Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日、恋をはじめます


Category: 映画 か行   Tags: ---
XOXO&…


【Story】
勉強一筋で真面目さ一色の日比野つばき(武井咲)。高校の入学式当日、彼女は成績もルックスも人並み外れた椿京汰(松坂桃李)の隣に。すると、いきなり京汰にファーストキスを奪われ、クラス全員の前で「彼女にする」と宣言されてしまう…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
「いや~あ、久々に胸がキュンキュンしましたよ…」なんて感想を夢見る夢子ちゃんなら言いそうな本作は、武井咲、松坂桃李などのビジュアル以外は非常に安易な仕上がりに思えた作品で、高校入学日に最悪の出会いをしたタイプも性格も違う二人がキスをきっかけに『今日、恋をはじめます』って感じの展開から始まる。まず“ここ”がどうかと思う。日本人は大勢の前でのキスを好まない人種だが、女性の妄想の中では「松坂桃李のような美男子にいきなりキスされ彼女宣言されたいよ~」なんて思っているんしょう。それを具現化することで掴みはOKと持っていくのが原作および製作側の意図なんでしょうが、こちとらいくらフィクションだとしても、あまりにもどうかと思う展開で呆気にとられてしまう。ある意味これは一歩間違えば訴えられかねない行為。まあ美男美女同士のキスシーンは目の保養と考えればいいのかもしれないが。かなり非現実的すぎる。これをどうしてもやりたいのなら、もう少し双方の背景を冒頭で描かないと“突然のキス”だけが先行してしまってその後の展開が弱くなってしまうという副作用がでてしまう。まあ予想通りその後は淡々と好きだ嫌いだ、離れるだ離れないだの流れで非常に単調。結局最後にあんなシーンを持ってくるしか印象を残せない始末だ。いくら武井と松坂のビジュアルだけの映画だとしてもこれで2時間は長い。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

華麗なるギャツビー


Category: 映画 か行   Tags: ---
ギャツビーに魅せられたニック


【Story】
ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、贅を凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【簡易感想】
木村拓哉や松田翔太のマンダム“GATSBY”ではなく、ディカプリオの『GATSBY』。ロバート・レッドフォード主演でも映画化されたことのある本作は、ロバート・レッドフォード版にはない、ディカプリオらしい“華麗なギャツビー”に仕上がっていた。本作の内容を一言で言えば嘗て愛した既婚女性を奪い返そうという話で、赤貧から、デイジー(キャリー・マリガン)を取り戻すために、法に呈することにまで手を染めて成り上がり、デイジーの住む家の対岸に豪華絢爛な城を建て彼女を迎え入れようと試みるというもの。嘗て愛した女性のためにここまでできるギャツビーに対して、この物語の語り部でもあるニック(トビー・マグワイア)は憧れを抱いているかのような構図(ギャツビーに対して自分を投影させていたように思える)。それ故にデイジーに裏切られたギャツビーに彼がラストで“THE GREAT”をつけた演出が何とも言えない余韻を放つ。この余韻は鑑賞後、“モエ・エ・シャンドン”で愉しみたい作品だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

クラウド アトラス


Category: 映画 か行   Tags: ---
広げ過ぎた大風呂敷

cloud_atlas

【Story】
1849年、太平洋諸島。若き弁護士に治療を施すドクター・ヘンリー・グース(トム・ハンクス)だったが、その目は邪悪な光をたたえていた…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
ウォシャウスキー“兄弟”もとい“姉弟”になった監督がマトリックスなみに手の込んだことをやってみた6つの時代の6つの話が同時に進んでいくという映画。話は波乱に満ちた航海物語、幻の名曲の誕生秘話、原子力発電所の陰謀、人殺しの人気作家と編集者の関係、伝説となるクローン少女の自我の発露、そして崩壊後の地球の戦いで、これが同時に進んでいき若干複雑だが面白。セリフを含めた描写、細かいアイテムの連動など非常に手の込んだ演出の反面、相対的にもう少し同一人物が演じている登場人物同士の繋がりが強ければよかったのではと感じる、即ちテーマでもある“輪廻”の部分が非常に薄くなってしまっていたのが残念だ。そしてウォシャウスキー姉弟でもラストMAXに広げきった大風呂敷が収集つかずに収束させてしまった尻切れ蜻蛉感も否めないのは事実だが、3時間近くある映画の割に飽きもなくこの創造は見応え十分の作品だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

桐島、部活やめるってよ


Category: 映画 か行   Tags: ---
スクールカーストのノスタルジー

Kirishima_bukatsu_yamerutteyo

【Story】
金曜日の放課後。バレー部ではキャプテンを務め、成績も優秀な学園の“スター”桐島が、突然バレー部を退部したらしいとの噂が校内を駆け巡る…。

評価 ★★★☆☆(3.9P)

【簡易感想】
誰もが納得すると思うが、みんな平等なんて言っていてもグループにしても、個人にしても学校にはスクールカーストという学校というコミュニティで生まれる人気のヒエラルキーが存在する。そんなスクールカーストの頂点に君臨するバレー部キャプテンで成績も優秀、彼女は学校一の美少女という“桐島”が突然部活の退部に加えて、学校を休むという出来事がヒエラルキーに変化を与えていくという展開だ。ただこの桐島、タイトルにもなっているし、学校内では神格化されているにも拘らず、この映画には登場しない(屋上のシーンで一瞬出たようにも思われるが)。ヒッチコックの言葉を借りればマクガフィンとなるのだろうが、登場しないことで余計に周りの登場人物たちの描写及び、“桐島の登場しない”と言う部分でのサスペンス性のようなものを際立たせていた。映画部なんかが登場するので映画ファンには堪らないセリフやラスト総出の屋上ゾンビなどは面白いし、幾つかのメッセージ性を含めて、学生時代のノスタルジックな感じが上手いなあと思える映画だ。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

キャビン


Category: 映画 か行   Tags: ---
ホラー映画ファンに捧ぐ

cabin_in_the_woods

【Story】
森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見する…。

評価 ★★★★☆(4.4P)

【感想】
若者グループが人里離れた山小屋に来て…さらにそこで不気味な日記を発見するというような80年代ホラーにあるようなよくあるパターンで始まる本作。ただ予告編でも言っているように「ここまではよくある設定」。その展開の裏で彼らの行動が科学者のような人たちに監視されていたという辺りも予告編を引用すれば「こんなのも最近よくある展開」だ。たださらに予告編で「これから先の展開は絶対に読めない。賭けてもいい。絶対に読めない」と語られるように怒涛の展開へと物語は進んでいく。

本当にホラー映画を多く観ている人ほど楽しめる緻密なプロットにより練られた映画に仕上がっていると感心する。上記したホラー定番の展開に加え、登場人物の筋肉バカ、調子乗り野郎、真面目メガネ、ビッチ、バージンなんていうホラー被害者ティーンテンプレで安心して観れるところも物語の構成要素として大切。そして絶対に読めない後半には、過去ホラー映画でお世話になったものたちの総出演になり、クライマックス前には最近いつもラスト近辺に登場する気がする大物女優が御大将として登場。ラストにはテンプレホラープロットからかなり飛躍した衝撃に至る。

ただ単純に怖がらせるだけのホラーというわけではなく、ホラー映画を引用し作られた本作は、“ホラー映画を観ている人ほど楽しめる”と先ほど書いたが、まさにホラー映画ファンに捧ぐ久々に心震わされた映画となっていた。
more...の前にRanking  blogram投票ボタン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。