)である、女性の体へ触ったり、女性の部屋に知られずに入って女性を犯したり、覗きをしたりと、ある意味お約束のところもキチンと押さえており、視聴者の求めているところをキチンと押さえている辺り良く分かっていると感じさせられる。そしてCGを駆使した映像の素晴らしさは非常に目を引くものとなっている。特にこの作品のウリと言っても過言ではない透明人間になる過程や逆に戻ろうとする過程などの見せ方は非常に秀逸であった。
しかし結局、この作品の仕上がりは非常にイマイチ。その中で最も口惜しいのが、主演のケヴィン・ベーコンの使い方を含めたセバスチャンの設定であろう。まず殆ど透明であるため、ケヴィンである必要性があまり感じられなく、彼がこの仕事を受けた理由が意味不明。そして天才科学者という設定にも拘わらず、後半のケヴィン博士はただの頭に血が上った化け物に成り下がってしまい、天才という設定なら期待するであろうIQの高さを駆使した攻防が見られなく非常に口惜しかった。ここら辺の脚本に注力したのならもっと面白い作品に仕上がっていたのではないだろうか。Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

WALL・E/ウォーリー


Category: 映画 あ行   Tags: ---
ツンデレとダメ男ロボットを通しての人類への警告

WALL・E

【Story】
西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れる…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【感想】
『エイリアン』と『WALL・E』の船内コラボ。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

バンク・ジョブ


Category: 映画 は行   Tags: ---
王室ゴシップが引き起こした銀行強盗

The_Bank_Job

【Story】
1971年、イースト・ロンドンで中古車店を営むテリー(ジェイソン・ステイサム)は資金繰りに頭を悩ませていた。そんなある日、彼は昔なじみのマルティーヌ(サフロン・バロウズ)から銀行強盗の話を持ちかけられる…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【感想】
もしかしてあいつらはジョン・レノン夫妻?

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
11 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。